2007年12月

2007年12月29日

みやぎ吟撰米の実力

ローマから宮城にきて2度目のお正月を迎えようとしてるんだけど、宮城にいることでおいしいお米の味にはずいぶんなれちゃった!でもね、このお米はまた別格だよ~プレミアムひとめぼれ「みやぎ吟撰米」という名前にふさわしいお米だよ、ほんと。炊き上がりのツヤとかみしめたあとのほんのりひろがる甘みが自慢のようだけど、まさにそのとおり!お米だけでおかずいらないってのがわかる。

2007_1229_038.jpgそれとこのお米のパッケージ、結構気に入ってるんだ。シンプルだけどとっても上品でツヤツヤと甘みが自慢のみやぎ吟撰米のイメージにぴったり。ひたむきにお米づくりに取り組んでいる生産者の人の姿や品質維持のために真摯な出荷にかかわっている人の姿と重なるよ。

投稿者 punta : 19:45

2007年12月28日

来年もプンタをよろしくね!

191228hayashi.JPG宮城のプンタを応援してくれたみなさんありがとうございました!

待っていただくことがとっても多くて本当にごめんなさい。でも、なんでもいいから出しちゃえじゃなくて、ちゃんと評価してもらえたものを出し続けたいから、そこは誠実に対応したいんだ。それからボクの特性を理解しながら使ってくれてありがとう。「じゃじゃ馬プンタ」とうまくつき合っていきますよ、と笑いながら話してくれたシェフのWさん、「メニューにいれたからっていつでもある野菜じゃないことをお客様にも理解してもらいながら使っていくから大丈夫ですよ」、と力強いコメントをしてくれたシェフのTさん・・

相手に喜んでもらえるプンタを出し続けることや、今年のプンタの特徴などをちゃんと使い手側にお話してくれているプンタの届けてさんにも本当に感謝感謝。

191228oouchi.JPG宮城の人からもたくさんのエールをもらっているけど、他の地域の人たちからもがんばれ!力になりたい!うらやましい~などなど、あったかメッセージがたびたび届くんだ。
本当に本当にありがとう!!

今日もプンタは生産者の方に見守られすくすく育っているよ。お正月料理のあとにはちょっと疲れたおなかにやさしいプンタをよろしくね!

投稿者 punta : 17:12

2007年12月24日

宮城ブランド発信フェスティバル

festival3.JPG12月20日(木)の河北新報、まだ廃品回収用に束ねてなければぜひ「宮城ブランド発信フェスティバル」の特集記事に目をとおしてね。特に基調講演の要約版。新潟村上の鮭料理とまちづくりに携わった吉川真嗣氏の重みのある言葉の数々。「必ず成し遂げるという確固たる意思」、「信念と実行」、「一歩前にでる勇気」・・・
人が必死になる姿やくもりのなり信念に心を打たれて動き出す人は必ずいる。その人たちに支えられて萎えそうになる思いがまた持ち直される。

この特集記事には「プンタレッラ」って文字がどこにも出てこないけど、会場では「プンタレッラ」っていう言葉は飛び交っていたんだよ。
パネルディスカッションの前にコーディネーターのKさんが会場のみなさんに対して「プンタレッラ知ってますか~」って○×カードを提示してもらったり、パネリストの人にプンタの宮城からの発信に対するコメントを求めたり、お料理の前菜にプンタが登場したり・・・ボクからこの企画に携わった人たちにはたっくさんのお礼をしたい。(ちょっとだけ反論したい場面もあったんだよね~Hさん!)

festuval1.JPGお料理で使われていたプンタはフレンチ風にアレンジされてとっても品がよかったけど、ぜひ素朴でワイルドなボクのサラダも食べてほしいな!

投稿者 punta : 22:55

2007年12月19日

ん~うまい!!

insalatamidoriyama.JPGう~んこの味、この味!!やっぱりお決まりドレッシング(アンチョビ、にんにく、ワインビネガー、塩・こしょう、オリーブオイル)であえたプンタはたまらなくおいしい~
それとほそなが~く裂いて氷水につけたシャキッと感の生きたプンタはたまらな~い。
これって結構手間がかかる作業なんだよね。でも手間をかけた分だけおいしさもひときわなんだよね~。

宮城県丸森町にある四季の味「緑山」のKシェフは、昨年、丸森で「プンタレッラを堪能する会in丸森」を開くにあたりはじめて遭遇するプンタくんのよさを引きだそうと徹底して本場ローマの調理方法にこだわってくれたんだよ。
宮城県庁の国際交流員として活躍していたローマ出身のJ交流員に何度も何度もつくりかたの確認をして、「モルトヴォーノ(とってもおいしい!!)ってコメントにほっとしてた姿がとっても印象的だったんだ。

ほかにこんなお料理にもアレンジ。どれもこれも大満足!ぜひプンタの季節には特別メニューとして登場させてほしいな。「プンタまるごとコース」としてちょっとくらいお高めでも、丸森町の魅力とあわせてわざわざ食べに来てくれる人がきっといると思う。
onisime.JPGtoriniku.JPG
soup.JPG

投稿者 punta : 15:30

2007年12月16日

満足満足!絶品プンタ!

