あるもの探しの旅

  •  美味しいものって、私たちを幸せな気持ちにしてくれますよね。
  • ふだん私たちが何気なく口にしているもの。
  • それはどんな人が、いかなる風土のもとで、どんな思いで作っているのか。
  • そんなことを考えてみたことってありますか。
  •  自分の体に取り込むものだからこそ、もっと知りたい。
  • 大量生産品が持ち得ないモノたちが秘めた飛びっきりなストーリー。
  • どうやら東北に暮らす私の足元と、ハンドメイドな職人王国のイタリアには
  • そんな物語がたくさんあるようです。
  •  ご一緒に「あるもん探しの旅」にちょっと出てみませんか
  • 読んで美味しい知ってうれしいお話を、どうぞ召し上がれ。Buon appetito!

2018/11/30

祝・解禁!(なーんちゃって)

孤独な闘い2018
vs.仇敵ボージョレ・ヌーボー


 Booooo...q(`ε´q)

 2012年以来の大ブーイングと共に、仇敵との戦闘開始を告げるゴングが鳴りました。

 久方ぶりに相まみえる相手は、2004年がピークとなった輸入量104万ケースから昨年は半分以下の49万ケースまで落ち込んだのだというフランス・ブルゴーニュ地方南西部ボージョレ地区で栽培されるガメイ種を仕込んだ新酒ボージョレ・ヌーボー。

BeaujolaisNouveaux1981.jpg【Photo】域内消費型からの脱却を狙ったボージョレ生産組合では、長年にわたって新酒のPRポスターを制作してきた。救世主キリスト誕生の場面をもじった1981年バージョンは、まだ国内向けの感が強い

 1976年(昭和51)にヌーボーの輸入を開始したのが、宣伝上手で知られる某大手洋酒メーカー。大手広告会社と手を組んで繰り広げたイメージ戦略が奏功し、本来のワインの味を知っている自国や周辺国では広範な需要が見込めない1970年代末に作られ始めた粗製乱造品は、日本で市民権を得てゆきます。

 〝日付変更線に近く、ヌーボーを世界で一番早く飲める〟とか〝初物好きだから〟とか〝「旬」に敏感な繊細な感性の持ち主〟などとブチ上げ、ワインに馴染みが薄かった日本マーケットでのプロモーション活動に特に力を入れてきたのが、酒販業界とヌーボーをドル箱(☞統一通貨ユーロ導入前はフラン箱?)にしてきた生産者組合です。

 その背後に控えるのが、フランス政府直轄で1969年から駐日仏大使館に事務所を設置し、国費を投じた巧みな販促活動で自国食品の輸出促進業務を行ってきた「フランス食品振興会(SOPEXA)」。

Beaujolais Nouveaux2011.jpg【Photo】女性を意識し、国外での受けを狙ったデザインにシフトしている2011年バージョンのポスター

 ここ数年2,500万本前後で推移する全産出量のおよそ半数の1,300万本ほどが輸出に回されるボージョレ・ヌーボーの50%以上にあたる670万本(2015年実績)を日本が輸入しています。これは170万本を輸入する2位のアメリカ合衆国以下を大きく引き離し、ブッチギリの独走状態。

 日本の総人口が1.2億人で、アメリカ合衆国が日本の倍以上の3.2億人ですから、アメリカの4倍ものヌーボーを輸入している日本の尋常ではない突出ぶりが目立ちます。

wine-bottles.jpg

 14世紀末、ブルゴーニュ公国の豪胆公フィリップ2世が、世界で最も高価なワインを産出するVosne-Romanée ヴォーヌ・ロマネ村を頂点にLa Tâcheラ・ターシュなど、金満家向けの銘醸畑が存在するCôte-d'Or コート・ドール地域で栽培する赤ワイン用ブドウ品種を高貴品種のピノ・ノワールに限定する法令を発布。

glass&Beaujolais Nouveaux.jpg

 その結果、多産ながら品質では劣る地ブドウのガメイはブルゴーニュ公国から駆逐され、コート・ドールとは異なる花崗岩土壌が広がる南部のボジョレー地区で地元の日常消費用に栽培されるようになります。

moulin-a-vent.jpg ボジョレー地区でも土壌が幾分か異なる北部の「Moulin a Ventムーラン・ナ・ヴァン」左画像Morgon モルゴン」右下画像Fleurie フルリ」「Chénas シェナス」など10箇所の単一畑(Cru クリュ)では、わずか2~3日という短期間のステンレスタンク密閉促成発酵で仕上げるマセラシオン・カルボニック製法ではない通常の造りで数年の熟成が可能なワインを産出します。


morgon.jpg ボージョレ地域のこうしたクリュワインのエチケット(ラベル)には、産地名である「Beaujolais ボージョレ」の記載が一切見られません。これは、ワインを常飲する消費者がボージョレ産ワインに抱くマイナスイメージを考慮している事情があると庄イタは考えています。

 よほどのガメイ好きでもなければ、敢えてクリュ・ボージュレを極めてボージョレ通を目指す必然性は見当たらないというのが、フツーの飲み手の本音かと。

 一般のワインが出回る前に稼ごうと狙ったマーケティングの産物であるヌーボーの売り手は、その味を〝フレッシュ&フルーティー〟と称します。聞こえこそ悪くありませんが、独特なバナナフレーバーが漂う薄っぺらでお寒い中身とはおよそ不釣り合いな価格が日本で横行するには理由があります。

Beaujolais Nouveaux.lyon.jpg【Photo】ボージョレ地区から15kimほどと、最も近い都市であるLyon リヨンの街頭で新酒の仕込みには使用しない使い古しの樽を転がす新酒解禁のデモンストレーションを繰り広げる生産者団体のメンバー

 ニュージーランド、フィジー共和国、バヌアツ共和国、マーシャル諸島など、日付変更線により近い国がある事実を曲げてまで、売らんかな魂胆むき出しの売り手側は、原価に航空運賃・倉庫料・中間マージン+αを上乗せし、現地価格では2€~6€ほどの安酒を2,500円前後で売るのですから、さぞオイシイ商売なのでしょう。

wine-bottles.jpg

 世界のワインマーケット事情に明るい米国のワイン評論家ロバート・パーカーjr.は、南北54km東西13kmのボージョレ地区にひしめくブドウ生産者2,700軒が産出する莫大な量のボージョレ・ヌーボーを〝フランスで最も成功した輸出品〟と評しています。

 その最右翼であろうルイ・ヴィトンは、ブランドを象徴するモノグラム柄さながら判で押したように人と同じモノを持つ右に倣え方式への抵抗感がゼロな日本市場の売り上げが全世界の4割を占めます。近年の拡大路線による品質低下を指摘されながらも2018年の売り上げがバブル期を上回る過去最高を記録。LVブランド崇拝者が存在する限り、高止まりする価格に見合った品質を今もなお保持しているのか、ボージョレ・ヌーボーと比べれば〝●っても鯛〟の部類に入るのでしょうか?

 パーカー氏が〝The Nouveau hysteria(ヌーボー・ヒステリー)〟という表現を自著「Parker's Wine Buyer's Guide」の中で使っているヌーボー商戦から遠く距離を置いている庄イタの目には、11月第3木曜日の深夜零時を挟んで繰り広げられる一連のヌーボー商戦が「ボージョレ騒動」としか映りません。

【Movie】新酒解禁に合わせて、劣勢にある国内市場に向けたPR活動も怠らないのが、日本におけるサクセストーリーを盾に生産者を動員するボージョレ・ワイン委員会。オープンバスや2CVで隊列を組み、パリの目抜き通りでの派手な街宣活動を繰り広げる

 ちゃんとしたワインを愛飲する庄イタ。複数の取引先から職場に舞い込むボージョレ・ヌーボーの斡旋で、数本をお付き合いで購入した分を持て余すからと同僚から貰ったことが2度あります。

 寝かせても意味がないので、2本ともすぐに開けたものの、全て飲み切るのが苦痛だった上、フラストレーションがたまる悪循環に陥りました。いずれも料理酒としての末路をたどった経験から、自身はお付き合い購入には頑ななまでに応じてきませんでした。

 大阪支社でご縁が深まった取引先から昨年購入したのはボージョレ・ヌーボーではなく、我が郷里ピエモンテが誇る銘酒「Barolo バローロ」(笑)。

barolo-prapo2012.jpg

【Photo】取引先の支店長からお薦め頂いたのが、最も偉大なバローロを生むSerrralunga d'Alba セッラルンガ・ダルバ地区で1956年に創業。現在はレストランを併設し、伝統に培われた丁寧な造りを貫き、年を追うごとに評価を上げている造り手「Schiavenza スキアヴェンツァ」の単一畑「Prapò プラポー」2012ヴィンテージ

wine-bottles.jpg

 そんな庄イタが目に余る商業主義と繰り広げてきた孤独な闘いの戦歴を振り返ると...。

 2008年「今年も当たり年? ボジョレー・ソードーは日本固有のお祭り
    「ボジョレー後日談&自然派ワインよもやま話
 2011年「ボジョレー騒動はさておき...
     地球上で唯一オフヴィンテージが存在しない奇跡のブドウ産地・ボジョレー
       vs.解禁日に飲んだ今年のヴィーノ

 2012年「どうせなら真っ当な新酒を

 たっぷりと皮肉を込めて毒を吐き続けた地道な啓発が浸透したのか、国産ワインの市場拡大とあいまってニッポンのボージョレ・ヌーボー消費は年を追うごとに冒頭に述べた通り縮小傾向にあります。

 「ようやく良識ある日本のワイン市場が醸成されてきたぞ...。」と安堵し、怒りの矛を収めたのが2013年以降。

 ところがどっこい。〝夢よ再び〟と衰退の一途をたどるヌーボー市場をテコ入れせんとする悪の枢軸(どこかで聞いたような...)による(イラクでは存在が確認されなかった)大量破壊兵器ならぬ大量生産品を売り込まんとする美辞麗句がゾンビのごとく今年も市場に出回りました。

beaujolais-nouveau2018logo.jpg

 いかなる天候でもネガティブな情報を決して発信しない生産者団体「Inter Beaujolais(ボージョレ・ワイン委員会)」の9月27日付プレスリリースには、「フルボディでリッチ、滑らかで複雑味がある」という今年のヌーボーの出来に関する見出しが躍ります。

 その本文にいわく「2018年は歴史に残る作柄」。理想的な天候に恵まれ、健全で凝縮したブドウが収穫され「2017・2015・2009と肩を並べる歴史的なヴィンテージ」とあります。さらに作り手によっては「偉大なフィネスを備えている」とまで吹聴しています。

 「またかよ...」いささかウンザリしつつ、出遅れた感はありつつも、一つ覚えのように繰り返されるあこぎなヌーボー商法に妨害電波を発しておきましょう。

george-dubueuf2018.jpg 過去のネガティブキャンペーンで繰り返し述べたように、ヌーボー商戦には誇大な表現がついて回るのが常。まともなワインを常飲する立場からすると、噴飯物の表現が満載のプレスリリースは、トランプ米大統領が槍玉に挙げるフェイクニュースそのものです。

 2018年ヴィンテージが優良年だとしても、それは通常の仕込みを行うワインに当てはまる話。マセラシオン・カルボニックという特殊な促成醸造を行い、リリースから3~4か月で飲み切るべきヌーボーは、天候に恵まれたにしても奥深い複雑味や風味の劇的な向上が見込めるわけではありません。

Maseration-Beaujolais Nouveaux.jpg【Photo】通常の赤ワインの仕込みでは、除梗したブドウを破砕し、2週間から2カ月ほどを要してマセラシオン(=発酵)を行う間に果皮から果汁に浸潤する要素でワインの複雑味が増す。ボージョレ・ヌーボーは除梗後のブドウをそのままステンレスタンクに投入。密閉した環境でアルコール発酵が始まると炭酸ガス(=カルボニック)が発生し、酸欠状態が生まれる。わずか2~3日で一次熟成が停止。平板で薄っぺらくシンプルなお味のヌーボーが出来上がる

 ましてや適切な保管状況で20年以上の歳月を経ることで、妖艶で味わい深い熟成をする一部の偉大なワインだけが備える〝Finesseフィネス〟という言葉を軽々に用いては、土づくりや冬場の剪定、顆粒を傷めないための手摘みによる収穫、一粒ごとの厳格な選別など、量より質を求めるブドウ栽培から醸造に至るまでの膨大な手間と労力を惜しまない良心的な作り手に対して失礼極まりない話です。

wine-bottles.jpg

 大統領選をめぐるロシア疑惑や他国との軋轢を顧みない自国第一主義に基づく政策が、どれだけ綻(ほころ)びが出ようと、あるいは繰り返し〝謙虚に丁寧に〟と口先で言っておきながら、真相について説明責任を果たそうとはせず、選任した閣僚の一部が大臣としての資質を問われる体たらくだったとしても、時の政権には一定の固定支持層が存在します。

beaujolais2018_newspaper.jpg それと同様にどれだけ庄イタが警鐘を鳴らそうと、ボージョレ・ヌーボーへの出費を惜しまなぬ人々は存在します。いい加減にもう片棒担ぎをやめればいいのに、旬の風物詩的な扱いで新聞やテレビもボージョレ・ヌーボー解禁をニュースとして取り上げる状況に変化の兆しはありません。

 新聞倫理綱領にある通り、メディアは正確かつ公正でなければなりません。良識ある報道機関の皆さん、行き過ぎた商業主義の片棒担ぎはいい加減やめませんか。

 そしてヌーボーに群がる皆さん、そんなに初物がお好きなら、(庄イタは絶対に手を出しませんが)ボージョレ・ヌーボーと同じ製法で10月30日に市場に出回り始めるイタリアの新酒「Novello ノヴェッロ」はいかがでしょう。ボージョレより半月早く出し抜ける快感も味わえますよ。

Novello2018.jpg

【Photo】米国籍の兄弟が1978年にトスカーナ州モンタルチーノで設立した「Banfi バンフィ」は国際品種シラーにガメイ!!)を混醸するのはレアケース。コスパが高いCORVOコルヴォで知られるシチリア州「Duca di Salaparuta ドゥーカ・ディ・サラパルータ」、シュワシュワで甘酸っぱいランブルスコの造り手「Donelli ドネリ」といった大規模な作り手が、サンジョヴェーゼやネロ・ダヴォラなど主にイタリア品種のブドウを使用し、(ほぼ日本向け限定で)余技として生産するノヴェッロ

 さらには季節が半年先行し、今年の3月から4月に収穫されたブドウを6か月間セラーで熟成させた南半球の2018年産ワインも既に市場に流通しています。

 例えばボージョレ・ヌーボーの1/4以下のお手頃プライスでありながら、間違いなくヌーボーよりも上質であろうチリの首都サンティアゴに醸造所を構える作り手「Santa Carolina サンタ・カロリーナ」が、中部セントラルヴァレー地区で栽培するブドウから作る「カベルネ ソーヴィニヨン/シラー2018」は、500円前後の良心的な値付けがされています。

 チリ最大手の醸造所「Concha y Toro コンチャイトロ」傘下の「Viña Maipo ヴィニャ・マイポ」の「カベルネ・ソーヴィニヨン&メルロー 2018」も実勢価格が700円以下で賢明な選択といえます。

 どちらも堅苦しいウンチクやワインスノッブとは無縁なお値段。ボージョレ・ヌーボーの現地価格と同価格帯でも、コストパフォーマンスは遥かに上をゆきます。

village_nouveau2018.jpg

【Photo】解禁日の11月15日(木)には呼び込みの売り子を立てていた西宮市内の食品スーパー。ヌーボーよりも上質との触れ込みのヴィラージュ・ヌーボーですら、解禁日から半月を経た11月末には哀れ在庫処分セール品と化していた

 皮肉にもこうして2011年「ボジョレー騒動はさておき...」で槍玉に挙げた〝ボージョレの帝王〟ことジョルジュ・デュブッフを日本に紹介したS社の取り扱い商品2種類をボージョレ・ヌーボーに代わる賢明な選択肢として挙げたのは、幾分バッシングをやりすぎた感がある戦歴の贖罪だと受け止めていただいても結構です。

 久方ぶりにボコボコにしばきまくったボージョレ・ヌーボー掃討作戦2018。積もり積もった鬱憤が晴れたところで、今年のところはこのぐらいにしといたるわ、ワレ。

wine-bottles.jpg

 次回はヌーボー解禁前夜、庄イタが白トリュフ解禁を祝して大阪ミナミで空けたワインについて語ります。乞うご期待❣

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

投稿者 vam : 15:05 | カテゴリー : Vino ヴィーノ

2018/11/11

香り立つデニム〈後編〉

専用フレグランス付きテーラード・ジーンズ
JACOB COHËN ヤコブ・コーエン


 その香りは、濃密にしてエキゾチックかつノーブル。

 嗅覚中枢を心地よくくすぐる馥郁たる芳香は、ウオッシュの濃淡が異なる2本のインディゴブルーのジーンズから漂ってきます。

 魅惑的な香りの主は、比類なき着心地の良さを生み出すイタリア伝統の立体裁断の技術を駆使したハンドメードによる〝テーラード・ジーンズ〟を標榜する「JACOB COHËN ヤコブ・コーエン」。

IndianWood-HeavyStitch.jpg

 仕立ての良いテーラードジャケットとの組み合わせを前提にデザインされており、スリムなスキニータイプは別にして、ルーズなフォルムが一般的な作業着ベースの粗野なイメージのアメリカンジーンズとは全くの別物。

 レディース・メンズを問わず、JACOB COHËN のジーンズには全て製造段階で同じ香りづけがなされます。

 それは東南アジア原産でシソ科の花木「Patchouli パチョリ」の葉から抽出した精油ほかを独自に調合した〝INDIAN WOOD〟という香り。パチョリは古代ギリシャ・ローマ時代から香料や媚薬としても知られてきたといいます。

indian_wood.jpg

 フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会に所属するドミニコ会修道士が13世紀に行った救済事業が母体の現存する世界最古の薬局「Officina Profumo Farmaceutica di Santa Maria Novella サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」にもパチョリという名のオーデコロンがあります下左側

 和装にも似合いそうなそのハーバルでオリエンタルな落ち着いた香りのトップノートで連想したのは墨汁や太田胃散(笑)。

patchouli_SMN.jpgPatchouli Patch Eau de toilette.jpgPatchouli Patch-box.jpg

 庄イタがよりINDIAN WOOD との相似を感じるのは、パリで1976年に誕生した「L'Artisan Parfumeur ラルチザン・パフューム」が1978年に発表したオード・トワレ「パチュリパッチ」です上右側。フローラルでウッディな香りと植物由来のホワイトムスクやコケの香りが複雑に絡み合います。

indianwood-jacob.jpg プロフェッショナルな調香師、あるいは映画「羊たちの沈黙」に登場する絶対嗅覚の持ち主レクター博士でもなければ、JACOB COHËNから立ち上る個性的なINDIAN WOODの重層的な香りとサンタ・マリア・ノヴェッラのパチョリやラルチザン・パフュームとの共通点を直ちに見いだすことは難しいかもしれません。

 デニム地から力強く立ち上がるINDIAN WOODは、あくまで甘美ながら爽快さも感じられます。奥底にパチョリのニュアンスを嗅ぎ当てた庄イタなのでした。

 〈後編〉では個性際立つ香りを纏(まと)ったMade in ITALY ならではのジーンズ JACOB COHËN について語ります。

b_ornament_10.jpg


 日本ではEDWIN系列のAmericanino アメリカニーノ、Outsider アウトサイダーなどのカジュアルなブランドをイタリア北東部ヴェネト州パドヴァ県の人口3,500人ほどのポンテロンゴという街で立ち上げた実業家でTato タトの愛称で呼ばれたAdolfo Bardelle アドルフォ・バルデッレは、1985年に新たなボトムスのブランドを立ち上げます。

