2007年10月

2007年10月31日

宮城産プンタを支える人たちとの話し合い

explanation.JPG
生産側関係者のひとたちと出荷にむけた話し合い。
畑から収穫したプンタを手に説明しているのは、去年の何倍も畑に足を運んで生産者の人たちの強い味方になってくれている普及員のOさん。

使い手側の人たちに質のいいプンタレッラを確実に届けるためにとっても大事な役割を担ってくれているのはJAみやぎ仙南の人たち。「使う人たちの評価に見合ったプンタの出荷」という大事なポイントをちゃんと心にとめながら出荷の準備を進めてくれているんだよ。

お互いにちょっとずつ目指す方向がちがったりするから、時にはぶつかったりハラハラドキドキすることもあるけど、こうやって話し合いを重ねることで、こうなりたいな、っていうイメージが共有できるようになると思う。ボクがなりたいイメージは「つくる側つかう側がともにメリットをもちながら、継続的に評価・期待されるプンタレッラを宮城に定着させ宮城から発信する」というイメージ。みんなはどう思ってるのかな。

10.30kannofield.JPG
畑のプンタはこんな感じ。はっぱをかきわけるとまんなかからたくさんの芽がでてきてるプンタもちらほら。11月中旬くらいが食べ頃かなあ。

投稿者 punta : 15:48

2007年10月25日

みやぎ食材出会いの旅

プンタを宮城から発信していくためにたっくさんの料理人の人たちとお話をしてきたんだけど、プンタに限らず、自分たちが使う食材がどんな畑で育てられているのかを見たい、生産者の人と話がしたいっていう人ってとっても多いんだよね。

metoro10.25.JPG宮城県では、宮城県産食材をより理解してもらうために、食材にかかわる人たちを生産現場に連れて行ったり、生産者の人たちとお話できるようにお手伝いをしているんだよ。それが「みやぎ食材出会いの旅」。これって、食材を求める人たちのニーズに応えるものでもあるんだけど、生産者の人たちにとっても食材の使い手側が何を求めているかを知る貴重な場にもなるんだよね。

食材を仕入れる人は、プンタの畑を見て、ボクの仲間たちがいかに個性的かってわかってもらえたと思う。大きさをそろえたり、芽の数をそろえたり、出荷できそうな時期を明確にすることはとってもむずかしいことだって、わかってもらえたと思うし、生産者の人は料理人の人たちが丹誠込めてつくった食材を何とか無駄なく使ってあげたいって気持ちをもっていることに気付かされたんじゃないかなあ。

投稿者 punta : 11:17

2007年10月23日

プンタくんまるごとフェアぶらつきの巻~その1~

marugotofukyu.JPGまずはお世話になってる「大河原農業改良普及センター」さんの展示パネル。わかりやすい~。
どこを食べて生産者の人に何をして、その結果どうなっているの、のポイントが明確!さすがだなあ・・だからボクの仲間たちもスクスク育ってるんだね。どうなっているののポイントはこの3つ。①「地域の活性化」②「栽培への意欲」③「PRによる需要の高まり」→「生産面積の拡大」。ニーズに見合った面積の拡大はだいじだよ~。

それから生産者の人たちが安心していいものづくりに専念するためには、売り先がちゃんと確保されていて、つくるときのポイントを教えてもらえることも大事だよね。

marugotoJA.JPGこちらはJAみやぎ仙南さんの出展ブース。ボクの仲間たちをよりいい状態でお客様のもとへ確実に届けるためにとっても大事な役目を担ってくれているんだよ。おおぜいの人がおいしいお漬け物を買ってたよ。立ち止まる人が多くてビックリ!すっごくうれしかった!ボクのことも漬け物にしてもおいしかったよ!って生産者の人が言ってたから、「プンタの漬け物」も仲間入りできるとふるさとローマの人たちにも自慢できるかも・・

投稿者 punta : 10:25

2007年10月22日

恒例!みやぎまるごとフェスティバル

marugotosoto.JPGすっかり秋の恒例行事になった「みやぎまるごとフェスティバル」今年もプンタのパネルと今畑にあるプンタをプランターに植え替えて展示、会場にいらしたお客様にプンタレッラのPRをしたよ。

プランターに植えたプンタくん、心得たもので、前日までははっぱしかなかったのに、一本だけ芽を出してくれたよ~。おけげで「ここを食べるんです!」ってちゃんと説明できたよ~。プンタくんえらい!!

「あ~テレビでやってたのだよね~」「お店に食べに行ったよ」「さくらののイベントで買ってたべたよ~」
などなどお客様からいただくコメントに元気をいっぱいもらったよ。

marugotosoukatu.JPG「宮城でプンタレッラをつくってるって聞いてびっくり!食べたいからぜひ買ってきて」ってイタリア人のおともだちに頼まれたという人も・・
これからPRしていくためにとってもためになるお話をしてくれた人もいて、ほんとに感謝。情報を正しく伝えていくことの大切さをあらためて感じたよ。

中でも印象的だったのが、フェアが終わってあとかたづけをしていた若いスタッフ(男性)の人がプンタの
プランターをみて「うわさのプンタレッラだ」っていいながらとおりすぎていったいったこと。ちょっと照れくさかったけどうれしかったよ。

投稿者 punta : 09:31

2007年10月18日

リングにプンタ?!

ホテルメトロポリタン仙台のシェフがプンタを片手にリングで対決?!しかも対戦相手は宮城を代表するお米!!勝ちようないよ・・・(トホホホホ)
でもシェフのAさんがとってもていねいにプンタのことを紹介してくれたんだって。このリングにあげてもらえただけでも光栄だよね。ありがとう!!