今シーズンお店で食べる絶品プンタ第2弾!
昨年、宮城県が主催する「若手料理甲子園」で見事入賞したAシェフが腕をふるうイタリアレストラン「トラットリア ガヤルド」のプンタサラダだよ~

第2弾って第1弾はこの日記で紹介しそこなっちゃったよ。でもボクがお世話になってる食web研究所のフードライターブログの中で紹介されてるからぜひ読んでみてね!

191214gayard.JPGまずは見た目がきれ~い。ボクのほかにエビくんやパプリカちゃんとのあわせわざだったんだけど、これがまたひとくふうもふたくふうもされていて、お互いのよさをしっかり引き出してくれてたんだよね~
プンタも幸せだね。日本に来たことでこんなにおしゃれにいろいろアレンジしてもらえるんだもん。

お決まりソースの絶品プンタとアレンジプンタが楽しめる宮城のイタリアン。
来年の大型観光キャンペーンに向け、仙台・宮城は牛タンもいいけどイタリアンもいいね~!が合言葉になるとうれしいな。

投稿者 punta : 20:50

2007年12月15日

農作物から商品へ

店頭デビューを果たしたボクの仲間たち。
商品として店頭に並ぶまでにはいろんな人の思いがこもってる。その思いがあるからこそ商品価値も高まる。

puntakuntopunta.JPGこれまでシェフの人たちの手で「料理」に生まれ変わるプンタはよくみてきたけど、お店で買ってもらうための「商品」にうまれかわるプンタの過程ははじめてみたんだ。
そこには、生産者の人たちが心をこめてつくったプンタを少しでもいい状態でお店に並べてあげようと、面倒をみてくれる人たちの姿があったんだ。

お店に届いた瞬間からできるだけ元気な状態がたもてるように手入れをしたり、お店に来るお客さまのことを考えてとってもていねいに包装してくれたり、それはそれは本当にていねいに扱ってもらってたよ。どれだけていねいに扱ってもらえたのか、お店に並んだボクの仲間たちを見た瞬間にすぐに伝わってきたよ。とってもイキイキとして美しかったからね。

ふしぎなものでつくるひと、とどける人が大事に扱ってきたプンタのことは、つかい手の人の心にも響くんだよね。だからつかうう人もとっても心をこめて扱ってくれる。こうしてそれぞれの過程でそれぞれの人の思いがこもった分だけプンタの商品価値も高くなると思うんだ。そしてそのプンタを口にした人の満足感も高まる。

理想とかじゃなくて、これが現実。

もし、プンタの個体差が大きいことや特性を知られていないことで、気まぐれプンタを頑張って育てたり届けたり料理したり商品として並べたりしてる人たちが誤解されてるようなことがあったら、その誤解を解くようなお手伝いをしていきたいな!

投稿者 punta : 19:33

2007年12月13日

店頭デビュー!~宮城編~

今年は、ボクのことを家庭でも楽しみたい!という人たちの声を受け、レシピ集をつくったり、料理教室を開いたりしてたんだよ。

そしていよいよ店頭へ!
今日はプンタのPRをするためにお店にいらっしゃるお客様へ試食を提供し、プンタの料理方法などを説明したよ。本当はお決まりのアンチョビドレッシングで試食してもらえばいいんだろうけど、まずはさわやかな苦みとしっかりした歯ごたえを楽しんでもらおうと、普段よく使っているドレッシングと組み合わせて試食してもらったんだ。

itagakipunta.JPGおかげさまで大好評!あっという間に売り切れちゃった!

でもね、試食をしてもらえれば買ってくれるお客様がたくさんいるけれど、まだまだボクのことを知っている人はほんと~に少ないよ。だから何もしないでお店に並べていたら、使い方もわからないし、やっぱり普段からなじみのある野菜でお料理したいし、そんなにそんなに簡単に売れる食材じゃないことはよ~くわかってる。

だから、ボクのことを気にいってくれた人の口コミとか、ちゃんと食べ方を伝えるとか地道にPRしていくことはとっても大事だとおもうんだ。

せっかく宮城に定着させ、宮城から発信していくことを考えているんだったら、絶対にいっときの話題で終わらないようにちゃんとほしい、使いたいと思っている人のハートをしっかりつかんでつくってる人と使いたい人を結んでほしいな。それが真摯にボクのことをつくってくれている生産者のひとへの誠意だと思うし、その思いを受けて誇りをもってつかってくれている人たちへの誠意だと思うんだ。

そうそう、アンチョビドレッシングの絶品プンタは「プンタレッラが食べられるお店」でぜひ食べてね!

投稿者 punta : 17:59