 JACOB COHËN ヤコブ・コーエンという新ブランド名は〈前編〉で回顧した国籍を問わず広く愛されるジーンズ生みの親である二人のアメリカ移民、ヤコブ・デービスとリーバイ・ストラウスの成功譚に敬意を込めたもの。

 〝JACOB〟はヤコブ・デービスのファーストネームであり、〝COHËN〟はリーバイ・ストラウスの出自であるユダヤでは一般的な姓であり、元来は司祭を指すヘブライ語です。

nicola bardelle.jpg JACOB COHËNが世界へと飛躍する立役者となったのが、父が立ち上げたブランド再興に2003年から着手し、従前とは比較にならないほど価値を高めた息子のNicola Bardelle 二コラ バルデッレでした上画像

 ニコラが初めて手がけたストレートモデル「610」下画像は、ローマから世界24か国に展開し、セレブな顧客に愛されるメンズプレタポルテの名門「Brioni ブリオーニ」で取り扱われるも、ほぼ無名のブランドへの発注は、わずか700本に留まります。

 順風満帆なブランド再出発とはいかなかったものの、細部に至るまでの並外れた品質とデザイン性の高さから、目の肥えた顧客の心を捉えて離さなくなるまでに要した時間は長くはなかったのです。

jacob-cohen610.jpg 才気に恵まれ、新たなデニムの価値を創造したニコラ。一躍時代の寵児となりましたが、2012年8月、家族と共に滞在していた南フランスの保養地サントロペで交通事故のため急逝します。享年45。

 不慮の死を遂げたニコラ亡きあと未亡人となった妻ジェニファーがクリエーティブディレクターに就任。一流ブランドが軒を連ねるモンテナポレオーネ通りと同様、ファッショナブルなショップが集中するミラノ・スピーガ通りにルームフレグランスや子ども服・シューズなどの新展開を含む旗艦店を今年5月に出店するなど、JACOB COHËNの勢いは止まりません。

 他にはない個性を磨き、品質を徹底して高めることで独自の地位を確立したニコラの開拓者精神は、色褪せることのない魅力と共に一着の中で生き続けています。

b_ornament_10.jpg

Jacob Cohen-2016.jpg イタリアン・プレミアムジーンズといえば、1979年の初コレクションからジーンズに注力し、若年層に支持されるDIESEL ディーゼル、1981年からジーンズを手掛けたGIORGIO ARMANI ジョルジョ・アルマーニが代表的な老舗どころでしょうか。

 JACOB COHËNが再始動した2003年以降、Pantaroni Torino(☞「トリノのスラックス」の意)の略語をブランド名にしたボトムス専業のPT01ピーティーゼロウーノから派生したPT05ピーティーゼロチンクエ、JACOB COHËNの路線を狙ったRICHARD J. BROWN リチャード・J.ブラウンtramarossaトラマロッサSIVIGLIA シヴィリアなど、あまたのフォロワーが登場した後にあっても、JACOB COHËNは際立った存在であり続けています。

jacob_cohen-hairhide.jpg

 その理由のいくつかを挙げてみましょう。

 染色・織り・縫製の全てにおいて高い技術を持つ職人技が世界に認められた岡山県児島のジーンズは、遺伝子の複数形 Genes【dʒíːnz ☞ ジーンズ】と組み合わされ〝Kojima Genes〟の名を世界に馳せています。

 現在、JACOB COHËNの製造を一手に引き受ける「Giada SpA ジャーダ社」は、ヴェネト州アドリアとシチリア州ブロンテに工房を構えます。岡山製やイタリア製デニム生地を厳選。ジーンズの顔となるステッチ入りバックポケットの工程では、効率的に裁断から刺繍までを一貫して行える信頼性が高い日本製の多頭式電子刺しゅう機を導入しています。

 このような日本との縁が浅からぬハード面のこだわりのみならず、手先が器用な女性たちが活躍する熟練の縫い子の技術を併用する縫製には番手の細い糸をモデルごと色を変えて使用します。イタリア伝統の立体裁断でカッティングされた一点ごと手作業によるアイロン成形でクセ取り仕立てを行い、股下に無駄なシワが寄らない無類の履き心地と膝下を絞ったテーパードなシルエットの美しさを両立させているのです。

jacob_cohen-patch.jpg

 手仕上げされる立体的なシルバーメタルのロゴが浮かび上がるなど、実にバリエーション豊富なパッチには、時にシリアルナンバーが刻印されます。希少素材ヘアハイド(ハラコ)を色違いで使用するほか、シュリンクレザーや型押し、さらには良質のレザーにハンドペイントを施すなど、モデルごとの表情は多種多彩。

tag_bottoni_jacob.jpg

 タックボタン上画像や前編で経緯に触れたヤコブ・デービスがリーバイス社との連名で1873年に特許を得たリベット下画像は、ジュエリーを手掛ける工房にモデルごとに風合いやデザインを発注します。

jacob_cohen-rivetto.jpg

 ベルトのバックルが上にずれ上がらぬよう、ピンを通すループがフロントトップのタックボタンホールの下に縫い込まれるのは、テーラドなスラックスと同じ仕様下画像

 バックポケット用のブランド名入りの質感が高いバンダナもモデルによって色柄の組み合わせを変えるなど、死角のないディテールへの目配りにはつくづく感心します。

jacob_cohen-bottoni.jpg

 着用すれば外見上は見えない箇所における主張も怠りません。

 多くのモデルで採用されるのが、ジッパーではなくクラシックなボタンフロントです。一点づつメッキ加工が施され、風合いが変わるモデル名の刺繍の裏にはブランドポリシーが縫い込まれています。

 Go to bed with a dream Wake up with a purporse
 (☞ 夢を抱いて眠り、目的をもって目覚めよ)

 フロントポケット内側の袋状になった左右のスレーキもモデルごとに柄や色が異なり、JACOB COHËNのモノづくり哲学を記した履く人に向けたメッセージと取り扱いについての指示を超細番手の糸でスレーキにタグを縫いこむ念の入れようです。

jacob_cohen-sleek.jpg

 そこにいわく〝Understand yourself. Think of yourself. And then go your own way. Whatever ties to the circumstance you have, and whatever conditions you are in keep your way and remember to smile. The JACOB COHËN product philosophy.
(☞〝自分を理解せよ。自身について考えよ。そして自ら歩め。どんな事情があったにせよ、どんな体調であっても、自分の生き方を貫き笑顔を忘れるな〟)

 モデルによって開きはありますが、定番の「J622」や「J688」は並行輸入ものでも3.5万円以上、正規代理店を介するショップにおける限定モデルに至っては7万円前後~の価格帯となります。

 そんな実勢価格も相まって、酸いも甘いも知り尽くした世代こそが似合うのであって、その価値を見いだす眼力が問われる逸品を青二才が着こなすには、どうやらハードルが高いようです。

 JACOB COHËNの愛用者ならばお馴染みであろうブランドのアイコンとなる香りINDIAN WOODは、ギリシャ産などを試行錯誤の末に理想の仕上がりを得たエジプト産の軽石でブリーチをかけた後の水洗い工程で生地に付けられます。

jacob-cohen-atomiser.jpg

 こうして完成する微妙な風合いを損なわぬよう、洗う頻度を極力減らすよう指示。洗濯にあたっては、裏返してネットに入れ、色移り防止のため単独で洗い、直射日光を避けることが必須となります。

 洗濯によって失われる香りを蘇らせるため、通常モデルにも付属する補修用の糸と共に、リミテッドエディションとプレミアムエディションにはシルバーメタリックのアトマイザー入り専用フレグランスが小袋に入ってきます。

 フレグランスだけを手に入れたいJACOB COHËN 愛好者は少なからず存在するようで、ほぼ常時ネットオークションで10mℓ容量のINDIAN WOODが売買されています。

jacob-cohen-tools.jpg

 テーラードジーンズを標榜するJACOB COHËNゆえ、直営ショップで購入したジーンズは専用BOXに収まって購入者へと手渡されます。

 どうです?JACOB COHËNの魔法にかかったことがないと仰るアナタも興味が湧いてきたでしょ?

b_ornament_10.jpg 
 今年の初夏、セレクトショップ「Strasburgo 京都LAQUE 四条烏丸店」で購入したJ622セカンドプレミアムエディション「FLORENCE」は、関西では〝着倒れの街〟の異名を持つ京都と姉妹都市である芸術の都フィレンツェをイメージしたモデル。ハンドペイントによるデフォルメされたフィレンツェの市章ユリがイタリアンカラーで描かれている1点ものです。

 パッチと共柄のバンダナやタックボタンが白で統一されて季節感を演出した夏場は、セリエAの強豪SSCナポリのレプリカユニフォームや赤穂さくらぐみで購入したスタッフTシャツをタックアウトで、秋口はナポリ伝統のハンドメード技術を受け継ぐシャツ専業メーカー「Finamore フィナモレ」をタックインで着る機会が多かった季節も変わり目に差し掛かっています。

habisplaza_jacob-cohen.jpg

 本国イタリアでは、上着を含めたトータルな商品展開を図っており、2016年3月にオープンした関西における旗艦店である大阪梅田の「JACOB COHËN ハービスPLAZA」上画像には、ボトムスだけでなく、上着からTシャツ、バッグやベルトといった小物に至るアイテムが揃います。

 アイテム数が最も多いのはジーンズゆえ、ショップの入り口付近にはINDIAN WOODのかぐわしい香りが立ち込めており、思わず足を踏み入れたくなる仕掛け。

habisplaza_jacob-cohen2.jpg

 そうしてチェックした今シーズンは、J688やJ622シリーズで1960年前後にイギリスから世界の若者に伝播したムーブメント「モッズ」をテーマに英国空軍の青白赤トリコロールカラーのラウンデルやタータンチェックなど、ブリティッシュテイストを取り入れたコレクションを展開しています。

 付属品がなく装飾がシンプルなPWシリーズよりは値が張りますが、せっかくならディテールに凝るJシリーズ、それもリミテッドエディションクラスを手に入れたいもの。

 立冬を過ぎ、コートを羽織るまではジャケット+パンツスタイルで外出する機会が増えます。そこでハービスPLAZA店で物色したのが、J622よりも股上が1.5cm深く上着との相性が良いJ688モデル 。

negozio_heavy_stitch.jpg

 ツイード素材のテーラードジャケットとの相性を考慮し、探したのはワンウオッシュ程度のやや濃いめのインディゴブルーデニムで、膝下からテーパードがかかった日本人にも着こなしやすいシルエットの688が第一候補です。

 いくつか比較した中で、赤いステッチとコインポケットやモスグリーンのハラコパッチに配されたロイヤルタータンが効いたJ622モデル、そしてポケットとウエスト外側部分に入った破線状の極太ステッチが目を引き、JACOB COHËNとしては珍しく内側に2本のループステッチが入った「J688 HEAVY STITCH COMFORT」の二者択一となりました。

 先述したJACOB COHËNのブランド哲学ではありませんが、庄内系イタリア人として自我が覚醒する遥か以前、ブリテッシュ系プログレ少年だった庄イタ。'70年代にティーンだった女子に人気があった英国エジンバラ出身のアイドルポップグループで、(脳天気なアメリカ的楽曲ともども、どう贔屓目に見ても趣味が劣悪に思えた)タータンチェックのステージ衣装に身を包んだ「ベイ・シティ・ローラーズ」に対して抱いていた悪い印象と重なりパス(笑)。

J688HeavyStich.jpg

 そうしてJ688 HEAVY STITCH COMFORTに白羽の矢を立てた次第。

 良質なクロコダイル型押しで、渋い光沢を放つ皮パッチには、通常リミテッドエディション以上のモデルに使用されるシルバーメタリックのロゴが輝きを放ちます。

 さらにJ688 HEAVY STITCH COMFORTはリミテッドでもプレミアムでもありませんが、シーズン毎に特に力を入れたモデルを示すこのセカンドプレミアムエディションには、補修用の糸巻と共にINDIAN WOODのフレグランスボトルが袋に忍んでいるのです。

 これは買いでしょう。

J688HaevyStitch2.jpg

 裾上げにあたっては、吉田育次店長のサジェスチョンもあり、付属の金茶色の糸ではなくコインポケットに施されたJの刺繍と同系の赤い糸を指定。差し色を強調するダブルチェーンステッチ処理を施した仕上がりにも納得です。

 こうして庄イタを魅了するJACOB COHËNとの運命の赤い糸は、ますます強固なものとなりました。

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

投稿者 vam : 02:31 | カテゴリー : Prodotto Italiano

2018/10/28

香り立つデニム〈前編〉

専用フレグランス付きテーラード・ジーンズ
JACOB COHËN ヤコブ・コーエン


(財)日本ジーンズ協議会主催による恒例のベストジーニスト2018が10月15日に発表され、一般選出部門には女優の菜々緒さんとタレントの中島裕翔さんが選出されました。

 中島さんが所属するアイドルグループHey! Say! JUMPを今年度の観光キャンペーンで起用するのが宮城県。

 10月16日(火)に宮城県仙台市で開催された第71回新聞大会がらみで前日朝から仙台入りしました。'90年代に5年連続ベストジーニストに選出された木村拓哉さんの次女Kōkiさんが全面広告に登場したその日の河北新報朝刊には、もう一つ見逃せない広告が掲載されました下画像

2018_10-15_KAHOKU.jpg

 それは16日にパンフレットの配布が始まる冬旅キャンペーン「ふ湯タビ宮城」の見開き広告。果たせるかな翌日はパンフレットを入手しようと宮城県庁1階の観光情報コーナーに群がる女性たちの姿がありました。

 臆することなく列に加わり入手したパンフレットを見る限り、右から2番目の中島さんはジーンズのみならず浴衣姿も板についたもの。半纏(はんてん)がインディゴブルーである点がポイントだと思いますが、いかがでしょう。 

 与太話はこの辺で切り上げ、本題へと移ります。

terme_noren.jpg


Jacob_W._Davis.jpg 多くの人が一度は履いたことがあるであろうジーンズが誕生したのは、1848年に金鉱脈が発見され、ゴールドラッシュに沸く19世紀中庸のアメリカ・ウエストコーストです。

 ラトビア共和国の首都でバルト海の真珠と称される世界遺産の街リガから家族と共に23歳で新大陸アメリカに移住したヤコブ・デービス(Jacob W. Davis,1831-1908)右画像は、サンフランシスコの北東220kmほどにあるネバダ州リノという小さな町で1968年から仕立て屋を営んでいました。

 耐久性を重視する顧客の求めに応じ、帆船の帆に使われる番手の太い綿糸で織り上げた丈夫なキャンバス生地を用いて銅製のリベット(鋲)でポケットを補強した作業ズボンを1871年に売り出します。それは金鉱山や港湾で働く労働者の仕事着として好評を博します。

Levi_Strauss.jpg デービスが布地を仕入れていたのが、ユダヤ系ドイツ移民リーバイ・ストラウス(Levi Strauss,1829-1902)左画像が1865年に設立した繊維製品卸会社Levi Strauss & Co.リーバイ・ストラウス社です。人口増が著しく、新たなマーケットとして有望だったサンフランシスコは、当時ゴールドラッシュによる活況を呈していました。

 1873年5月20日、特許申請に要する$68の費用援助を申し出たデービスと同社との共同名義で特許を認められたのが「ポケットの開口部を補強する方法」。

 同年、オレンジ色の糸を縫い込んだV字型の二重バックステッチを商標登録。生地を防虫効果があるインディゴ染料で染めた9オンスのデニム生地へと変更し、ここにジーンズの原型が出来上がります脚注1参照

jeans_Patent.jpg【Photo】ツルハシを手にした男性のイラストを添えてヤコブ・デービスとリーバイ・ストラウス社が特許申請したのが、リベットでポケットの開口部を補強したキャンバス地の作業ズボン。1873年5月20日付でアメリカ合衆国特許第139,121号として認可された

b_ornament_10.jpg


 そもそもデニム生地は、海洋交易国家としてヴェネツィアと覇を競ったジェノヴァ共和国から遅くとも17世紀に地中海世界や英国へと伝わり、さらには新大陸へも上陸していました。

 南仏ニーム地方の織物という意味のフランス語〝Serge de Nîmes〟が簡略化してデニムとなったという説がある一方、トリノ近郊にあり、繊維産業で栄えたChieri キエーリで生産され、15世紀には一大貿易港となったイタリア最大の海運都市Genova ジェノヴァから輸出されたデニム地〝blue de Gênes〟がブルージーンズの語源とされます。フランス語でジェノヴァはGênes(ジーンズ)と表記することから、その発祥については互いに譲らぬところ。

donna_cucce_due-bambini.jpg【Photo】ヴェネツィア周辺の出身とされ、ロンバルディア地域で風俗画を残した名もなき画家「Maestro della tela jeans マエストロ・デッラ・テラ・ジーンズ」の「Donna che cuce e due bambini 針仕事をする女性と2人の子ども」〈17世紀・油絵(一部インディゴ)102×193cm〉©Fondazione Cariplo, Milano

 パリ市内だけで9店舗を展開するGUCCIと同様、フランス国内にも少なからず顧客が存在するPRADA、FENDI、そして前回取り上げたDOLCE & GABBANAといったイタリアン・スーパーブランドに関して、インターネット百科事典Wikipedia にはフランス語版が存在しません脚注2参照
 
 そんな一面からも窺える本家中国に劣らぬ尊大な中華思想の持ち主である(と、かねがね庄イタは思っている)フランス人にとって看過できない発見が近年なされました 。

 ベラスケスやルーベンスらを庇護したスペインハプスブルグ家の統治下にあった現在の北イタリア・ロンバルディア州にあたる17世紀後期のミラノ公国領に一人の名もなき画家がいました。

Jean_Femme_Mendiant.jpg【Photo】マエストロ・デッラ・テラ・ジーンズ「Madre mendicante con due bambini 2人の子どもを連れた物乞いの女性」〈17世紀・油絵(一部インディゴ)152×117cm〉©Galerie Canesso, Paris

 その画家は作品上にサインを残さなかったため、2006年にウィーン美術史美術館の美術史家ゲルリンデ・グルーバー博士が便宜上〝Meister der Blue Jeans (独語), Maestro della tela jeans(伊語 ☞ ブルージーンズのマエストロ)〟と名付けます。画家が残したとされる絵画の中の数点には、デニム地の服を身に着けた下層社会の人々が描かれていました。

 2010年、グルーバー博士らによってマエストロ・デッラ・テラ・ジーンズが残した絵画の鑑定が行われました。同時代のオランダの画家フェルメールは、青の表現に高価なラピスラズリの顔料を使いましたが、17世紀は藍銅鉱を原料とするアズライトが青絵具として使われるのが通例です。

 ところがマエストロ・デッラ・テラ・ジーンズが丹念に細部まで描いた青の布地には、デニムの染色に用いられる顔料であるインディゴが使用されていたのです。

Maestro_della_jeans_piccolo_mendicante.jpg【Photo】マエストロ・デッラ・テラ・ジーンズ「Piccolo mendicante con focaccia ripiena 詰め物をしたフォカッチャを手にする子どもの物乞い 」〈17世紀・油絵(一部インディゴ)86×71cm〉©Galerie Canesso, Paris

 フランスの新聞「Le Mondo ル・モンド」Web版でアートコラムを担当するLunettes Rouges(☞「赤メガネ」の意)氏は、この鑑定結果を受け、2010年9月19日付でその信憑性に疑問を投げかけます。

 予想通りの〝お山の大将オレ一人〟的なフランスらしいリアクションですが、オーストリアの専門家の鑑定結果にケチをつけたLunettes Rouges氏、インディゴブルーが赤に見える色眼鏡で物事が歪曲して見えたのでしょうか。

b_ornament_10.jpg


 初期のジーンズは、ベルトループではなく背中側にサイズ調整用シンチバックがあり、サスペンダー留めのボタンが前後2か所にある仕様でした。後ろ右ポケットの赤いタブと共にリーバイスのアイコンとなっているのが、後ろポケットのアーキュエットステッチ。

 1873年に登場したリーバイ・ストラウス社の型番「501」は、スタンダードモデルとして根強い人気があります。1960年代前半に生産された501は、ヴィンテージコレクター垂涎のアイテムとなっています。
vintage-jeans.jpg【Photo】これはファッションとしてのダメージ加工ではなく、作業服として扱われた時代のジーンズ。初期のジーンズは労働現場で履きつぶされたため、後世に伝わることは珍しいのだそう。リーバイス社が所有する最古のジーンズ「XXc.1879」は1879年頃の製造とされ、価値評価の算定基準が謎ながら、時価15万ドル(約1,650万円)!!