DCreception.JPG今、宮城では来秋の大型観光宣伝「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」に向け仙台・宮城の見どころ食べどころを改めて発掘したり、県内のあちこちで「プレキャンペーン」としてとってもお得な旅行商品を紹介したりしてるんだよ。
この日は、ホテルメトロポリタン仙台の会場にリングステージが設けられて、食材対決をしたり観光自慢をしたり、たくさんの屋台が出て、旅行業界の人たちに仙台・宮城の魅力をたくさんアピールしたんだって。

電車に乗るとこれまで見たことないような宮城の魅力をたっくさん盛り込んだきれいなポスターを目にすることもあるでしょ。このポスター、よ~くみるとキャッチフレーズがとってもしゃれてるんだよ。今度気をつけてみてみてね!

投稿者 punta : 13:23

2007年10月13日

近況報告

07.10.11punta2.jpg「プンタまだですか~」って問い合わせがぐっと増えた今日このごろ。ほんとにありがたいなあって思う。

なにがうれしいって昨年宮城産プンタを扱ってくれた人たちが,それぞれの立場で知り合いの人たちに宮城のプンタのよさを広めてくれていることがほんとにうれしい。それから、宮城でもいろいろなイベントがあるんだけど、そこでもプンタを紹介できるように声をかけてくれることもすっごくうれしい。気になるプンタくんは今こんなかんじ。葉っぱがジャングル状態でまだ食用となる若芽(茎)は顔を出してないよ。

flyngpunta.jpgごくまれ~に一本だけひょろっと伸びちゃうフライングプンタがいるけど、これだと一人分のサラダにもならによ。
だからもうちょっとだけ待っててね。

投稿者 punta : 19:58

2007年10月 9日

お見事!宮城県産カキ

miyagikaki.JPGねえねえ覚えてる?昨シーズン仙台のイタリア料理店「デル・カピターノ」で「牡蠣とプンタレッラのスパゲッティ」が誕生したしたでしょ。
今年もいよいよ宮城県産カキのシーズン到来だよ。みて!この大粒でキュっとしまった身!
あ~食べたい おいしそ~

puntakaki.JPG宮城県庁18階の「ごっつぉ十八番」では、宮城県産カキの出荷スタートにあわせて、H食品さんとのコラボ商品「カキシチュー」や「カキカレー」のお披露目もあったみたいだよ。
なんといっても生がおいしいけど、いろいろな食べ方が楽しめるのもいいよね!

デル・カピターノさん、今年もプンタと牡蠣のスパゲッティつくってね!!

投稿者 punta : 10:53

2007年10月 5日

2年目プンタにかける想い~その2~

fermerhayashi.jpg「プンタレッラはじょうぶだなあって、よく思いますよ。」
「サラダもおいしいけど、おつけものやきんぴらにしてもおいしかったよ。」

いつもやさしい笑顔のHさん。
収穫が終わった畑の片隅にプンタのお花を楽しむためにちゃんと一株だけ残してくれていて、可憐なボクの花を見つけ時はものすごくうれしかったよ。

今年は家庭料理でもプンタを楽しんでもらえるようにレシピを作るからね。
直売所で販売するときに活用してね!

投稿者 punta : 15:28

2年目プンタにかける想い~その1~

fermersasaki.jpg「さあ、みんなでイタリアに行くぞ!!、まあ、名古屋のイタリア村か、スナック「イタリア」になるかはわかんないけど~。」なんて冗談を言いながら2年目プンタに挑む生産者のSさん。

昨年はあまりの個性派ぶりにどぎまぎすることがたくさんあったみたいだけど、ず~っと我が子のように見守ってくれたよね。心配かけてごめんね。
でもね、Sさんがこのプンタくん日記にはじめてコメントをよせてくれたときは、それはそれはすっごくうれしかったよ。

今年もきまぐれなボクの仲間たちをよろしくね!

投稿者 punta : 14:40

2007年10月 3日

これぞトップセールス!

ちょっと前の話でごめんね~。
9月22日にボクもお世話になっている宮城大学食産業学部のある太白キャンパスで「食材王国の富県戦略」と題したシンポジウムがあったんだ。ボクの栄養分析や機能性分析を検証してくれているN先生も登場するから楽しみにでかけたんだ。
決して交通の便がいいところじゃないんだけど、土曜日にもかかわらず会場にはたくさんの人が・・それに夏休み中なのに学生もたくさん来てたよ。

宮城の食材で勝負していくためのヒントがたくさん詰まった本当にためになるシンポジウムで、勝負するためのものの見方やほんとはどこを見なくちゃいけないのかなど、本気で何とかしよう、と思っている人には絶対につうじるものがあったと思うよ。

miyadai.jpgそれにしても知事のあいさつはものすごくインパクトがあったよ。わかりやすいし、迫力あったし、常日頃から宮城を元気にしたい!と考えて行動されている方だからこそのお話が随所にちりばめられていたよ。
リーダーであるとともに生活者の目線が感じられるお話だったなあ。
きっと知事のお話を聞いた学生の何人かが「ぼくたちわたしたちが宮城の食をリードしていこう!」って思ったんじゃないかなあ。心から拍手!!

イタリアでは先生たちが自分の考えをちゃんとお話できる子になれるよう気を配っているんだよ。
学ぶ楽しさを実感した一日だったな。

学ぶ楽しさといえば・・
これも事後報告でごめんなさいなんだけど、ついに宮城・仙台にも「学ぶ楽しさ 働く楽しさ」をキャッチフレーズに一日だけの夢の学校が登場したんだよ。
この次にお話するからね。

投稿者 punta : 09:42