2007年6月

2007年6月26日

宮城の食in県庁

県庁って気軽に行ける場所じゃないよね。
でも県庁の中にはだれでも楽しめる場所があるんだよ。それが18階。仙台市街はもとより晴れた日に仙台湾まで見渡せる景色はサイコー!

restaurant.JPGそれに宮城の旬素材が楽しめる「ごっつぉ十八番」っていうレストランまであるんだよ。宮城県内の市町村メニューが登場する日は要チェック。今は石巻市と大崎市のコラボメニューが食べられるよ。海・山・大地の組み合わせをどーんと楽しんでね。レストラン前のフロアではいしのまき旬彩市場の展示・即売会も開催されてるから、ぜひでかけてみてね!

hanbai.JPGそういえば前は1階ロビーでいろいろな市町村の産物が売られてたよねえ。県庁に立ち寄った人も楽しそうに買い物してたし、近隣のシェフもちょこちょこ寄ってたみたいだけど・・何気なく目にとまる場所だったからよかったんだよね。

annai2.JPG買いに来た人にほめられたり喜んでもらったり、時にはちょっと厳しい意見をもらったりすると、つくるときの気持ち励みになると思うんだ。場所がうつってしまったことで、そういう機会がずっと減ってなければいいんだけど・・。

(食材王国みやぎを推進する食産業振興課職員手づくりの案内看板。一人でも多くの人が足を運んでくれますように、って願いがこめられてるんだよ。)

投稿者 punta : 10:01

2007年6月12日

うっとり・・

puntafiore.JPG去年も紹介したけどこれがお花になったボクの姿
たった一日でしぼんでしまうんだけど、ひとつの株から
次から次へとお花がさいてそれはそれは見事だよ。

calciofo.JPGそして・・・
さてこれはなんでしょう?
ひょっとして、ボクに続く第2弾として期待されているあの野菜かな?!

投稿者 punta : 10:15

2007年6月11日

いいものを出し続けることが大事!

プンタチームの人たちが今一番力を入れているのが宮城(丸森)産プンタのどこがよくてどこがわるいのかを把握することなんだよ。そのために昨シーズン使ってくれた人たちから本音のお話を伺っているところなんだ。ボクがいっときの話題だけで使われる食材なのか、ずっと使ってもらえる可能性のある食材なのかちゃんと見極めなくちゃいけないからね。
まずはとびっきりうれしいお話を紹介するよ。

parentesi3JPG.jpg「あれはいい!!絶対いい!!何がいいって、プンタレッラってすっごい歩留まりのわるい食材なんだけ宮城のは茎が太くてやわらかいんだよね。ふつうあのくらい太くなると固くなったり苦くなりすぎたりするんだけどそれがないんだよね。ローマで食べたときと同じ。これなら自信もって人にも勧められる。いろいろ試すのもいいけど去年ので絶対にいいって!!」

思わずじわあ~と目頭があつくなったよ。
スポット的に使ってくれてたまたまいいプンタくんにあたったわけじゃなくて、2月以降ず~っと継続してたくさん使ってくれた人のお話だからなおさらうれしかったなあ。
こんな力強いエールを送ってくれたのは東京・目黒の池尻大橋駅近くの「Parentesi(パーレンテッシ)」グランドシェフの中野秀明さん。
雑誌「Esquire(エスクァイア)05」や「食楽6月号」でご紹介されているシェフだよ。

parentesi1.JPG宮城産プンタの品質に関するコメントだけじゃなくて、お客様の口にはいる食材へのこだわりが全身からあふれでていて、大事なことをたくさん教えてもらえたよ。熱があってすっごく体調が悪かったのに3時間もお話してくれたんだ。なんと中野シェフは偶然にも宮城・鹿島台のご出身。支倉常長が導いてくれたご縁なのかなあ・・

この日記では紹介しきれないくらい素敵なお話をたくさんしていただいたのでプンタくんのホームページでも紹介してもらえるようにチームの人にお話するからね!

投稿者 punta : 10:19