 今や全世界110か国に2,900店舗の販売網を広げ、2017年の売上高が49億米ドルに達するグローバル企業となったリーバイス社。その飛躍のカギとなったのが、フォード社デトロイト工場の流れ作業によるオートメーション方式を応用し、大量生産を可能としたことにありました。

 パッチに描かれた二頭の馬が引いても破れない堅牢さの象徴であるリベットとオートメーションによる品質の平準化がもたらしたリーバイス社のサクセスストーリーは、いわば20世紀型の成長神話。

Jacob_cohen-frorence.jpg

 ジーンズがファッションアイテムとしてスタンダード化した21世紀。サヴィル・ロウの英国製と双璧をなす紳士服の頂点、イタリア伝統のサルトリア(仕立て屋)技法を取り入れた履き心地とデザイン性・品質を兼ね備え、ファッショニスタに支持されるのがJACOB COHËN ヤコブ・コーエンです。 

 次回は耐久性を重視する作業着として生まれたアメリカン・ジーンズをルーツとしつつも、知れば知るほど洒落っ気たっぷりなイタリアンテイストのジーンズにまつわるストーリーをお届けします。

*注釈1】ヤコブ・デービスが仕立て屋を営んでいたネバダ州リノの繁華街、North Virginia Street 211番地にリノ市歴史資源委員会によって顕彰碑が設置され、2006年5月20日に除幕式が執り行われた
  
*注釈2】GUCCIに関するWikipediaコチラ)、PRADAに関するWikipediaコチラ)、DOLCE & GABBANA に関するWikipedia コチラ)にはフランス語版が存在しない。その反面、人と同じバッグや財布を所有することに抵抗がなく、右倣え大好きな日本で全世界の4割の売り上げシェアを持つLouis Vuittonに関するWikipediaコチラ)や、CHANELについてのWikipediaコチラ)など、フランス資本のブランドにはイタリア語版Wikipediaが存在する。庄イタにとっては鼻持ちならないフランス人の鼻っ柱の強さとは対照的に、細かい事にはこだわらない(「いい加減な」とも言いうる)イタリア人の心の広さの現れかと(笑)

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

投稿者 vam : 23:47 | カテゴリー : Libro e Cinema, Arti ,Musica 書籍と映画, 芸術, 音楽/| カテゴリー : Prodotto Italiano

2018/09/30

I choose to get DOLCE & GABBANA.

ドルチェ&ガッバーナをポ~ンとお買い上げ。
ただしパスタですが、何か?


 インターネット通販サイトZOZO TOWNを運営するスタートゥデイ社の前澤友作社長が、一部報道では総額1,000億円の巨費を要すると推定される月旅行へと旅立つのだそう。しかもお気に入りのアーティスト6~8名を招待するというので、その太っ腹ぶりにぶっ飛んだ方も多いのでは?

 Yusaku Maezawa _twitter.jpg

 今回のタイトル〝I choose to get ●●●〟(●●●を入手することにした〟)は、民間向けに初の月旅行を企画した宇宙ベンチャー企業「スペースX」を立ち上げたテスラ社CEOのイーロン・マスク氏と共に臨んだ記者会見における前澤氏のスピーチ〝I choose to go to the moon, with artistsアーティストと一緒に月に行くことにした)〟の一部を借用しました。

 手付金をポ~ンとポケットマネーで支払ったという前澤氏とは月とスッポン、庄イタのささやかな消費行動の一端に関連する話題をお届けします。

b_ornament_147_3M.jpg


 ともにマドンナ御用達のイタリアンブランドで、ジャンニ・ベルサーチェにも通じるゴージャスかつ官能的なブランドイメージがあるのが「DOLCE & GABBANA ドルチェ&ガッバーナ」です。

D&G-Donna-Estate-2019.jpg

【photo】ローマ出身で母イングリッド・バーグマンの面影を宿し、LANCÔME のモデルから女優に転じた往年のスター、イザベラ・ロッセリーニ、女優モニカ・ベルッチ上画像中央、サルコジ元仏大統領夫人カーラ・ブルーニ下画像右上らをゲストに迎え、9月23日、ミラノで発表されたドルチェ&ガッバーナ2019春夏コレクションより

 アパレルのみならず、バッグ・シューズなど革製品・フレグランス・時計・メガネなど幅広く展開するドルチェ&ガッバーナのような例は、GUCCIやARMANIなどモード界では珍しい事ではありません。いかなる場合においてもブランドイメージを損なわないことがファッション業界の鉄則といえます。

 毎シーズン、ミラノコレクションの開幕前に会場に流れる曲は、ミラノで生まれ育ったステファノ・ガッバーナ氏と共にブランドを立ち上げたドメニコ・ドルチェ氏の出身地、シチリアが舞台となるピエトロ・マスカーニ作曲のオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲

dolce-gabbana-summer-2019-men.jpgdolce-gabbana-summer-2019CarlaBruni.jpg
dolce-gabbana-summer-2019.jpgdolce&gabbana-summer-2019.jpg

 レディース・コレクションのアイコンとなるのが、シチリア女性が伝統を紡いできた「Tomboloトンボロ」と呼ばれる繊細なボビンレースです下画像。フランドル諸国や独仏など欧州各国がその起源を主張しますが、確かなことはボビンレースの技巧について書かれた15世紀まで遡る複数の資料は全てイタリア語であるということ。

tombolo-dolcegabbana_2014.jpg

 ドルチェ&ガッバーナのコスメラインでは、今年6月のミラノ・メンズコレクション発表会でもナオミ・キャンベルとともにマニッシュなスーツ姿でランウェイに登場したイタリアの宝石とも至宝とも称えられるモニカ・ベルッチを起用。

 モデル出身で女優としてはデビュー後間もないモニカ・ベルッチを映画監督のジュゼッペ・トルナトーレが撮影、イタリア国内で1994年にオンエアされたフレグランスのCMは、シュールな展開を見せます下動画

 海で捕えたばかりの生ダコの頭を何故か丸かじりする謎のイケメンは、実は下着ドロボー。そのストーカーまがいの行動は日本女性にドン引きされるのが関の山。イメージダウンは免れず、到底放送できないでしょう。

 2003年秋、トスカーナ州モンタルチーノでブルネッロ・ディ・モンタルチーノ1本を空け、ほろ酔い気分で戻った宿のTVでオンエアしていた新作CMは、2000年に公開されたモニカ・ベルッチの出世作となった戦時中のシチリアを舞台とする映画「マレーナ」を彷彿とさせる葬儀の場面で始まります下動画

 夫を亡くし、喪服姿で悲しみに暮れる美貌の未亡人をめぐる男どものフェチな振る舞いは、前作から一段とエスカレート。映画冒頭からマレーナに好奇の視線を送る自転車少年たちが、そのまま成長し、葬儀のさなかというのに不埒なハレンチ行為に及ぶかのよう。

 男女間の感情表現がダイレクトなお国柄とはいえ、下着ドロボーと連座する葬列に潜り込んだ共犯者たちの無軌道ぶりには苦笑してしまいました。

b_ornament_147_3M.jpg


 今シーズン、ACミランに移籍したクリスティアーノ・ロナウドも熱烈なメンズコレクション愛用者の一人です。英国王室キャサリン妃、ベッカム夫妻、ブラッド・ピットなどセレブな顧客は枚挙に暇がありません。

 営々と築き上げられたブランドイメージを損なわぬよう、ビジネスパートナーとしてタッグを組む相手も一流。

AC_MILAN_2014DolceGabbana.jpg

 ステファノ・ガッバーナ氏の郷里、インテルと共にミラノを本拠地とするACミランへの移籍に際し、大胆にも自ら望んだ背番号10を背に本田圭佑が在籍した2014年、名門クラブの公式スリーピーススーツのデザインを手掛けたのもドルチェ&ガッバーナです。

b_ornament_147_3M.jpg


 感度の高いファッション・フリークの方なら、先刻ご承知かもしれませんが、ドルチェ&ガッバーナが昨年秋、フードビジネスに進出しました。

 パスタの聖地と称される南イタリア・カンパーニャ州ナポリ県グラニャーノで1912年に創業した老舗「Di Martino ディ・マルティーノ」社とコラボし、パッケージをアレンジした製品やアソートセットを売り出したのです。

 同年春、レトロな1950年代調のキッチン家電を展開するイタリアの家電メーカーSMEGとのコラボによる〝Sicily is my Love〟シリーズも発表しています。
 
Dolce&Gabbana_SMEG.jpg

 年間一人当たりのパスタ消費量が約25kgとダントツ世界一のイタリア。意外かもしれませんがパンの消費はその倍以上。パスタはアンティパスト(前菜)とセコンドピアット(メインディッシュ)の間をつなぐプリモピアット(☞つまりは「おかず」)の位置付け。

 よって、お好み焼き+白米、焼きそば+白米という大阪における炭水化物の複合摂取と同様、パスタ+パンの組み合わせはイタリアにも存在します。

 そんなイタリア国内における小麦の一大産地であるプーリア州やシチリア州からの陸送ルートにあたり、ラッターリ山の伏流水と豊かな自然に恵まれ、パスタ製造に理想的な条件が揃ったグラニャーノでは、高品質のパスタが生産されてきました。

DiMartino_set.jpg

【photo】エプロンやパッケージをデザインしたドルチェ&ガッバーナとディ・マルティーノとのコラボレーションセット

 9社で発足し、現在では14社が加盟する業界団体「Consorzio di Gragnano Città della Pasta (≒ グラニャーノ・パスタの街組合)」がCittà della Pasta(=パスタの街)を標榜するグラニャーノについては、これまでも幾度か触れているので、読み応えたっぷりなアーカイブをぜひ参照願います。《2010.7拙稿「珠玉のパスタ、Gragnano グラニャーノ」参照》

DiMartino_Latta_RGB.jpg セットの内容は、特製ブリキ缶上画像入りのスペシャルパッケージ包装のスパゲッティ2パック+同ペンネ・リガーテ2パック+同パッケリ1パック+ドルチェ&ガッバーナデザインのエプロン1枚で、総額€110(約1万4,500円) 
 
 価格を含めてハイエンドなドルチェ&ガッバーナとしては、まだ手が届く値段かと。昨年11月、全世界5,000個限定と鳴り物入りで売り出されましたが、まだ在庫は抱えているよう。

 ドルチェ&ガッバーナの世界観がたまらなく好き!と仰る方なら必見&必食のセットは、ディ・マルティーノ社のwebサイトから購入可能。

 2012年シーズンまで存在したドルチェ&ガッバーナのセカンドライン、D&GのパーカーとTシャツにしかこれまで手が出なかった庄イタですが、ドルチェ&ガッバーナがデザインしたパッケージのパスタ単品が今年8月、モンテ物産から数量限定で発売されています。

DiMartino-D&G.jpg

【photo】ディ・マルティーノのリングイーネ。通常パッケージ()とドルチェ&ガッバーナとのコラボパッケージ(

 本国におけるパスタの合計額€14.5を差し引けば、1万2500円ほどに該当する缶とエプロンに投資する気は毛頭ないため、家飲みをしながらTaverna Carloで食事をする際の日常使い用のパスタとして購入しました。

 ディ・マルティーノのパスタは、全てイタリア国内で生産される硬質小麦のみを厳選。数あるパスタメーカーの中でこれは少数派で、デュラム・セモリナでもグルテン含有量が異なる安価なカナダ産をブレンドするケースが圧倒的多数派となります。

package_martino&DG.jpg DiMartino-D&G4.jpg
DiMartino-D&G1.jpg DiMartino-D&G2.jpg

 中身は通常パッケージの商品と変わりませんが、表面の右側には家族が楽しげにテーブルを囲むイラストが描かれ、左側にはla Famiglia, la Pasta, l'Italia! Dolce & Gabbana 家族、パスタ、イタリア!というメッセージも。

ceramica-siciliana.jpg

 パスタのパッケージやブリキ製の容器にあしらわれた文様は、シチリア陶器のタイルやプレートなどに見られるアラブ統治(9世紀~11世紀)の影響を感じさせるシチリアの伝統柄です。

ceramice-siciliana.jpg

 ドメニコ・ドルチェ氏のルーツであるシチリアの伝統に根ざしたコレクションと同様、ドルチェ&ガッバーナらしさはこのパスタにもしっかりと表現されています。

b_ornament_147_3M.jpg


 早いもので、今年も3/4が過ぎようとしています。新聞紙上では、おせち料理の早期割引予約の告知広告が載るようになりました。

 歩みを止めることのないドルチェ&ガッバーナのコラボレーションの新展開が、早くも同社のWebサイト上でリリースされています。

 1953年にシチリア・パレルモ県カステルブォーノで創業した「Fiasconaro フィアスコナーロ」との協業によるパネットーネ《2007.12拙稿「クリスマスところ変われば」参照》の予約を開始しています。

panettoneD&G.jpg ドルチェ&ガッバーナデザインの容器やトレーがセットされた1kgサイズのパネットーネが€87~€99、容器入り1kgサイズで€37。

 シチリア特産のピスタチオ風味、柑橘系のいずれもパネットーネの配送は10月20日以降。しか~し、入手可能なのはEU域内に限られるとのこと(TT。

 Mamma mia !!
 
baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 23:43 | カテゴリー : Cuccina Italiana/| カテゴリー : Prodotto Italiano

2018/09/18

エオリアの花蕾 Capperi

お試しあれ、エオリア風パスタ
カンタン、オイシイ、Pasta all'eoliana


 南米チリ出身の詩人パブロ・ネルーダ(1904-1973)【下画像】は、30代の半ばまではビルマ・インドネシア・アルゼンチンなどの領事を歴任。マドリッド領事に着任した2年後の1937年、反ファシズムを掲げソ連が後押しする人民戦線政府と右派フランコ将軍率いる軍が衝突してスペイン内線が勃発します。

 3年に及んだ内戦で、ネルーダは迫りくるファシズムの横暴と権力の座に就いたフランコ独裁政権の圧政に苦しむ民衆の姿を目の当たりにします。

neruda-portrait.jpg 任期途中での召還命令による帰国後の1945年、共産主義の拡大に懸念を抱く米国の影響下にあった当時のチリで共産党所属の上院議員として初当選を果たします。1945年の第二次世界大戦終結後、米ソを対立軸とする東西冷戦の余波は、キューバほか中南米諸国にも及びます。

 1948年、チリ共産党が非合法化され、親米的な政策を進めるビデラ政権に批判的だったネルーダに政治犯として逮捕令状が出ます。そのため、ネルーダは妻デリア・デル・カリルと共に祖国からの逃避行を余儀なくされました。

Photo from the Nobel Foundation archive

 追手を逃れつつ、アンデス山脈を越えて陸路アルゼンチンに入国。国外脱出に成功するも、チリ政府が手を回したため、フランスやイタリアでは入国を拒否されます。苦境にある詩人に救いの手を差し伸べたのが、ナチスによる無差別爆撃を糾弾したゲルニカを1937年に発表後、故国スペインから主たる創作の場をパリに移し、フランス共産党員でもあった画家パブロ・ピカソでした。

 地下活動を通じてソ連・チェコスロバキア・ポーランド・ハンガリーといった東欧諸国ほかインド・中国などへの亡命生活を続けます。

【Movie】1976年チリ生まれのパブロ・ラライン監督作品「Naruda(邦題:ネルーダ~大いなる愛の逃亡者)」。チリ政府から追われる身となったネルーダの謎多き脱出劇が初めて映画化された。2016年カンヌ国際映画祭では登竜門的な監督週間に出品され、2017年ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされた

 1952年、ネルーダ夫妻をイタリアで受け入れたのが、楽園カプリ島出身の文筆家であり郷土史研究家であったエドウィン・チェリオの別邸です。チリの政治状況が変わり、1958年に共産党が合法化されて祖国に戻った後の1971年、ネルーダはノーベル文学賞を受賞します。
 
for a poetry that with the action of an elemental force brings alive a continent's destiny and dreams.(=南米大陸の運命と人々の希望に生命を吹き込んだ根源的で力強い詩業に対して)〟

 このようにスウェーデンアカデミーが示した受賞理由は、弾圧に屈することなく苦難に立ち向かう生き方と作品を通し、言語芸術の力を示して余りある詩人への賛辞でした。

yushi_tessen.jpg

 20世紀最大の詩人と評され、今もなおチリの国民的な文学者であり、政治家や外交官としての顔も持ち合わせていたネルーダ。

 詩人のイタリアにおける隠遁生活を、島の純朴な郵便配達の青年マリオとの心の交流を通して描き、静かな感動を呼んだのが、1994年公開の映画「Il Postino イル・ポスティーノ」です。

 詩情あふれる映画の世界観を見事に表現し、オスカーを受賞したテーマ曲を作曲したのがルイス・バカロフ(1933~2017)。アルゼンチン生まれでイタリアに帰化後、1960年代マカロニ・ウエスタン全盛のイタリア映画界でコンポーザーとして頭角を現します。巨匠エンニオ・モリコーネの代役で引き受けたこの仕事が代表作と言ってよいでしょう。

Trosi_Il_postino.jpg つましい漁師の家庭に生まれ、長じて父からは跡を継ぐことを望まれ、寡黙で口下手だったマリオ。巧みな比喩表現を用いた詩が特徴であったネルーダとの交流を通して、美しい言葉を紡ぎ出す詩作の醍醐味に目覚めてゆきます。

 ニュー・シネマ・パラダイスでは映画技師アルフレードを演じたネルーダ役の名優フィリップ・ノワレを向こうに回し、マイケル・ラドフォードとともに監督も務めたナポリ出身でマリオ役のマッシモ・トロイージ【右画像】は、クランクアップの12時間後、心筋梗塞のため41歳で早逝しました。

Il Postino.jpg

 重い心臓病をおして撮影に臨んだトロイージのスワンソングとなったイル・ポスティーノの撮影が行われたのは、パブロ・ネルーダが実際に滞在したイスキア島や高級リゾート地化されたカプリではなく、住民の暮らしぶりが垣間見えるナポリ沖のプロチダ島とシチリア北方のIsole Eolie エオリア諸島の一つ、自然豊かなサリーナ島です。

il_postino_0L.jpg

 オーストリアから南フランスまで東西1,000kmに及ぶアルプス山脈やイタリア半島の南北を貫くアペニン山脈が形成されたアフリカ大陸とヨーロッパ大陸のプレート衝突による造山活動で、イタリア半島がおおよそ現在の長靴型の姿となったのは、1千万年前頃といわれます。

Isoli-Eolie.jpg

【Photo】ローマ神話に登場するVulcanusウルカヌスは火の神。その妻、Aitnē アイトネがシチリアの活火山エトナの語源。ウルカヌスの英語読みVolcanoボルケーノのもととなったのが、イタリア語のVulcano ヴルカノ。エオリア諸島の最南端に位置し、水着着用の露天泥風呂がある火山島ヴルカーノから眺めた(左から)二つの頂きを有するサリーナ島、ホテルや飲食店が多く、エオリア観光の起点となるリーパリ島、エオリア諸島では最も小さなパナレア島

 7つの島で最大のリーパリ島にちなむリーパリ諸島の異名を持つエオリア諸島は、現在から258万8000年前~1万1700年前までを指す第四期更新世の火山活動で島々が誕生しています。よって、地球46億年の歴史においては新しい陸地です。

 その一つであるストロンボリ島は、小規模なマグマ噴火を間欠泉のごとく繰り返えす「ストロンボリ式噴火」の由来となった火山島。火口から真っ赤な溶岩を絶え間なく噴出するさまから〝地中海の灯台〟と称されています。

isola_di_Salina.jpg

【Photo】〝isola verde 緑の島〟と形容されるサリーナ島では、エオリア諸島最高峰のMonte Fossa delle Felciフェルチ山(962m)とMonte dei Porriポッリ山(860m)との間の低地や海沿いに2,500人ほどの住民が暮らす。収穫後に太陽のもとで乾燥させたブドウで作るデザートワイン「Malvasia delle Lipari マルヴァジア・デッレ・リーパリ」が特産

 シチリア島は紀元前6000年頃にヨーロッパ大陸から渡ってきたシカニ人など、3つの異なる先住民族が暮らす地でした。紀元前8世紀、シチリア島を含む南イタリア地域に移民が奨励されたギリシャ人が入植を開始します。

 エオリアとは、ギリシャ神話に登場する風神Aeolus アイオロスにちなむ名。エアコンのCMソングにもなった「風のエオリアby 徳永英明って曲もありました。

pollara_salina.jpg

【Photo】サリーナ島でイル・ポスティーノの撮影が行われたのが、断崖の上にあるPollara ポッラーラ地区。ラストシーンで亡きマリオを思って詩人が歩いた海辺には撮影当時と変わらぬさざ波が寄せては返す

fiori_capperi_0M.jpg

 年間を通してティレニア海の潮風が吹き抜けてゆくサリーナ島で最も多く栽培されるブドウ、マルヴァジア・ビアンカから作られるワインの中でも特に名高いのが「Malvasia delle Lipari passito D.O.C. マルヴァジア・デッレ・リーパリ・パッシートD.O.C.」。

 強烈な天日のもとで日干しして作られるこのデザートワインと並ぶ島のもう一つ特産物が「Cappero カッペロ」(複数形:Capperi カッペリ / 英語:Caper / 日本語:ケッパーないしはケイパー)です。

fiori-cappero.jpg

 瓶詰めを目にする機会が多いケッパーは、地中海沿岸の乾燥した地域に自生する多年生のフウチョウボク科ツル性植物の花芽です。花弁をつける5月末~7月末、40℃に迫る暑さを避けるため早朝と夕刻に手摘みで開花前の閉じた蕾を収穫。3カ月ほど塩蔵する間、撹拌しながら苦味を抜き、食用とするものです。

 紫色のネムノキに似た長いおしべを持つ淡いピンクが入り混じった白いケッパー花は、たった1日でしぼんでしまいます。花の命は短くて...。その実である「Cucunci ククンチ」もサリーナ島の特産。長細いグリーンオリーブのような形状をしており、こちらも塩蔵して食用となります。

Cappero_di_Pantelleria.jpg

 ナポリ発祥のパスタ料理「プッタネスカ」では黒オリーブと共に具材となるほか、イル・ポスティーノの公開翌年に訪れたカプリ島のテラス席で食べたカジキマグロのソテーでも添え物的に使われていました。

 小粒でも独特の風味があるケッパーは、スモークサーモンの添え物となるのように、アクセントとして料理の引き立て役に回ることがほとんど。主役というよりは脇役の印象があるかもしれません。

sapori_eoriani.jpg

 そんな価値観を打ち破ったのが、昨年秋に梅田阪急百貨店本店で開催されたイタリアフェア会場にいらっしゃったイタリア料理研究家の長本和子さんに教えて頂いた直径2cm前後もある大粒のケッパー【上画像】を使う〝Pesto all'eoliana ペスト・アッレオリアーナ〟です。

 手間いらずで美味しいエオリア風ペーストには、それぞれ家庭の味があります。基本はケッパー+アーモンド+フレッシュバジル+トマト(+お好みでミントの葉少量)の組み合わせ。オリーブオイル少量を加えて適度な粘性になるまでミキサーにかけ、仕上げに粉チーズとオイルで味を調えます。

 ここで使用するのが、酸味で本来の味が失われている酢漬けではない塩蔵ケッパーで、水で30分ほど塩抜きし、塩味が残った状態のものを使います。用途はロングパスタのラグーソースとして使うことが多いとのこと。

 冷製に用いるカッペリーニは論外として、細目のスパゲッティーニより太い1.7~1.8mm(茹で時間8~10分)程度で、表面が白っぽく見えるブロンズダイスで成形してソースが良く絡むスパゲッティまたはリングイーネとの相性が良いと思います。

spaghetti_eoriana.jpg

【Photo】夏のある日のTaverna Carlo タヴェルナ・カルロ。スパゲッティは聖地グラニャーノ産をアルデンテで。茹で上がり時間を考慮してラグーを準備。サリーナ島特産のデザートワイン「マルヴァジア・デッレ・リーパリ」では日干しブドウを用い、最も多く栽培されるマルヴァジア・ビアンカは、6世紀~10世紀にかけてビザンツ文化圏となったサルデーニャ島経由でサリーナ島に伝わった。紀元前12世紀頃、フェニキア人によってもたらされた白ブドウ「Nuragusヌラーグス」を使い、エチケッタにサルデーニャ特有種の花Aqilegia Nuragicaが描かれた「Pala パーラ」という作り手によるコストパフォーマンスが非常に高い南の島のワインNuragus di Cagliari D.O.C.ヌラーグス・ディ・カリアリD.O.C.と南の島の料理との組み合わせ

 ケッパーは、エオリア諸島には野生であるほか庭木としても珍しくない花です。多年生で10年以上を経過すると茎が木質化してきます。流れ出した溶岩が海岸線で固まったことを物語る黒い火成岩の岩肌が切り立った海岸線を形作るサリーナ島の北側にアマルフィから12世紀に移住した人々が住みついたという太古は溶岩の噴出口だったMalfaマルファ地区の土壌で育つものは一回り花弁が大きく味も格別。

maurizia-de-lorenzo.jpg インポーターである「EeT 株式会社」のブースにいらしたのが、お顔を拝見してすぐに分かった長本さん。

 その隣にはサリーナ島でケッパーを栽培する「Sapori Eoliani サポーリ・エオリアーニ」のマンマ、マウリツィア・デ・ロレンツォさん【左画像】もおいででした。
 
 笑顔が素敵なマウリッツィアさんは、3年前の11月、エオリアの海のような透き通った青い瞳の持ち主だった息子ロベルトをバイク事故のため35歳の若さで失う悲運に見舞われています。

saporieolianisalina.jpg マウリッツィアさんの父ピーノから受け継いだサリーナ島のケッパーを世に広めようとした矢先、志半ばにして不慮の事故で逝った息子の意志を継ぎ、サポーリ・エオリアーニ代表の座に就いたのがマウリツィアさんでした。同社のWebサイト〈 www.saporieolianisalina.it 〉では、ケッパーの花に囲まれたロベルトが笑顔を浮かべています。【右画像】

fiori_capperi_0M.jpg 
 塩蔵ケッパー、アーモンド、フレッシュバジル、トマトさえあればカンタンに出来、嬉しいことにしかもオイシイSpaghetti all'eoliana スパゲッティ・アッレオリアーナ。

 拙宅併設のTaverna Carlo タヴェルナ・カルロでは、適度に冷えたヴィーノ・ビアンコを相伴にエオリア諸島に思いを馳せる定番メニューと化しています。

 パブロ・ネルーダは、サリーナ島のような素朴なたたずまいが当時は残っていたであろう1950年代の初めに過ごしたカプリ島についての詩を残しています。最後にその一節をご紹介しておきましょう。

  カプリ島の恋人たち (翻訳:大島博光)

  島はそのたたずまいのなかに
  時間と風に磨かれた金貨のような魂をもち
  手つかずのアーモンドのように
  野生のアーモンドのように
  生(き)のままだ
  そこでわたしたちの愛は眼に見えぬ塔だった
  煙りのなかで顫(ふる)えていた

*****************************************************************

spaghetti_eoriani.jpg

Richetta
 エオリア風パスタ レシピ(4人分)

《材料》
 パスタ320g 塩蔵ケッパー60g アーモンド(生orロースト)20粒
 フレッシュバジル25枚 トマト2個 EXVオリーブオイル100~150cc
 粉チーズ(パルミジャーノまたはペコリーノ)40g
《手順》
1:塩蔵ケッパーを水に浸して30分ほど塩抜きしておく(適度な塩分を残す)
2:乾燥パスタをアルデンテに茹でる
3:粗く刻んだアーモンド、種を除いて刻んだトマト、ケッパー、バジル、
 オリーブオイルをミキサーでペースト状にする(アーモンドの粒が残る程度)
4:ミキサーからボウルに移し、粉チーズを混ぜ込み、オリーブオイルを加え、
 馴染ませてから、茹で上がったパスタに和える

サポーリ・エオリアーニ輸入元「EeT ~ da Roma
2018年秋の百貨店イタリアフェア出展スケジュール

 9/19〜30 新宿伊勢丹 イタリア展(※9/25は休み)
 9/26〜10/2 日本橋三越 地下プロモーション
 10/3〜8 札幌丸井今井 イタリア展
 10/4〜10 大分トキハ イタリア展
 10/17〜22 新潟伊勢丹 イタリア展
 10/17〜23 鹿児島山形屋 イタリア展
 10/24〜30 日本橋三越 地下プロモーション
 10/31〜11/6 阪急梅田本店 イタリア展
 11/14〜19 静岡伊勢丹 イタリア展
 11/14〜20 新宿伊勢丹 プラドエピスリー

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 01:54 | カテゴリー : Cuccina Italiana/| カテゴリー : Libro e Cinema, Arti ,Musica 書籍と映画, 芸術, 音楽/| カテゴリー : @Taverna Carlo

2018/08/26

魚舞う魚醤ジェラート Gelato Cetarese con alici secchi

トッピングはチンアナゴさながらの煮干し3匹 (笑)


 大阪の街全体が、スチームオーブンレンジで加熱されているかのような平成最後の夏。ギラつく日差しで目の前が白っぽくなり、ボーッとする意識の中で白日夢の妄想バカンス@ナポリを満喫しました(トホホ...)。

 熱帯夜が明けた本日の大阪。予想最高気温は35℃の猛暑日。かたや向こう1週間のナポリの天気予報を見る限り、最低気温は20~22℃。意外なことに日中でも30℃超えの日はありません。

 リアル避暑バカンス@ナポリ。う~む魅惑的な響きだ・・・。

Golfo_Napoli.jpg


 2回シリーズでお届けした播州赤穂ネタで今回も引っ張りますが、既にメインディッシュはご紹介済み。最後に赤穂で出合ったナポリとその近郊の町ゆかりのデザートを召し上がって頂きましょう。ボナペティート~♪

 ナポリにおいては、ピッツァは〝Piatto unicoピアット・ウニコ〟(☞ 一品完結型の料理)だと考えられています。先付や前菜から始まる改まったコース料理ではなく、一皿で栄養バランスが取れる食事として庶民に受け入れらてきた歴史があります。

coda_aragosta-padrino.jpg

【photo】この8月にリニューアルオープン5周年を迎えた仙台「Pizzeria Padrino del Shozan ピッツェリア・パドリーノ・デル・ショーザン」は、アマルフィ海岸での優雅なリゾート気分に浸れる。リニューアルオープン直後に食したナポリ菓子「Coda di Aragosta コーダ・ディ・アラゴスタ」

 イタリアの権威ある料理評価本「Gambero Rosso ガンベロ・ロッソ」誌が、Web版で2016年から実施している「Top Italian Resutaurant」の大阪編において、2年連続で選出されたのが、ザ・リッツ・カールトン大阪のイタリア料理「スプレンディード」。その立役者となったのが、2014年12月末に料理長として就任したイタリア中部マルケ州出身のオリアナ・ティラバッシさん。

 スプレンディードがこの夏実施している90分間50種以上のスイーツ食べ放題の「ピーチアフタヌーンブッフェ」に挑む強靭な別腹を備えた乙女ほどのツワモノではないため、前回・前々回のレポートでご紹介したナポリとほぼ同等の30cmサイズのピッツァを平らげた締めくくりは、サックリめの分量で仕上げたいと思います。

b_ornament_11_0L.jpg


 まず1品目は6月24日(日)のドルチェから。「Mio & Tempurina ミオ・エ・テンプリーナ」前稿参照で昼食を済ませた足で向かったのが、1年牡蠣の産地である赤穂市坂越(さこし)

 前もって訪れた「さくらぐみ」で、西川明男オーナーシェフがプロデュースしたナポリ菓子専門店「坂利太サリータ」が市内坂越にあるとの情報を得ていたのです。

salita.jpg

salita(サリータ)〟とはイタリア語で上り坂のこと。坂越の地名にちなんだ店名ですね。

 そんな洒落っ気がある西川シェフが、岡山県倉敷市の美観地区に触発され、築70年の民家を改装。ナポリ菓子「コーダ・ディ・アラゴスタ」をメインとするパステッチェリア坂利太としてオープンさせたのが2015年7月。

 モデルとなった倉敷の黒瓦を頂く切妻屋根と白塗りのなまこ壁や貼り瓦に木組みの格子窓が特徴の二層からなる蔵造りの町並みそのものは、確かに趣あるものです。

 坂越に赴く前日に訪れた倉敷美観地区の目抜き通りには、あろうことか趣味の悪い立て看板や無粋なのぼり旗が乱立。あまりのアイデンティティの無さに幻滅した湯布院「湯の坪街道」ほど地に落ちてはいませんが、せっかくの美観を損なっている印象を抱きました。

sakoshi-st.jpg

 8世紀の中庸まで歴史を遡ることができる赤穂の製塩は、入浜式塩田開発が進んだ江戸期に規模が拡大。商都大坂のみならず、江戸へ向けて塩を荷積みする廻船や西回り航路の北前船が寄港した坂越には、文化庁が日本遺産に認定した景観保存地区の街並みが残っています。

 チュニジアンブルーの暖簾 & サインボードと小さな立て看板に留めた坂利多の外観は、歴史ある坂越地区の景観に溶け込むものでした。

 頻繁にナポリへと足を運び、自他ともに認める〝ナポリばか〟こと西川明男氏だけに、(落書きだらけである点を除けば)歴史ある街並みの景観を大切にするイタリア人に見習ったのでしょう。

b_ornament_11_0L.jpg

 
 笠が閉じた寸足らずの松茸のような形状のスポンジ生地にラム酒のシロップをたっぷり含んだ素朴な「Baba バッバ」、二枚貝状の焼き菓子「Sfogliatella スフォリアテッラ」と同じナポリっ子に愛される伝統菓子のひとつに「Coda di Aragosta コーダ・ディ・アラゴスタ」があります。

aragosta_salita.jpg

【photo】坂利太で購入したマロンクリーム風味コーダ・ディ・アラゴスタ(540円)。チョココロネほどでなくとも、成獣になる前のモスラ幼虫と似ていなくもないかも。福島が生んだ昭和の名作曲家、古関裕而が作曲し、今は亡きザ・ピーナッツの二人が劇中歌として歌った有名なこのフレーズが浮かぶ。♫ Mothra ya Mothra, Dengan kesaktian hidupmu(♫モスラヤ モスラ ドゥンガン カサクヤン インドゥムゥ)☞ れっきとしたインドネシア語なのだそう

 前々日、さくらぐみでデザートとして出されたナポリ菓子のスフォリアテッラは、ラード溶液を塗ったセモリナ粉の生地を極薄に伸ばして幾層にも重ねたタッピと呼ばれる生地を二枚貝のような形に仕上げています。

angela_salita.jpg【photo】見本用にカットされたスフォリアテッラ(左上 税別450円)、坂利太オリジナルのマシュマロを中に仕込んだ「アンジェラ」(右3点 税別480円)、同じくホワイトチョコと生クリームを詰めて表面をブルーベリーで覆った「季節フルーツのブーケ」(左下 税別480円)

 リコッタチーズとセモリナ粉をメインにレモンやオレンジの香りを添えた中身を詰めてから焼成するスフォリアテッラと同じ焼き菓子でも、クリームを後詰めするコーダ・ディ・アラゴスタは、生地の層の間隔が広く、ざっくりしたその形状は、名前が意味する通りにまさに伊勢エビの尾。

 こよなくナポリを愛する西川シェフプロデュースの坂利太では、カスタードクリームベースのコーダ・ディ・アラゴスタと、オーブンで温めて食べるマシュマロベースのクリームを詰めたオリジナル商品「アンジェラ」をメインに置いていました。

aragosti_salita.jpg【photo】こちらはコーダ・ディ・アラゴスタ。アンジェラと同様、坂利太では常時5種類の味を用意(税別450~500円)

 成人女性の握り拳ほどの大きさのスフォリアテッラに対し、坂利太のコーダ・ディ・アラゴスタは15cm近くもあります。ゆえに店頭では食さず、マロンクリーム風味を持ち帰りました。

 夏場は坂越浦で養殖される真牡蠣はオフシーズン。坂越浦の牡蠣エキス入りのソフトクリーム「海のミルク」はありませんでしたが、体感気温が40度近い気温の中を駐車場から移動したカラダが欲したのが、地元の丸尾牧場のミルクを使用した「生乳ソフトクリーム」(税別518円)。

 カップやコーンではなく、ご覧の通りアラゴスタのコーンがソフトクリームの器となるのが坂利太流下画像

gelato_soffice-salita.jpg

 冷房が利いた店内から外に持ち出すと、あっという間に溶け出すのは必至。混雑する店内の隅っこであらかた食べてしまいました。

 ソフトクリームは、素材の良さを物語るコクと滑らかさが際立つプレミアムな食感。アラゴスタと同様、ソフトクリームと生地とを一緒に食べると、ラードを含んだアラゴスタの存在感が勝ってしまいます。当然、クリームを食べ尽くした最後に残るのはアラゴスタ。それが一層その印象を強くします。

 私が知る限りにおいて、ナポリにもアラゴスタの生地を使ったジェラテリアが存在しないのは、そんな理由なのでしょう。

b_ornament_11_0L.jpg  

 2品目は8月5日(日)のドルチェ。Mio & Tempurina ミオ・エ・テンプリーナから海辺の御崎へと向かった目的は、さくらぐみに隣接する手作りジェラートの店「Sciò Sciòショーショー」。

 さくらぐみのスタッフTシャツが目的だった前回とは異なり、2度目の今回はジェラートが目当てです。 

scio-scio.jpg

 冷蔵ケースの中には、ピスタチオ(+100円)・スイカ・温州ミカン・キウイバナナ・イチジクなどのジェラートと、ピーチ・スモモ・マンダリンオレンジのソルベ(=シャーベット)など、色とりどりな18種類のフレーバーが用意されていました。

 その中で、おやっ?と庄イタが思ったのが「チェターラ風」。その言葉にピンと来るアナタは、以前よりViaggio al Mondo の熱心な読者であるはず。

colatura_alici-cetara.jpg 西暦79年に発生したヴェスヴィオ火山の噴火で命を落とした博物学者プリニウスが著した「博物誌」に記載がある通り、塩蔵したイワシを主原料に発酵させた魚醤「Garum ガルム」は、古代ローマ人の食卓に欠かせない調味料でした。

 ローマ帝国の滅亡により忘れ去られたガルムは、13世紀に「Colatura コラトゥーラ」という新たな名前で復活左画像。30年ほど前に一度は途絶えた魚醤を官民挙げた取り組みで再復活させたカンパーニャ州サレルノ県Cetara チェターラ下画像の関係者が、2009年11月に開催された「男鹿・イタリア 魚醤フォーラム2009」で、しょっつるの本場・秋田県男鹿市に集いました。

 千載一遇の機会を逃してはならじと仙台から男鹿までの往復560kmを日帰りで爆走。フォーラムに参加した読み応えたっぷりな詳報を9年前にまとめています《2009.12拙稿io sono shozzurista ショッツリスト宣言」参照》

Cetaramare.jpg 「チェターラ風って、魚醤を使ったジェラート?」

 日本の生活では、ほぼ役に立たないニッチかつディープな庄イタの知識の泉から発した質問に女性スタッフは驚いた様子で問いかけを肯定。その上で、こう尋ねたのでした。

 「頻繁にイタリアに行ってらっしゃるんですか?」

 ひきつった笑いを浮かべながら問いかけを否定しつつも、心の声は、こうつぶやいていました。「Si, tutte le sere. Ma nei miei sogni . (=Yes, every night. But in my dreams.=ハイ、夜な夜な。夢の中でですけどね。)」

 cetarese_scioscio.jpg

 そんな〝イタリアばか〟丸出しな庄イタが注文したのは、探求心をくすぐってやまないチェターラ風とマロングラッセのダブル(上画像 税込480円)。ご覧の通り、トッピングは3匹の煮干し。

 チェターラで作られる魚醤コラトゥーラ(正確にはColatura di Alici コラトゥーラ・ディ・アリーチ)の主材料となるのがカタクチイワシです。

 果たしてどれだけの人が、庄イタのように西川シェフの遊び心を自ずから理解するかは不明ですが、昨今もてはやされるインスタ映えするビジュアル上のインパクトを狙っているのでしょう。

cetarese_scioscio-marina.jpg

 ジェラート自体は、ミルクの甘さにコラトゥーラに由来する潮の風味がいい感じのアクセントになっています。
 
 飾りじゃないのよ煮干しは。ということで3匹とも頭から食べましたが、予想通り、ジェラートとの組み合わせをうんぬんする次元ではないのでした。

 ジェラートから立ち泳ぎで海に還ろうといわんばかりの煮干しの姿から思い起こしたのが、耐えきれない暑さから逃れようと駆け込んだ京都水族館にいたコレ(笑)。

chin-anago.jpg

 サワークリームやジェラートとの相性が良く、粉糖をかけて食するプレーンな「パンドーロ」と並び、イタリアでは主にクリスマスシーズンに少しづつ時間をかけて食べられるドライフルーツが入った菓子が「パネットーネ」《2007.12拙稿「クリスマスところ変われば」参照》

 先月レシピを変更したばかりで、しっとり感がアップしたのだというパネットーネも+300円で追加できます。

b_ornament_11_0L.jpg 


 異常な暑さが続いた大阪でも、先々週の後半は猛暑が一段落。秋の気配を感じるようになりましたが、先週月曜からは再び蒸し暑さがぶり返しています。7月初旬の梅雨明けから続く酷暑を気力で乗り切っていますが、ネイティブ関西人ですら「もうエエ加減、勘弁してほしいわ」と弱音を吐いています。

 そんなさなか、イタリア・トリノ発祥のジェラテリア「GROM グロム大阪店」が9月2日(日)をもって閉店。大阪店の閉店により、GROMは日本市場から撤退することになります。

gelato_grom.jpg

 2003年、北イタリアにおけるスイーツの聖地トリノで1号店がオープンするや、素材を厳選したジェラートは、たちまちにして人気を博しました。2009年には新宿を皮切りに日本進出。関東圏と大阪に店舗を展開し、本場の味を届けてくれた店がなくなるのは寂しい限り。
 
 そういえば、昨年以上に鬱陶しく感じられたクマゼミたちがメスに求愛する鳴き声が、いつの間にか減ってきたように思います。

 枝先に残されたクマゼミの抜け殻に、空蝉(うつせみ)の儚さを思い、ゆく夏を惜しむ8月の最終週なのです。

*****************************************************************

坂利太(サリータ)
・住:兵庫県赤穂市兵庫県赤穂市坂越2083
・Phone:0791-48-8658
・営:10:00~17:00
   毎週火曜・第1水曜・第3月曜定休(祝日の場合は翌日休)
・URL: https://www.facebook.com/salitaaragosta
・Pあり(海沿いのまちなみ保存地区無料駐車場を利用 )
・禁煙 ・カード不可

Sciò Sciò(ショーショー)
・住:兵庫県赤穂市兵庫県赤穂市御崎2-1
・Phone:0791-45-3030
・営:10:00~18:00
   毎週火曜・第1水曜・第3月曜定休(祝日の場合は翌日休)
・URL:https://www.facebook.com/scioscio2018/
・Pあり(伊和都比売神社近く、向かい側の御崎温泉無料駐車場を利用)
・禁煙 ・カード不可

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 11:31 | カテゴリー : Cuccina Italiana/| カテゴリー : ・Fuori Tohoku 圏外遠征

2018/08/12

Mio & Tempurina ミオ・エ・テンプリーナ@赤穂

そこにもナポリの風は吹いていた。


 四方を海に囲まれた温帯モンスーン気候の日本とは様相が異なる中国大陸の気候を基にした二十四節気では立秋を過ぎました。そう言われてみれば、夜の帳が下りた夙川河川敷公園からは、少し気が早い秋の虫の鳴き声が聞こえてきます。

 さりとて太陽が高い時間帯は、拙宅からクルマで12分ほどの距離にある甲子園球場からの高校球児が繰り広げる熱戦を伝えるTV中継でご覧の通り、うだるような暑さが関西では続いています。

 この時季、大阪発祥のパインアメとしょっぱい飴ちゃんをバッグに忍ばせている大阪のおばちゃんにうっかり「食欲の秋到来」などと言おうものなら、「えっ、もう秋やて?何アホなこと言うとんねん!」と突っ込まれそう。

 残暑厳しき列島各地では8月いっぱい夏祭りや花火大会が行われています。

【Movie】毎年8月12日から8月15日の4日間開催される徳島阿波おどりに先立ち、昨年8月11日に徳島市で催された選抜阿波おどり大会前夜祭より。女性の健康美が躍動する法被踊り、たおやかで息が合った妖艶な女踊り、ダイナミックな男踊りからなる各有名連の精鋭によるショーアップされたステージプログラムは見応え十分。courtesy of Tokushima Simbun

 昨年、特に見応えがあったのが、徳島市のアスティとくしま(県立産業観光交流センター)を会場に徳島阿波おどり開幕前日に行われた「選抜阿波おどり大会前夜祭」。各有名連の精鋭が揃った踊り子による演舞は、Bravissimi!!男女問わず最上級賛辞ブラボーの複数形)の一言。

 見る阿呆となった翌日は、市役所前演舞場で初日を観覧。にわか連の一員としても踊る阿呆に。2泊3日の日程で滞在した徳島で、姉妹都市である仙台の夏を彩る仙台七夕でエッセンスに触れた阿波おどりの魅力と、露地ものが旬を迎えた特産のすだちを絞った徳島の美味にどっぷりと漬かりました。

tensuiren.jpg

 日盛りに日なたを歩こうものなら、命の危険を感じるほどだった今年の京都。前祭・後祭とも山鉾巡行ではなく宵山を巡った雅(みやび)やかな京都祇園祭とは対照的に、全速力で辻を曲る勇壮果敢な「やりまわし」で知られる岸和田だんじり祭を、ピエモンテ州クーネオ前世県人会の代わりに庄イタが所属している関西宮城県人会の伝手(つて)で来月訪れる予定です。

 阿波おどりの話題で始まった今回。3年前の2月、出張で訪れた高知で発見したペスト・ジェノヴェーゼ的な万能調味料、葉ニンニクの「ぬた」をViaggio al Mondoで取り上げて以来の四国ネタではありません。《2016.3拙稿「おまさん まっこと上等な「ぬた」を知っちゅうが?」参照》

b_ornament_11_0L.jpg


 蝉時雨と呼ぶには、ただ鬱陶しいだけで全くもって情緒に欠ける 仮に松尾芭蕉が山寺で耳にしても〝閑さや岩にしみ入る...〟の句は浮かばなかったはず)クマゼミが発するNon è bel canto(ノン・エ・ベルカント →「美しい歌」を意味するイタリアオペラ伝統の歌唱法ベルカントとは真逆)な雄叫びをBGMに、ジリジリと焼けつく夏真っ盛りの季節にお届けするナポリ第二弾。

 本来であれば、南イタリア・カンパーニャ州からのバカンス便り!!と申し上げたいところ。

 諸般の事情により(庄イタ的には甚だ不本意ながら)、ナポリまで往復する旅費と時間をかけずとも、十分に納得できるピッツァ・ナポレターナと出合うことができる兵庫県赤穂市が話の舞台です(TT)。

Mio&Tempurina.jpg

 気を取り直して、庄イタの太鼓判とともに皆さまに今回ご紹介するのは、前回レポートした「さくらぐみ」から巣立った女性コンビが活躍するナポリ郷土料理の店「Mio & Tempurina ミオ・エ・テンプリーナ上画像

 さくらぐみを取り上げた前回、ナポリの道化・プルチネッラが描かれた「真のナポリピッツア協会」と「ナポリピッツァ職人協会」の看板を真っ当なピッツェリアを見分ける一つの目安として挙げました。その例外として、自薦の上で審査を受ける協会に未加盟であっても、本場の伝統に則(のっと)った製法と確かな腕を持つ店の具体例として名前のみご紹介したのをご記憶でしょうか。

 2007年に真のナポリピッツア協会日本支部が旭屋出版から発行した「真のナポリピッツァ技術教本」で紹介されている移転前のさくらぐみメンバーとして、身内からマスターと呼ばれる西川明男氏を挟んで、当時ピッツァイヨーラとして活躍していた滋賀出身の松岡佳代子さん下左画像と厨房に入っていた広島出身の柴田美緒さん下右画像のお顔を見ることができます。お二人は都合14年の長きに渡って、さくらぐみでキャリアを重ねました。

antonio_tempurina.jpg antonio_mio.jpg

 その間、松村さんは2度にわたって渡伊。名匠エンツォ・コッツィアのもと、ナポリ「La Notizia ラ・ノティツィア」や、2004年にスローフード協会が設立した「Università degli Studi di Scienze Gastronomiche 食科学大学」で、19世紀まで庶民は手づかみで食べていたロングパスタ下画像や揚げピッツアなどの〝Cibo di strada チーボ・ディ・ストラーダ(ストリートフード)〟やナポリの伝統食に関する講師を務め、師と慕うマエストロ、アントニオ・トゥベッリ氏上画像がナポリで営む「Timpani & Tempura ティンパニ・エ・テンプラ」、そして海の幸に恵まれた赤穂と地理的条件が似ているジェノヴァ近郊のピエヴェ・リグーレ「La Cucina di Gian Paolo Belloni ラ・クチーナ・ディ・ジャン・パオロ・べローニ」でも腕を磨きます。

mangia-maccheroni.jpg

 かたやミオ・エ・テンプリーナではピッツァ以外を受け持つ柴田さんは、ヴェスビオ山の麓にあるオッタヴィアーノに6カ月滞在。イタリアを代表するグルメ評価本Gambero Rosso ガンベロ・ロッソで最高ランクの三ツ星評価を受けるパスティッチェリア「Pasquale Marigliano パシュクアーレ・マリリアーノ」で本場の技と心に触れます。

 穏やかな時間が流れ、美味しい食材と良い水があり、心地よい風が吹き抜ける赤穂の風土を気に入ったお二人は、2013年6月、柴田さんのお名前であり、イタリア語で〝私の〟という意味のMio、そして敬愛するアントニオ・トッヴェッリさんから頂いた〝可愛い天ぷらちゃん〟とでも訳せば良いニックネーム、Tempurinaをドッキングさせた名前の店をオープン。現在に至ります。 

sign-MioTempurina.jpg

【photo】ロードサイドに立つミオ・エ・テンプリーナのサインボード。ロングパスタを手づかみするナポリ伝統の食べ方のシルエット、PIZZE, DOLCI, VINI,( 全て複数形でピッツァ・デザート・ワイン)に加え、気になるのが「TIMBALLI ティンバッリ」。シチリアを含め、南イタリアに異なる呼び名で同様の料理が存在するが、パスタや米とラグーソースやトマトソースなどの具を円柱状に固めたナポリの伝統料理が「TIMBALLO ティンバッロ(単数形)」。〝I PIATTI TIPICI NAPOLETANI〟 (ナポリ料理専門店)と謳っている店の性格を物語る看板に偽りはない

 ちなみに1981年に開店した日本におけるナポリピッツァの草分け的存在、さくらぐみから巣立ったピッツァイオーロ(男性)・ピッツァイヨーラ(女性)の数は、同店の西川オーナーシェフでもすぐには思い浮かばないのだそう。

b_ornament_11_0L.jpg


salone-MioTempurina.jpg

【photo】焼きあがったオーバー30cmサイズのピッツァを乗せたプレートを手にしたカメリエーレ(フロア係)が、所狭しと配置されたテーブルの間を行き交うナポリ下町のピッツェリアというよりは、つい長居をしたくなるようなゆったりとした時が流れるミオ・エ・テンプリーナ

 果せるかな、店内に足を踏み入れると同時に警察犬並みに働く庄イタの〝いい店探知嗅覚〟がビビッドに反応するホンモノだけが持つ雰囲気がMio & Tempurinaには漂っていました。

 感覚的な話なので説明しがたいのですが、良い店には吟味した食材を使用した料理から立ち上る心地よい〝香り〟が漂っていることが少なくありません。時には談笑する先客の表情から、居心地の良さをお裾分けしてもらったりもします。

Forno-MioTemprina.jpg

【photo】グリーンのタイルで覆われた薪窯は、西川明男師匠の門下生ゆえナポリの「Gianni Acunto ジャンニ・アクント」製。薪火の暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモツ松岡さんが選んだ小麦粉は、本場ナポリでトップシェアを誇り、さくらぐみ時代から扱いに慣れた「CAPUTO カプート社」の看板商品で、コシの強い生地に仕上がるサッコロッソをメインに使用。天候や気温によって発酵時間が短いサッコブルなどとの配合割合や水分や塩などの分量を微調整する

Lete-MioTem.jpg ピッツェリアに関しては、店の顔と言える窯の熱源が電気ではなく、食欲をそそる香りを生地につける薪火であるかどうか。そしてそれがハンドメードや国産窯より性能が高く、ピッツァの出来栄えを左右するナポリ製か。生地に使っている小麦粉の袋があれば、その銘柄も気になるところ。

【photo】ミオ・エ・テンプリーナのミネラルウォーターは、セリエA2017シーズンで強豪ユベントスと優勝争いをしたSSCナポリのユニフォームスポンサー「Leteレテ」。採水地はアペニン山脈南部のカゼルタ県プラテッラ村。硬度900以上。同じカンパーニャ州産「Ferrarelleフェラレッレ」と比べて発泡は弱め

 ミオ・エ・テンプリーナでは、イタリアのように家族が揃って和気あいあいと食事ができる空間づくりを心掛けているとのこと。事実、そこではゆったりした時間が流れていました。

 そんな空気感を醸し出す店内のインテリアや調度品からはナポリへの深い愛情、そして伝統への敬意が感じ取れるのでした。            

b_ornament_11_0L.jpg

 前回詳報した6月末にさくらぐみを訪れた翌々日、そして8月初旬にも再訪。味にブレがないことを確認の上で、ミルキーなモッツァレラ・ディ・ブッファラ作りに欠かせない水牛ちゃんが反芻するように胃袋の記憶を呼び戻してみます。

《6/24 アンティパスト》・・・フリット・ディ・ガンベッリ 

fritto-gambelli-cobuto.jpg

赤穂産 小太海老(サルエビ)のフリット。小麦粉でカラッっと素揚げした小太海老の食感が絶妙。殻が柔らかく頭から丸かじりすると、後を引く味噌の旨味が口いっぱいに広がる。お好みでレモンを軽く絞って(860円)

《8/5 アンティパスト 》・・・インサラータ・ディ・マーレ

insalata-mare-mioTenmpurina.jpg

 赤穂の新鮮な海の宝石サラダ ナポリ風。(ウニやアワビをエサにしているグルメな南三陸町志津川湾産の旨味の塊のようなタコの食味にはかなわないが)赤穂からほど近い明石海峡は流れが速く、歯応えのあるマダコの漁場として名高い。エビ、イカ、ひよこ豆と野菜のシンプルなサラダ(1~2人前990円/2~4人前1,510円)

《6/24 & 8/5 プリモピアット》・・・ピッツァ・マリナーラ・コン・ポモドリーニ

marinara-MioTempurina.jpg

 名店の誉れ高い「さくらぐみ」で、西川師匠や兵庫県明石市で「Ciroチーロ」を2004年に開いた先輩の小谷紀三子さんに鍛えられ、さくらぐみの窯を任されたピッツァイヨーラ松村さんの腕前を物語るジューシー&モチモチ&パリパリサクサクな食感が楽しめるマリナーラ。庄イタ的には前々日に古巣で食したピッツァを上回る出来栄え。Brava!!(1,510円)

《8/5 プリモピアット》・・・ピッツァ・クアットロ・スタジオーニ

4stagioni-MioTen.jpg

 四季を意味する名のピッツァ。新鮮な牛乳を使用するフィオル・ディ・ラッテとトマトソースをベースに、手前右から時計回りにパルミジャーノ・レッジャーノ,黒オリーブ,マッシュルーム,ハムをトッピング。バジルの香りと共に4つの味が楽しめる欲張りピッツァ(1,940円)

《6/24 プリモピアット》・・・スパゲッティ・アル・リモーネ

spaghetti-al- limone-MioTen.jpg

 赤穂産エビのシチリアレモンクリームソース。ほのかなレモンの酸味が爽やかなクリームソースと相性の良い太めのスパゲッティに絡む(1,570円)

《6/24 セコンドピアット》・・・アル・フォルノ・デル・ジョルノ

al-forno-del-giorno20180624.jpg

 赤穂産マダイのピッツァ窯ハーブ & レモン蒸し焼き。真鯛の旨味を活かし、味つけはあっさり目の仕上がり(1,990円)

《6/24 & 8/5 カッフェ》・・・エスプレッソ

izzo-MioTem.jpg caffe-MioTem.jpg

 ナポリ発祥のロースター「Izzo イッツォ」創業者が設立したエスプレッソマシンメーカー「My Way」製レバー式マシンでエスプレッソを抽出する松村さん。豆はIzzoほどストロングスタイルではなく、マシンの脇に袋があるナポリのロースター「Passalaqua パッサラックア」の「Mehari メハリ」。スプーンで砂糖を入れてもなかなか沈み込まないキメ細やかで分厚いクレマが香り高いカッフェの美味しさを物語る

Sugawara-in-Tenman-goo.jpg

 こうしてミオ・エ・テンプリーナで登場した料理を改めて思い起こしているうち、リラックスした状況下で行うのだというエサの反芻をしている牛さんのように、タラ~リとヨダレが垂れてきました(º﹃º )。


【photo】京都市上京区の菅原院天満宮神社は、学問の神様である菅原道真が生誕した地に建つ。道真公の産湯となった「初湯の井戸」は、受験や病気平癒にご利益があるとされ、名水の誉れ高い。一般的には龍が多い手水口(ちょうずぐち)だが、牛とご縁が深かった道真公にちなんでそこでは牛。見ようによってはヨダレにも...?。(前稿でダァー!! の雄叫びと共に登場したアントニオ猪木氏と同様、本筋とは無関係です)

b_ornament_11_0L.jpg


 季節ごとに入れ替わるグランドメニューのセコンドピアットには、アクアパッツァ(1,990円)もオンリストしてあります。総じて魚介系の料理は素材の味を削がないよう、シンプルな味つけです。

 赤穂という土地柄を考え、これまでに訪れた2度ともピッツァ以外には魚介系の料理を食べました。肉食系の方には、阿蘇天然ミネラル豚香心ポークのロースト(1,890円)や、北海道池田町産の褐毛和種いけだ牛のビステッカ(2,910円)といった選択肢も。

 海の幸に恵まれ、自然豊かな赤穂は、大阪市内の喧騒を離れてリフレッシュするにはピッタリなロケーションといえます。

sakoshi-ako.jpg

【photo】清流千種川(ちくさがわ)が播磨灘に注ぐ赤穂市街地から川沿いに遡り、坂越(さこし)方面へ。茶臼山からは生島が防波堤となり波静かな天然の良港で、かつて北前船が寄港した坂越湾が一望のもと。坂越浦に浮かぶ生島は天然記念物に指定される常緑樹林帯で覆われ、緑豊かな坂越湾の地形から植物プランクトンが豊富なため、養殖される牡蠣は1年出荷できるほどに成長する

 先日、赤穂を訪れた折は、アルコール発酵した液体に関しては今更申し上げるまでもなく、生食するのも庄イタは大好きなブドウ、安芸クイーンやシャインマスカットなどの高級品種や、珍しい桃など、近隣で生産されるフルーツ類も豊富に出回っていました。
 
 作る人が心豊かで健やかでなければ、心に響く料理は作れないと、松村さん・柴田さんは仰います。まさにその通り。

 アントニオさん仕込みのTimballo Napoletanoも機会があれば食したみたいものです。(アントニオさんの苗字は「猪木」ではなく「トゥベッリ」です。念のため)

*****************************************************************

Mio & Tempurina ミオ・エ・テンプリーナ

・住:兵庫県赤穂市城西町129
・Phone:0791-46-5787
・営:昼 11:30~14:00
   夜 17:30~21:00
   月曜定休
  ※木曜・金曜のみランチセット(1,620円)あり
    サラダ+ドリンク+3種類から選ぶパスタorピッツァ
   その他の日はアラカルトメニューから
・URL: https://www.facebook.com/Mio.e.Tempurina/
・Pあり・禁煙・カード不可

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 23:36 | カテゴリー : Cuccina Italiana/| カテゴリー : ・Fuori Tohoku 圏外遠征

2018/07/29

さくらぐみ @赤穂

そこは紛れもなくナポリだった。


 7月20日(金)、平年より8日早く東北北部が梅雨明けし、日本列島はいよいよ夏本番。23日には埼玉県熊谷市で41.1度を観測し、国内記録を5年ぶりに更新するなど、猛暑を通り越して焼けつくような酷暑が連日続いています。皆さま、どうぞくれぐれもご自愛ください。

parco_utsubo-2018.jpg【photo】緑が比較的少ない大阪市中心部にあって、貴重な緑地帯が靭公園。周辺は良質なイタリア関連ショップの集積度が高く、庄イタの出没率が高い。最高気温が38度に迫る中、シチリア料理を食べた帰りに通りかかると子どもが水遊びに興じていた

 殊勝なことを冒頭に言っておきながら、今回は日本列島をますますヒートアップさせる薪火の対流熱、炉内の輻射熱、そしてピッツァ生地が接する炉床温度が摂氏450度に達するナポリの専業工房Gianni Acunto ジャンニ・アクントの蓄熱性能に秀でた薪窯で焼き上がったばかりの香ばしいナポリピッツァが登場する「さくらぐみ」探訪記となります。

 さくらぐみ訪問といっても、幼稚園の父兄参観ではありません。かつて娘が通った幼稚園のクラスもさくら組でしたが、目指すは岡山県境に近い赤穂市。

b_ornament_11_0L.jpg


 昨年末、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、「ナポリピッツァ職人の技術と伝統」を無形文化遺産として認定しました。2010年にスペイン・イタリア・ギリシア・モロッコが共同提案した〝地中海料理〟という大きなくくりでは認定を受けていたイタリア各地の郷土料理の中で、ナポリの食文化を受け継ぐ職人技が単独の認定を受けた形です。

【Movie】ユネスコが制作したナポリピッツァ職人の技を紹介する動画(伊語・英語字幕)。時代と世代を越えて伝統の技が受け継がれるナポリをコンパクトに紹介。ナポリピッツァを愛してやまない人々によるユネスコ無形文化遺産登録を支持する署名は、「SALVATORE CUOMO & BAR 仙台(サルヴァトーレ・クオモ&バール仙台)」がオープンして間もない2016年の秋にサインした庄イタを含め、全世界で200万人以上にのぼった

 ナポリ王国の庶民食として生まれたピッツァは、イタリア統一後間もない19世紀後半、南イタリアからの移民によってアメリカ大陸に上陸。北米経由でピッツァ文化が輸入された日本では、グローバルチェーンのピザハットやドミノなどの宅配ピザをベースに、ガラパゴス的な進化を遂げてきました。

 日本人が眉をひそめる奇怪極まりない海外の〝なんちゃってSushi〟と同様、ヴェネツィアを発ったマルコポーロが目指した黄金の国ジパングでは、発祥の地ナポリで食されている生地が出来を左右するピッツァ・ナポレターナとは随分と趣が異なる創作系ピザが生まれては消えてきました。

marinala-daisa.jpg【photo】ナポリ発祥のピッツァのひとつ「マリナーラ」のトッピングは、トマトソース・オレガノ・オリーブオイル・ニンニクのみ。ゆえに生地の持ち味をダイレクトに味わえるピッツァ職人にとっての試金石的な存在。ピッツェリア新規開拓にあたって、マリナーラを食することを常とする庄イタ。東京・中目黒「Pizzeria e Trattoria da Isa ダ・イーサ」は、 2011年に発足したUnione Pizzerie Storiche Napoletane - Le Centenarie (=老舗ナポリピッツェリア連盟:通称チェンテナリエ)の日本認定1号店。ピッツェリア評価サイト「50 Top Pizza」が、昨年初めて選んだ日本のNo.1が、見識を疑ってしまう大阪の???な店。汚名挽回とばかりに2018年はダ・イーサを選出。世界チャンプ山本尚徳(ひさのり)さんの手になるこのマリナーラは、生地の絶妙なサックリ&モッチモチ感が素晴らしい。味をしめた再訪時、同じく山本氏が焼いても前回の食感とは微妙な差異があり、シンプルなれど奥深い伝統に培われたピッツァを味わい深く噛みしめた

 たとえば、コルニチョーネ(=ピッツアの縁)にソーセージやチーズが入っていたり、マヨコーンやポテト入りカレーがトッピングされていたり。外来文化を独自に変化させることを得手とするジャポネーゼが編み出したそんな日本式ピザをナポリ人に出そうものなら、顔の高さまで挙げた手の平を左右に振るイタリアンジェスチャーとともに「Ma sei scemo?(=Are you crazy?)」言われるのがオチ。

 およそ味は二の次なあまたのファストフードをグローバルビジネス化し、彼らの日常食を見る限り、味覚音痴の疑いが濃厚なスコットランド系アングロ・サクソンが発明したタバスコソースをピッツェリアでリクエストしてはあきまへん。(☞ 昨今のファミレスはどうか存じ上げませんが、日伊を問わずピッツェリアでは禁じ手扱いのタバスコ。あったとしても、せいぜい唐辛子入りオイル。昨年夏、大阪・天神橋筋のピッツェリアで禁断のタバスコを所望するアラフィフの御仁を目撃した)

b_ornament_11_0L.jpg


〝店選びで失敗したくない人のためのグルメサイト〟を標榜し、一般ユーザーが主観で書き込んだ口コミ情報と5点満点評価を独自のアルゴリズムで数値化する某サイトで大阪市内ではNo.1の評価だと案内された某ピッツェリア。店主が本場での修業経験があるとの触れ込みにもかかわらず、出てきたマリナーラの食パンのようなフカフカの食感は、到底再訪に値するものではありませんでした。

 その点、ピッツェリアのどこかに下記二つの目印があれば、そこが(時に例外はあるのですが)一定レベルのナポリピッツァと出合える店である目安となりうるので、覚えておいて損はしないはずです。(口コミサイトNo.1評価の某店にはどちらも見当たらなかった)

  APN_LOGO.jpg  AVPN_LOGO.jpg

 ピッツァイオーロ(=ピッツァ職人)の地位向上、伝統を重んじナポリピッツァの真髄を広めることを目指す「Associazione Pizzaiuoli NapoletaniAPNナポリピッツァ職人協会【左ロゴ】は、1998年にピッツァ発祥の地・ナポリで設立。世界中のピッツァイオーロが技術を競う競技大会(通称:カプート杯)を2001年から主催。これまで日本人も数々の受賞の栄誉に浴しています。

 職人協会に先立つこと14年。1984年にナポリで設立された「Associazione Verace Pizza NapoletanaAVPN 真のナポリピッツァ協会【右ロゴ】も技術の伝承、製法に関して遵守すべき規定を策定し、正統派ナポリピッツァの普及啓発に取り組んでいます。

 1997年9月、イタリア国外の店としては初めて同協会から認定されたピッツェリアが、兵庫県赤穂市の「さくらぐみ」です。

strada-sakuragumi.jpg【photo】JR赤穂線・播州赤穂駅で御崎(みさき)行きバス乗車。御崎バス停下車。クルマは御崎温泉の無料共同駐車場へ。海の安全を守る伊和都比売(いわつひめ)神社の境内を横切り、カプリ島やイスキア島の路地と雰囲気が似ている通称「きらきら坂」を下った先、左手角のさくらぐみまで徒歩3分ほど

 さくらぐみのオープンは1981年。オーナーである西川明男氏は、2006年に発足した真のナポリピッツァ協会日本支部の支部長を務め、日出づる国におけるナポリピッツァ黎明期を牽引してきました。

 2018年7月時点における真のナポリピッツァ協会の認定店舗数は日本国内に75店舗。これはイタリア国内を除けば、イタリア系移民が多いアメリカ合衆国の104軒に次ぐ多さです。

ilPizzaiolo-sendai2017.3.12.jpg【photo】ナポリピッツァ職人協会からマエストロの称号を与えられた千葉壮彦氏が、自身が在籍時に真のナポリピッツァ協会の認定店となり、後輩の育成にも尽力した「ピッツェリア・パドリーノ・デル・ショーザン」から独立。新たな挑戦として生地に使用する小麦粉のメイン銘柄をIaquone(ヤコーネ)に変更し〝真のナポリピッツァ協会の看板はもう要りません〟と、自然体で2015年10月に仙台市青葉区台原に開いた「il Pizzaiolo イル・ピッツァイオーロ」。転居の挨拶を兼ねて2017年3月12日にお伺いした折、フル回転の忙しさにもかかわらず、千葉さんのご好意でひと手間を要するMezzo mezzohalf & half)で頂いた飛び切り香ばしいマルゲリータとマリナーラ

 誤解の無いよう繰り返しますが、大阪市北区浮田「La Pizza d'Oro ラ・ピッツァ・ドーロ」や、さくらぐみ出身の女性コンビがタッグを組む赤穂市城西町「Mio & Tempurina ミオ・エ・テンプリーナ」のように同協会加盟店でなくても、イタリアや日本国内で腕を磨いたピッツァイオーロの独立などにより、美味しいナポリピッツァを提供する店は日本各地に存在しています。

b_ornament_11_0L.jpg


 休日出勤の代休を取った6月末の金曜日。ピッツァ・ナポレターナと本格海鮮ナポリ料理を提供する予約困難で知られるさくらぐみを訪れるべく、江戸城内での刃傷沙汰で断絶に追い込まれた浅野家が1661年(寛文元)に築城した赤穂城址がある市街から、千種川を渡って南端の赤穂御崎まで南下。

 赤穂城三ノ丸大手門近くで営業を続けたさくらぐみは、2010年4月に現在の場所に移転。そこは波静かな瀬戸内海に面しており、ナポリ湾に面したサンタ・ルチア地区のごとき抜群のロケーション。下画像

Sakuragumi-mare.jpg

 真のナポリピッツァ協会による審査を92番目にパスしたことを示すパーラを手にしたナポリ伝統の仮面劇に登場する道化プルチネッラと Sakuragumi a Mare(=海のさくらぐみ)と記された看板から沖合に目を転じれば、西島と家島が重なるように水平線と交わり、西の彼方にはオリーブオイルの産地・小豆島も認められます。

 それは紺碧のナポリ湾とピュアな青空とのはざまにカプリ島やイスキア島が遠望できる晴れ渡ったサンタ・ルチアからの眺望に相通じるものがあります。

terrazza-sakuragumi.jpginoki-bom-ba-ye.jpg【photo】御崎のロケーションに惚れ込んだ西川シェフの夢をひとつの形にしたテラス席。簀子(すのこ)越しに届く日差しは優しく、潮騒を乗せた風が吹き抜けてゆく心地よさは、洗濯物がはためく混沌としたナポリの路地裏よりは、ヨーロピアンリゾート気分に浸れるカプリ島やイスキア島さながら。come il Paradisooooo !!!!! 楽園ダァーーーー!!!!! 

b_ornament_11_0L.jpg

 まだ昼の暑さの余韻が残る18:00、広々とした店内に案内されました。さくらぐみのCena(チェーナ=夕食)は、お任せのコース料理(2名より/1人:6,300円~)となります。

 予約にあたっては、血の香りがする fegato(レバー)NG素材である点や、コース料理の中で30cmクラスのナポリサイズのピッツァが1人1枚ではボリューミーであろうこと、そしてドルチェにスフォリアテッラを食べたい旨の希望は伝えていました。

sakuragumi-forno-acunto.jpg【photo】ピッツェリアの店内で気になるのがピッツァ窯。オーダーメードの薪窯にはその店の個性が現れる。さくらぐみオーナーシェフの西川氏が代表を務めるイタリア食材専門商社の山陽水産が輸入代理店となるGianni Acunto製。席からのアングルのため分かりにくいが、炉の部分が燃え盛るヴェスヴィオ火山をかたどっており、排煙口を覆う造作はプルチネッラの仮面

 庄イタにとってのナポリピッツァがメインのピッツェリアでの飲み物の定番は、口の中をリフレッシュしてくれるガス入りミネラルウォーターか辛口ジンジャエール、アルコール飲料なら最良の選択はビールであって、ピッツアが目的ならばワインを選択することはありません。

 さくらぐみでは地場の新鮮な魚介中心のカンパーニャ州の料理を食べさせてくれるはず。そこで組み合わせを考慮してワインリストから選んだのは、同州産のヴィーノ・ビアンコ。1996年創業の新参ですが、現在はビオディナミ農法に移行している「Viticoltori De Conciliis デ・コンチリス 」という各方面から高い評価を受ける作り手です。

 選んだのは、マスカット系の甘みを帯びた香りとドライな飲み口がエキゾチックな「Zibibbo ジビッボ」(=Moscato di Alessandria=マスカット・オブ・アレキサンドリア)と並んで、南イタリアで注目に値するギリシャ起源で古代ローマ以来の歴史を有するブドウ品種「Fiano フィアーノ」から醸した「Cilento Fiano D.O.C Donnaluna 2009チレント・フィアーノDOCドンナルーナ2009」。

cilento-fiano2009.jpg cilento-fiano.jpg

 アマルフィ海岸からサレルノを経てレッジョ・カラブリアに向かう途中、サレルノ湾の最南部にギリシャ・ローマ時代の世界遺産パエストゥム遺跡があります。10kmほど内陸部に入った火山灰土壌の丘陵地帯に位置するブドウ畑は、昼夜で風向きが変わって生じる寒暖差が理想的な環境を生むのでしょう。10年近くの時を重ね、綺麗に熟成した南イタリアのヴィーノ・ビアンコをリストに載せている店は、そうはありません。

b_ornament_11_0L.jpg

 それでは、素晴らしい飲み口だったフィアーノの香りを反芻しつつ、この夜のコース料理をおさらいします。

付き出し水牛モッツァレラ・フレッシュミニトマト・生トウモロコシ(ゴールドラッシュ)・タラバガニ・コブトエビ(サルエビ)・大間産生ウニのコンポート コンソメジュレ風味
 
sakuragumi-a1.jpg ナポリから空輸されたミルキーなモッツァレラと糖度が高いミニトマトという鉄板の組み合わせと、ピッチピチな海の幸。つなぎ役のコンソメの旨味が演出する一体感


アンティパスト:1皿目甘海老・焼目をつけた陸奥湾産ホタテ・赤穂坂越湾産イワガキ・アスパラガス・自家製ポモドーリセッキ 紫キャベツほか野菜のブロードのズッパ

sakuragumi-a2a.jpg

具が盛り付けられた皿が運ばれたところに料理人としての正装であるコックコートではなく普段着っぽい(?)半袖シャツ姿の西川明男シェフが、中にスープが入ったガラスポットを手に登場。サーヴを終えるとその後姿を見なくなった

sakuragumi-a2b.jpg


アンティパスト:2皿目淡路産タマネギ・小太海老(サルエビ)のフリット・フルーツトマト添え 花ズッキーニの小太海老インボルティーニ レモンを絞って

アンティパスティ・ミスティ(=前菜盛り合わせ)。昼間に偵察したスーパーで予習済みのこの時季に旬を迎えた体長10cmほどの小太海老は、頭ごと食すると旨味の塊となる。肝心の画像を押さえるのを失念(TT)。senza photo... Mi scusi.


アンティパスト:3皿目(カツオ)の炙り アボカドとグリーンオリーブのソース 千切りジャガイモのフリット

kazzo-sakuragumi.jpg 表面に火入れした鰹をクリーミーなペースト状になったグリーンオリーブ&アボカドとマッチする一皿

 
パスタ料理手打ちオレキエッテ フレッシュトマトソース

primo-2018sakuragumi.jpg (特に中部以南出身の)イタリア人のDNAをくすぐるシンプルイズベストなトマトソースで味付けした大ぶりな耳たぶ型パスタ


ピッツァ(ハモ)と万願寺唐辛子 ゴルゴンゾーラのマリナーラ, 水牛モッツァレラチーズのアッフミカータ風味のマルゲリータ

pizza2018.6_sakuragumi.jpg コース料理ではプリモピアット扱いのピッツァ。アンティパストが3皿だったこともあり、1枚を2名でシェアするハーフ&ハーフで用意され胸をなでおろした。関西の夏に欠かせない鱧と京野菜の万願寺唐辛子、フレッシュトマトをトッピング。鱧料理の定番「炙り」のように香ばしい仕上がり。相方は王道のマルゲリータと思いきや、モッツアレラチーズをスモークしてあり、コクが増した変化技だった


セコンドピアット鱧の軽いフリット 松の実とレーズン 炙りモッツァレラ  パプリカとアンチョヴィのソース サマートリュフ風味 

secondo2018.6-sakuragumi.jpg 尾頭付きの鱧が2尾登場!ではなく(笑)、料理は絵皿の中心。


ドルチェ & カッフェ スフォリアテッラ 瀬戸内レモンのジェラート エスプレッソ

dolci2018sakuragumi.jpg cafffe2018sakuragumi.jpg

リクエスト通りナポリ菓子の代表格、薄いパイ生地が幾層にも重なった中にリコッタチーズとオレンジピールが入ったスフォリアテッラが登場。極薄に伸ばした生地に使用するラード由来の油っぽさが少ない方が、芦屋「amarena」のようにカラっとしていてモアベターな印象。エスプレッソはナポリスタイルのロースターCaffè Delizia カフェ・デリツィア

 赤穂愛とナポリ愛を感じたコース料理を堪能すること3時間。21時ぐらいから混み始めるスロースターターなナポリなら、日付が変わっても互いに言いたいことを言い合って相手の話などロクに聞いてはいない宴は続きますが、ここは赤穂。名残は尽きませんが、潮時でした。

Maglia- ufficiale-SAKURAGUMI.jpg

 今年2月、レストランと隣接した一角に山陽水産取り扱いのグラニャーノ産パスタなどのイタリア食材、自家製パネットーネ、プレートなどのグッズ、シチリアのハンチング帽「コッポラ」などを扱う「Scio'Scio'ショーショー)」がオープン。オリジナルレシピのジェラートを頂くこともOK。ですが、21時過ぎにさくらぐみを出た時点でScio'Scio'は営業時間を過ぎていました。

 その日は赤穂温泉に滞在後、倉敷・岡山まで足を延ばした翌々日、再び赤穂に戻ってきた折、デザインが数種類あるスタッフTシャツ(1枚2,980円)の中から、かつてマラドーナが所属したSSCナポリのチームカラーである水色バージョンをゲット。

 こうしてめでたくユニフォームを確保。さくらぐみ編入を果たしたところで、おのおのがた、おしまいでござる。

*****************************************************************

さくらぐみ

・住:兵庫県赤穂市御崎2-1
・Phone:0791-42-3545
・営:昼 11:30~15:30(L.O. 13:30)
   夜 18:00~22:00(L.O. 20:30)*3/20~10/10
     17:00~21:00(L.O. 19:30)*10/11~3/19
   毎週火曜,第1水曜,第3月曜定休(祝日の場合は翌日休)
・URL:http://www.vera-pizza-sakuragumi.co.jp   
Pranzo シェフお任せランチコース 3,990円(2名から)
Cena シェフお任せディナーコース 6,300円(2名から)
    1名の場合 3,990円~応相談
 

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 17:22 | カテゴリー : Cuccina Italiana/| カテゴリー : ごちそうさまでした/| カテゴリー : ・Fuori Tohoku 圏外遠征

2018/07/16

祇園祭 2018 宵山、そしてナポリ。

【はじめに】

 西日本各地に甚大な被害をもたらした梅雨前線が日本海へと北上した7月9日(月)、九州北部・中国・近畿・東海・北陸地方は一斉に梅雨明けが宣言されました。
 平成になって最多となる200名以上の犠牲が西日本各地で生じた大雨が残した容赦のない爪痕を見るにつけ、猛威を振るうことなく梅雨明けしてくれれば良かったものを、と恨み節を漏らさずにはいられません。
 もはや日本全土が災害から無縁ではいられない現実から目をそむけることは許されません。〝自分は大丈夫だろう〟という「正常性バイアス」による油断は禁物。
 まずは居住地域がハザードマップの被害想定区域にあるかを確認。気象庁のHPなどから情報収集に務め、情報入手ツールが限られる高齢者世帯など近隣に声を掛け合い、迅速に避難行動を起こすことが身を守ります。
 気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名した豪雨禍で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


b_ornament_136_0M.jpg

Naginatahoko2018yoiyama.jpg【photo】巡行の順番が毎年くじ引きで入れ替わる山鉾巡行で、くじ取らずと呼ばれ、前祭(さきまつり)の先陣を切るのが長刀鉾(なぎなたほこ)。宵山を迎えた7月14日。最高気温が38.5℃に達した昼の余韻を残す京都・四条通に涼を呼ぶ祇園囃子が響く

 災害や疫病が全国各地で頻発した貞観年間の869年、当時の国の数に由来する66本の鉾を立て、厄疫退散を願う祭礼を京都・八坂神社で執り行った故事を起源とするのが、京都祇園祭です。室町期に始まった山鉾巡行は、15世紀中庸には現在と変わらぬ数の山鉾が繰り出し、真夏の都大路を彩ったといいます。

 日本人の繊細な感性が磨き上げた様式美の極みともいうべき祇園祭ですが、長い歴史の中で順風満帆な歩みをしてきたわけではありません。

tokuyasama2018yoiyama.jpg【photo】謡曲に題材をとった木賊山(とくさやま)の駒形提灯に明かりが灯る宵山初日。暮れなずむ京町屋の前を浴衣姿の人々が行き交う下京区仏光寺通西洞門院西入にて。

 15世紀、都を荒廃させた応仁の乱では、山鉾のほとんどが焼き尽くされます。宝永年間・天明年間に発生した2度の大火、そして幕末の動乱では、劫火が街並みを包み、山鉾の多くが灰塵に帰しています。こうした災禍が襲う都度、京の都人たちは、たゆまぬ熱意をもって復興を遂げてきました。 

【Movie】笹の葉で作り、山鉾ごとにご利益が異なる縁起物の厄除け粽(ちまき)売りの声と祇園囃子が祭りの風情を醸し出す。毎年、前祭の先陣を切る長刀鉾と同様、最後尾の殿(しんがり)を務めるくじ取らずの絢爛豪華な船鉾(ふねほこ)。下京区新町通綾小路下ルにて

 山鉾巡行を控え、提灯の明かりが灯る中、コンチキチンの祇園囃子が流れる宵山初日の京都、そして京都と大阪との境界に位置するジャパニーズウイスキーの故郷・山崎をこの3連休に訪れました。

 ウイスキー造りに適した山崎の地は、桂川・宇治川・木津川が合流して淀川となる地。水温が異なる川が交わるため、スコットランドと同じく霧が発生しやすい環境で湿度が高く、体感的にキツいのなんの。

 最高気温が摂氏39度に迫る勢いだったこの日の京都。熟成庫で眠りについていた原酒たち下画像からは、樽から揮発する濃密なアルコール成分が立ち込めており、深呼吸をするだけで、いい気持ちになれそう。

vat_yamazaki-Suntory.jpg

 海外での評価が高まり、国産シングルモルト原酒が品薄になって久しい昨今。90分のサントリー山崎蒸溜所での見学・試飲では、ホワイトオーク樽原酒、ワイン樽原酒、シングルモルト山崎をテイスティング。

 有料テイスティングカウンターでは、この先数年は滅多にお目にかかることが出来ない山崎25年、白州25年、響21年(各15mℓ 2,900円)、山崎18年、白州18年(各15mℓ 600円)などをストレートで試飲下画像。シェリー樽原酒の個性が際立ち力強い山崎18年、白州の持ち味である爽快さに深みが加わる白州25年、そして時が磨き上げた円熟味が素晴らしい響21年が特に印象に残りました。

DSCF5449-001.jpgDSCF5458.jpg

 山﨑蒸留所の仕込み水と同じ水脈だという伏流水「離宮の水」が湧き出す「水無瀬神宮(みなせじんぐう)」へと向かって歩き出してからも、摂取したアルコール分が全身の汗腺から揮発してゆくかのよう。酔いは回らずとも、強烈な日差しと暑さで目の前が次第に白くなってきました。

 千年の都・京都とは姉妹都市であり、溶け出したアスファルトの路面にハイヒールが刺さるサウナ風呂のごとき8月のフィレンツェの熱気を彷彿とさせたその日。朦朧とした頭に蜃気楼のように浮かんできたのは、サンタルチア通り沿いにスイカ売りの屋台が並ぶ真夏のナポリの光景。

Napoli-vesuvio-capri.jpg

 南イタリア特有の強烈な日差しを受けてキラキラと輝くナポリ湾。ソレント半島まで延びるヴェスヴィオ山のなだらかな稜線が果てる先は、皇帝アウグストゥスやティべリウス帝も愛してやまなかった楽園カプリ島上画像

 そんな幻影が瞼の奥に浮かんできたのも無理からぬこと。その日は〝海の日〟なのでした。

Golfo_Napoli.jpg

 ナポリ方言で歌われるカンツォーネの中で、最もポピュラーな曲が、こんな歌い出しで始まる「'O sole mio オー・ソレ・ミオ」でしょう。

 Che bella cosa e' na jurnata 'e sole, 太陽が輝く日の何と美しいことか
 n'aria serena doppo na tempesta!   嵐は去り、空は澄みわたる
 Pe' ll'aria fresca pare già na festa   すがすがしい空気は祭りの日のよう
 Che bella cosa e' na jurnata 'e sole  晴れ渡った日の何と美しいことか

 Ma n'atu sole    しかし、もう一つの太陽は
 cchiù bello, oje ne'  さらに美しい。
 'o sole mio      私の太陽は
 sta nfronte a te!   君の顔で輝く

Vedi Napoli e poi muori (=ナポリを見て死ね)〟とまで称賛される風光明媚なナポリ愛を歌った曲かと思いきや、ちゃっかり女性の美しさを褒め称えるあたりは、さすがイタリア男。

【Movie】世紀の競演と前評判が高かったコンサートを締めくくったアンコール2曲目「Nessun dorma 誰も寝てはならぬ」に先立つ同1曲目が'O sole mio。イタリア中部モデナ出身パヴァロッティv.s.マドリード出身ドミンゴ&バルセロナ出身カレーラスの歌合戦。キングオブハイCが、演出過剰なビブラートを利かせた歌唱を披露すると、負けてはならじとスペイン無敵艦隊が応じる之図

 ナポリ生まれの詩人ジョヴァンニ・カプッロのロマンティックな詞にエドゥアルド・ディ・カプアが情熱的な旋律をつけ、1898年に世に出たこの曲を十八番とするルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの名テノール3人が、ローマ・カラカラ浴場跡で初共演したのが1990年。
 
 それは、FIFAサッカーワールドカップ・イタリア大会の前夜祭として企画され、6,000席が用意されたプレミアチケットは10分で完売。公演の模様を収録したCDはクラシック音楽としては空前のセールスを記録。'90年代の愛聴盤のひとつでもありました。

Golfo_Napoli.jpg


 雨が降り出すたびに機嫌を損ね、その都度ピットインした正規ディーラーのメカニックでもトラブルの原因を特定しかねたミラノ・ピニンファリーナ工場製の先代Macchina Rossaに翻弄され続けた痛すぎるイタ車ライフも今は昔《2009.3拙稿「場の空気に関する一考察」参照》

 同じ赤のメタリックボディでも故障知らずで、ボディ形状も先代と似ていなくもない広島製アルファロメオこと、イタリアなど欧州ではMazda3と呼ばれるアクセラで兵庫県赤穂市を訪れたのは、梅雨の晴れ間の6月末のこと。

 その日、ジョルジャなどのイタリアンポップスとともに、パヴァロッティがアンコール前のメドレーでは至極真っ当に歌い上げた'O sole mio、そして20世紀初頭に活躍したナポリ出身のテノール歌手、エンリコ・カルーゾ(1873-1921)の晩年を描いたCarusoカルーソが車内には流れていました。

【Movie】音楽を通じた交流があったポピュラー音楽のアーティスト14人とパヴァロッティが1992年に共演したコンサート「Pavarotti & Friends」。病に倒れソレントで療養するエンリコ・カルーゾの魂の叫びを綴った曲Carusoを作曲者のルチオ・ダッラと熱唱した

 Qui dove il mare luccica, e dove tira forte il vento  海は輝き、強い潮風が吹き抜ける
 sulla vecchia terrazza davanti al golfo di Surriento   ソレント湾を望む古いテラスの上で
 Un uomo abbraccia una ragazza           男は若い女を抱きしめる
 dopo che aveva pianto                涙が乾ききらぬままで
 poi si schiarisce la voce e ricomincia il canto       声の調子を整え、再び歌い始める

 Te voglio bene assai                愛している
 Ma tanto tanto bene, sai               狂おしいほどに
 È una cantena ormai                 固い絆で
 che scioglie il sangue dint'e vene, sai         血潮は沸き立ちそうだ

sorrento-caruso.jpg【Photo】イタリア国内で成功を収めて渡米したエンリコ・カルーゾ(日米ではエンリコ・カルーソと発音)。テノール歌手としての円熟期に病に冒され、ここソレントで再起を期すも病状は回復せず、郷里ナポリで没した。享年48。不世出の歌劇王として名声を得たカルーゾは、ナポリ湾の彼方に沈みゆく夕陽に何を思ったのだろう

 47歳というキャリアの絶頂期にNYで病に倒れ、ナポリ湾に面した景勝地ソレントで療養生活を送る歌劇王。歌にかける情熱と諦念が入り混じった晩年の生きざまを、ボローニャ出身の歌手ルチオ・ダッラが情熱的な歌詞で表現しています。そんな曲でイメージトレーニングをしていたのには、れっきとした理由がありました。

 次回は、関西に居を移したからには、是非もので訪れたいと思っていた兵庫県赤穂市にあるピッツェリア&海鮮ナポリ料理の店「さくらぐみ」訪問レポをお届けします。

baner_decobanner.gif"ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 23:40 | カテゴリー : ITALIA/| カテゴリー : Libro e Cinema, Arti ,Musica 書籍と映画, 芸術, 音楽/| カテゴリー : イベント&催し/| カテゴリー : ・Fuori Tohoku 圏外遠征

2018/06/19

夕陽に燃え立つ萌える絶景@砺波

I've seen things you people wouldn't believe, reprise
2018 初夏。散居、ふたたび


 近畿・東海・関東甲信地方に梅雨入り宣言が発表されたのが6月6日。関西地方の平均的な梅雨入りは6月7日だそうで、ほぼ例年通りのタイミングです。

ajisai_shukugawa.jpg【Photo】夜半から降った雨が上がった夙川(しゅくがわ)公園アジサイ園の朝。野坂昭如の小説「火垂るの墓」の舞台となった満地谷にほど近い苦楽園口橋付近で蛍が舞う頃になると、公園の一角に設けられたアジサイ園が青や紫に色付き始める上画像

 10日に東北南部と北陸が、11日には東北北部が梅雨入りし、梅雨のない北海道を除いて日本列島は今年も雨の季節を迎えました。農作物にとっては欠かせない恵みの雨も度を越せば意味合いが違ってきます。

【Photo】1907年(明治40)、大阪で砂糖問屋を営む香野蔵治と櫨山慶次郎が開設した香櫨園(こうろえん)遊園地の唯一の名残が、ウオーターシュートが設けられていた夙川公民館に隣接した片鉾池。今年は陽性の梅雨だという6月の日曜日。気温が上がった梅雨の晴れ間、ウシガエルの合唱が鳴り響く池がある夙川河川緑地で涼を添える青のアジサイ下画像

IMG_3811.jpg 記憶に新しいところでは、梅雨真っ盛りの昨年6月30日から7月6日にかけて九州北部で断続的に発生した線状降水帯により、24時間雨量が600mmに達した九州北部豪雨では、福岡大分両県で40名が犠牲となりました。発生から間もなく1年となる現在も、1,100人以上が応急仮設住宅で不自由な避難生活を送ります。

 数年に一度あるかどうかという豪雨が予想される場合に出される記録的短時間大雨情報、ないしは災害発生の危機が迫っている事を意味する大雨特別警報の発令が、ここ数年全国各地で頻発しています。自助共助の精神で、大切ないのちを守る物心両面の備えを日頃からしておきたいものですね。

aKibitsu-Okayama.jpg【Photo】吉備津神社(岡山市)は、国内唯一の比翼入母屋造の拝殿・本殿が国宝。社伝によれば、祭神の吉備津彦命(きびつひこのみこと)は、備前國吉備地方の平定に際し、温羅(うら)という鬼を退治したとされ、これが桃太郎伝説のもととなった。カタツムリが木陰の葉の上でじっと雨降りを待つ梅雨の季節、咲き揃ったアジサイ2,000株が境内を彩る

b_simple_70_0L.jpg


 旧暦の6月は水無月(みなづき)と呼びますが、何故に梅雨の季節が〝水が無い月〟なのか、悩んだことがありませんか?

 水無月は、中学校の国語で習った連体修飾語です。主語となる体言(月)を修飾する体言(水)が連なって意味を成す言葉なのですが、ここでキモとなるのが〝無(な)〟ですね。

 古語における〝な〟は、格助詞の〝の〟の役割。よって水無月は、水の月という意味です。謎は解けても〝な〟に〝無〟の字をあてているがゆえに、現代語では本来の意味が曖昧模糊とし、梅雨空のようにモヤモヤ感が残るのではないでしょうか。

izumotaisha _2018.5.jpg

【Photo】多くの参詣客が訪れる出雲大社(いずもおおやしろ)に清冽な気が漲る朝一番の6時に訪れた5月某日。長さ13.5m・太さ8m・重さ4.5tの国内最大級だという大注連縄が下がる拝殿へ上画像。本殿内の神座は西向きのため、拝礼した八足門前から本殿を囲む瑞垣に沿って右回りで本殿脇へと移動し、大国主大神に一番近い場所で二礼四拍手一礼するのが出雲大社の作法。本殿を挟んで東西には19の部屋に分かれた「十九社(じゅうくしゃ)」と呼ばれる南北に長い社がある下画像。閉ざされた19の扉が開くのが旧暦10月11日から17日までの7日間。全国津々浦々から一堂に会する八百万の神の宿泊所となる

izumotaisha2-2018.5.jpg

 大国主(おおくにぬし)が日本各地に配した八百万の子神を出雲大社に呼び戻すため、出雲地方では神存月(かみありづき)と呼ぶ旧暦の10月の別称、神無月(かんなづき)も同じ文脈で、〝神の月〟ですが、日本中から神様が集う出雲地方以外では神不在の月なので、神無月という表記がしっくりきます。

b_simple_70_0L.jpg


 イタリア語で6月はGiugno ジュンニョといいます。これはローマ神話の主神Jūpiter ユピテル(☞ラテン語)Giove ジョーヴェ(☞イタリア語)の妻、 Juno ユーノー(☞ラテン語)Giunone ジュノーネ(☞イタリア語)の名前に由来しています。

Volto_Galleria_Farnese.jpg【Photo】在伊フランス大使館として使われるローマ・ファルネーゼ宮殿1Fには、初期バロック絵画においてボローニャ派を牽引した画家アンニバーレ・カラッチ(1560-1609)の代表作とされる天井フレスコ画(1595-1602)がある上画像Web サイトからの事前申込制で、月・水・金曜日のみ仏・伊・英語ガイドによる内部見学が可能。中央の「バッカスとアリアドネの勝利」など、さまざまな神話の場面を描いた天井画の一部が、この「Giove e Giunone ジュピターとジューノ」下画像

Jupiter_Juno-Annibale_Carracci.jpg

 梅雨のないイタリアでは6月の別名がMese del Sole(=太陽の月)。地中海性気候のイタリアでは、6月ともなれば日差しは強まり、ローマの最高気温は東京・大阪とさして変わりませんが、月間降雨量は40mmと東京の1/4程度。

 6月1日に発足したジュゼッペ・コンテ首相率いるポピュリスト連立政権の登場で、流入する難民受け入れを拒否するなど、EU域内から不安の目を向けられる昨今のイタリア。著作「イタリア紀行」における高揚ぶりが著しいゲーテの例を挙げるまでもなく、緯度が高いドイツ語圏などヨーロッパアルプス以北の人々が憧れる彼の国の青空には、輝く太陽が似合います。

risaia-vercelli.jpg【Photo】ヨーロッパアルプスの雪解け水が大地を潤す5月初旬の北イタリア。米作が盛んなミラノ南方のロンバルディア平原やピエモンテ州ヴェルチェッリ県では、ポー川の水利を活用し、日本の田園地帯とさして変わらぬこうした風景と出合える

 一昨年度の主食用米の作付け面積が138万haの日本に対し、21万5千haの水田面積を有するイタリア。ミラノ南部のロンバルディア平原やパヴィーア周辺地域とともにコメどころとして知られるのが、ピエモンテ州のヴェルチェッリ県。

 庄イタが前世において目にしたであろう、峩々とした白銀のアルプス山脈を映し出すヴェルチェッリの水田地帯を舞台にした映画が、1949年公開の「Riso Amaro(邦題:にがい米)」。

 主演のシルヴァーナ・マンガーノ(1930-1989)は、田植えの季節に現物支給で近郊からMondina(モンディーナ=田植え女)として駆り出される娘を演じており、機械化が進んだ1970年頃まではトリノ駅からヴェルチェッリまで鉄道が運んだ女性労働力が支えた1960年代までのイタリアの米づくりを今に伝えます。

b_simple_17_0M.jpg

 
 ここ2年ほどの庄イタがそうであるように、瑞穂の国というと、最近では安倍明恵首相夫人が関与した「瑞穂の國記念小學院」、そして籠池泰典・諄子夫妻の夫婦漫談を(心ならずとも)思い起こしてしまうと仰る方がおいででは?

 日本国の別称である瑞穂の国は、奈良時代の編纂である日本書紀に「豊葦原瑞穂国(とよあしはらの みずほのくに)」との記載が認められます。8世紀初めに編纂された日本最古の史書である古事記では「水穂国」と記述されますが、同じ意味合いです。

kushimitama_izumo.jpg【Photo】出雲で共に国造りを行っていた少彦名(スクナヒコナ)が去り、途方に暮れる大国主のもとに三輪山の大物主(オオモノヌシ)が現れ、国づくりを手伝ったという記紀の記述を表す「ムスビの神像」が出雲大社の四之鳥居の前にある。大国主の前に「幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)」が波に乗った黄金の玉として出現。強固な神性を備えたムスビの大神となり、国づくりを完遂したという

 これら記紀が伝える神話の時代には弥生時代に日本へと伝来した稲作は伝わっていなかったはず。その出自がギリシャ・ローマにしろ、日本にしろ世の東西を問わず神話の世界は理屈では説明がつかないもの。野暮なことは言わずにおくとしましょう。

miwayama-ookamijinjya.jpg【Photo】三輪山がご神体となるため、拝殿写真中央の奥に本殿を持たない「大神(おおみわ)神社」(奈良県桜井市)は、日本最古の神社を自認。祭神である大物主が蛇神に姿を変えたという伝承にちなみ、木の洞(ほら)から白蛇が出入りする「巳の大杉」は樹齢400年写真左。地元特産の三輪素麺は、白蛇神となった大物主に由来する ... のではない

b_simple_70_0L.jpg


 確かなことは、豊かに葦が生い茂り、瑞々しい稲穂が育つ国を支えるのは、雨や雪がもととなる水であり、作物を育む人の営みであるということ。

 そのいずれかが欠けても出合うことのない景観が形づくられているのが、飛騨高地を源流域とする庄川と石川県境に端を発する小矢部川とに挟まれた扇状地を形成する富山県西部の砺波平野です。

B6FF026FFA417A96D5D78EB0D7A6C4D9.jpg

 9年前の民主党政権時代、高速道路料金一律1,000円の恩恵に預かろうと、GWに仙台から東北道・磐越道・北陸道を経由して岐阜県郡上市を目指したことがありました。《2009.5拙稿「期間限定 散居の浮島」参照》

 そこで遭遇したのが、屋敷林「カイニョ」に囲まれた伝統的家屋「アズマダチ」で構成される国内最大規模の散居集落と水を湛えた水田とが織り成すシンメトリーな光景。田植えシーズン真っただ中に出現していた砺波の田園風景は、強い印象を残したのです下画像

 その時、加賀百万石を支えた一大穀倉地帯の砺波平野でDNAに刻まれたピエモンテの光景が蘇っていたのかもしれません。

tonami_maggio3 (1).jpg

 関西に居を移し、前回の訪問時と比べればはるかに近くなった砺波への再訪は必須のミッションでありました。

b_simple_70_0L.jpg 朝を迎えた郡上八幡では、戊辰戦争で徳川の恩義に報いるため、江戸詰家老だった朝比奈藤兵衛の長男で弱冠17歳の朝比奈茂吉ら、薩長主導の討幕勢力についた郡上藩を脱藩し、会津藩と共に鶴ヶ城籠城戦を戦い抜いた凌霜隊45名の慰霊・顕彰碑がある郡上八幡城へ。

〝勝てば官軍〟は世の常。そんな明治の世にあって、(父である江戸家老の独断であったにせよ)藩命を受け忠義を貫いた朝比奈茂吉らは国賊として投獄・謹慎の身となります。2年4か月後に放免された後も郷里から離散するなど、苦難の人生を歩んだ凌霜隊士の遺徳を偲びました。
 
gokamura.jpg

 合掌造集落がある世界遺産・五箇村上画像を目指した東海北陸自動車道とR304を経て久方ぶりに訪れた砺波平野。今年のGW後半は全国的に好天に恵まれましたが、まさに狙い通りの展開が待ち受けていました。

at Gotani Tonami-shi,Toyama 2018.5.4(FRI) 17:28
tonami1_2018.jpg

 日が傾く時間に向かったのは、9年前には午前中に訪れた散居村展望台と展望広場。そこで巡り合った息をのむ光景に、もはや多くを語る必要はないでしょう。

at Gotani Tonami-shi,Toyama 2018.5.4(FRI) 18:34
tonami2-2018.jpg
at Gotani Tonami-shi,Toyama 2018.5.4(FRI) 18:42
tonami3-2018.jpg
at Gotani Tonami-shi,Toyama 2018.5.4(FRI) 19:04
tonami4-2018.jpg
at Gotani Tonami-shi,Toyama 2018.5.4(FRI) 19:10
tonami5-2018.jpg

b_simple_17_0M.jpg

 気がかりだったのは、9年前の訪問時と比べ、保守管理に手間がかかる屋敷林カイニョと木組みが美しい切妻屋敷のアズマダチ、田植えのために水を張った水田が目に見えて減っていたこと。生産農家の高齢化、消費者のコメ離れと米価低迷は、砺波伝統の美しい田園風景の維持を一層困難にしているようでした。

 それでも幸運なことに、八戸・三社大祭、京都・祇園祭、飛騨・高山祭などと共にユネスコ世界無形文化遺産に登録されている「山・鉾・屋台行事」のひとつ「城端(じょうはな)曳山祭」の宵祭りが砺波平野南端の南砺市城端地区でこの日行われていました。

Jyohana-hikiyama-2018.jpg

 町内6地区ごと「山宿」には恵比寿様や大黒様などの江戸期に製作された6体の御神像がおいでです。京都・祇園の一力茶屋や吉原の遊郭を模した6台の庵屋台に提灯が灯る頃、三味線と笛に江戸端唄の流れをくむ唄い手からなる袴姿の若連中が越中の小京都と呼ばれる城端の街を巡ります。

《若連中による庵唄:再生時に音が出ます》

 江戸情緒溢れる宵祭りに居合わせた翌朝は、絢爛豪華な曳山の巡行も心ゆくまで堪能できるという素敵なオマケまでついたのでした。

baner_decobanner.gif"ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 01:38 | カテゴリー : ・Fuori Tohoku 圏外遠征/| カテゴリー : 水はすべての始まり

2018/05/26

極楽浄土を垣間見てもうた...

2018 Ciliegi Giapponesi
a Patrimonio mondiale Sala della Fenice〝Byodoin〟
2018さくら絶景探訪 第二章 : 世界遺産「宇治平等院」編


 言葉を失う美しさ。光に包まれた浄土が、まさに出現していました。

 そこは2014年(平成26)に完了した平成の大修理で創建当初の色鮮やかさが蘇った京都宇治の世界遺産「平等院」。

byodoin2018.4.0.jpg

 鳥が翼を広げて飛び立つ優美な姿に似ており、江戸時代の初め頃、鳳凰堂と呼ばれるようになったもう一つの由来とされる中堂の屋根に対で頂く黄金に輝く青銅製の鳳凰は1万円札の裏側に、そして中堂を挟んで南北の翼廊からなる平等院の姿が10円硬貨の裏に刻まれています。

 分厚い札束にほくそ笑む拝金主義者は別にして、極楽浄土をそこから思い描くことは到底できないかと下画像

hoo_10milla-JPY.jpg

 ブッダが入滅して1000年の時が経過すると、仏の教えが忘れられ、悟りを得ることのない混沌とした時代になるという末法思想が世に広まったのが平安末期。

 それは4~5年間隔で宇治川が干上がるほどの旱魃(かんばつ)が襲い、各地で飢饉や疫病が発生。平安京でも餓死者が出る時代でした。

gachizosi.jpg【Photo】国宝「餓鬼草紙」平安末期(12世紀・部分)東京国立博物館蔵 岡山の河本(こうもと)家に伝わる巻物。平安末期の六道思想は、生前の行いによって、成仏できずに餓鬼道・地獄道・修羅道・畜生道などに堕ち、6つの苦しみを味わうとした教え。この「塚間餓鬼」は、平安京の鳥野辺などの墳墓地において、身分が高いものは盛り土塚に埋葬され、庶民層は風葬が一般的だった当時の埋葬の様子を今に伝える

 末法を迎えるとされた1052年(永承7)、仏の世界を現世に出現させようと摂政・藤原道長の子頼通は、道長の別荘であった宇治殿(うじどの)を寺院に改装。阿地池(あじいけ)の中島に西方浄土を造り出すべく、翌年完成したのが、現在は平等院鳳凰堂と呼ばれる阿弥陀堂です下画像

byodoin2018.4.3.jpg

 ちょうどその頃、10万人以上が暮らし、平安京に次ぐ人口規模の都市だった岩手県平泉では、奥州藤原氏によって中尊寺金色堂や毛越寺、平等院を模した無量光院などの世界遺産群が造営されています。これは大和朝廷によって「征夷」の名のもとで繰り返された坂上田村麻呂の蝦夷征伐や前九年の役、さらには初代清衡は内紛で妻子を惨殺されており、多くの犠牲を生む争いのない浄土を再現しようとしたもの。

 そこでは官軍も蝦夷も関係なく、人が生きてゆく糧となったこの世に生きとし生けるもの全てが浄土に導かれるようにという願いが込められていました。そんな切なる願いも空しく、1189年(文治5)源頼朝によって奥州藤原氏は滅亡。全てが黄金に輝く極楽を再現した往時の姿を今に留めるのは中尊寺金色堂だけとなりました。有為転変は世の習い。あぁ無常。

line-hoou_dou.jpg

 昨年の紅葉シーズン、平等院では15年ぶりに夜間拝観が行われました。それに先立つ一昨年11月、庄イタは伊達政宗の嫡孫(ちゃくそん)で、19の若さで早逝した光宗の霊廟として1647年(正保4)に松島に開山した「円通院」を訪れていました。

sankeiden2016.11.13.jpg

【Photo】円通院三慧殿(国指定重文)上画像には束帯姿で騎乗する伊達光宗像を収めた桃山様式の厨子が収められる。下画像伊達家の家紋のひとつ九曜紋とともに、慶長遣欧使節としてスペインやローマに渡った支倉六衛門常長が初めて日本に持ち込んだバラとスイセンが、ローマとフィレンツェの象徴として左右の扉に描かれる。交易を求めたローマ法王への謁見を成し遂げながら、禁教令のため帰国後は蟄居となった常長の無念も浄化されたのだろうか

date-mitsumune.jpg

 その目的は夜間拝観。昼とは趣を異にする闇を照らすライトアップの光に照らされた円通院は強い印象を残しました。

entsuin2016.11.13.jpg

 仙台藩江戸屋敷にあった小堀遠州作の庭園と本堂・大悲亭を移築した円通院。本堂前の「心字の池」には、ライトアップされた紅葉がホログラムと化し、水面に幻想的なシンメトリーで映し出されていたのです上画像

line-hoou_dou.jpg 
 桜の見頃に合わせ、平等院で夜間拝観が実施されることをニュースで知ったのは、吉野山を訪れた翌々日のこと。

byodoin-gate.jpg

 仕事を終え、北浜駅から京阪電車で向かった宇治駅までは1時間弱。宇治川を渡り、茶どころ宇治ならではの店が並ぶ門前街を移動。駅から10分ほどで夜間拝観が始まる18:30過ぎには表門に到着しました。

 600円の夜間特別拝観料を支払い、古代の建造物に使われた丹土(につち)で落ち着いたベンガラ色に塗り直された表門から境内へ。その先は京都の名だたる観光スポットでは避けては通れない人また人の波。 

 真正面に鳳凰堂を見るビュースポットは入れ替え制になっており、人びとはそこを目指して5,6人ずつ横一線で並んでいます。

 それでも京都の有名な観光地には昨今つきものの古都の情緒を台無しにする中国語やハングルによる耳を突き刺す大声を張り上げての会話はあまり聞こえて来ません。何故ならば、阿地池を挟んで斜めからのアングルの鳳凰堂が、極めてフォトジェニックゆえ、行列をなす誰もがスマホやカメラでの撮影に余念がないのです(笑)。

byodoin2018.4.4.jpg

 死後の極楽浄土さながらに此岸(しがん)から蓮池を挟んだ彼岸の鳳凰堂は、正面が東に向いて建っています。つまりは見る者にとって、鳳凰堂は西方浄土そのものであるよう設計されているのです。

 創建当初の姿を蘇らせた平成の大修理に先立つ1950年(昭和25)の修復で使用された鉛を加熱した顔料・鉛丹が剥落したかつての外観は、侘び寂びを感じさせこそすれ、この世に極楽浄土を造り出すという創建に込められた願いは伝わりにくかったはず下画像

pre-Byodoin_hoodo.jpg

 阿弥陀経の経典では、西方の彼方にある極楽浄土は黄金や七宝で出来ており、池には色とりどりのハスが咲き、良い香りがする。美しい鳥の鳴き声は説法となり、極楽に迎え入れられた者は念仏を唱えているとあります。

 落慶当時の彩色や金をふんだんに使う修復計画が発表されるや、異を唱える動きがありました。〝原典に忠実たれ〟は文化財修復の大原則。この世に浄土を顕現させようと創建された平等院に21世紀の価値観や尺度を持ち出すのはお門違いというものでしょう。

 そうは言ってみたものの、現代の照明テクノロジーにより、極楽浄土を彷彿とさせる鳳凰堂が目の前に出現しています。それは平等院を建立せしめた藤原頼道が決して目にすることがなかった到底この世のものとは思えぬ美しさでした。

byodoin2018.4.5.jpg

 そんなことを考えながら行列に並ぶこと35分。鳳凰堂正面に移動すると、中堂の本尊・阿弥陀如来像(国宝)と真向かいに対峙する形に上画像

 発掘調査の折、江戸時代の地層から見つかった種を発芽させたハスの葉が浮かぶ池の州浜は、1990年(平成2)に発掘された平安期の遺構や当時の文献に沿って、握り拳大の礫を敷き詰めて復元されています。

 寄木造技法を確立させた平安後期の仏師・定朝(じょうちょう)晩年の作による本尊・阿弥陀如来坐像がおいでになる中堂前には本尊を照らす開口部が大きく穿たれた石灯籠が置かれています。

byodoin2018.4.6.jpg

 阿弥陀如来坐像を覆い隠すように格子が設けられていますが、顔の部分のみ丸く空いています。カメラのファインダーから目を離し、しばし揺らめく燈籠の炎に浮かぶ阿弥陀如来の姿に思いを巡らせたのでした。

line-hoou_dou.jpg 
byodoin2018.4.7.jpg

 2001年(平成13)に開館したミュージアム「鳳翔館」は、中堂の屋根には金箔が蘇った複製上画像を頂く青銅製の鳳凰、天人や獅子の精緻な彫りが四面に隙間なく施された梵鐘下画像、雲上で古楽器を奏で、印を結び、舞い踊る雲中供養菩薩26体などの国宝をはじめとする平等院の所蔵品を1Fフロアに展示しており、必見です。

byodoin-bonsho.jpg byodoin-bonsho2.jpg

miidera_bonsho.jpg【Photo】平等院の梵鐘は創建当時の鋳造。鐘楼には複製が下がるが、これほど精緻な装飾が全面になされた梵鐘は他に例を見ない。姿形が特に優れた平等院、当代きっての名手が序詞・銘文・揮毫を手がけ「三絶の鐘」の異名を持つ京都・神護寺、音色が美しい滋賀・園城寺(おんじょうじ・別名:三井寺みいでら・右画像とともに、天下の三名鐘に数えられる

 景観を損なわぬよう、半地下構造で造られたミュージアムには、臨終を迎えた者の生前の行いにより、極楽から迎えに来る仏様が異なるとする「観無量寿経」に基づく九品(くほん)来迎図など、中堂内陣の壁画や扉絵、螺鈿を嵌め込んだ天蓋(一部)などを創建当初の色鮮やかな姿で再現しています。

 極彩色で描かれたのは、阿弥陀如来が観音菩薩や勢至菩薩などの仏を伴って雲や蓮に乗って来迎する姿。そこには、混沌とした平安末期にあって、極楽浄土への往生を切望した関白・藤原頼通の思いが込められています。

 鳳翔館の1Fフロアには、中堂壁面の長押(なげし)上の壁面に本尊を囲むように配置された雲中供養菩薩52体のうち、26体を移設して展示しています。そこでは長い戦乱の世を経た11世紀の仏像群としては唯一現存する仏様を間近に見ることができます下画像4点

Byodoin_unchukuyo_nord25.jpgByodoin_unchukuyo_nord15.jpg

 大理石の造型において卓越した才能を遺憾なく開花させ、バロック彫刻の頂点に輝く天才ジャン・ロレンツォ・ベルニーニのみならず、高い精神性を物語る日本の仏像彫刻も愛好する庄イタ。

 その原点は、わが心の故郷・山形県酒田市にある土門拳記念館で高校時代に出合った「古寺巡礼」のマスタープリントでした。リアリズム写真の巨匠は1964年(昭和39)に平等院を訪れ、阿弥陀如来坐像などを撮影。帰りしなに遭遇した〝走る風景〟と表現した刻一刻と表情を変える夕焼け空に飛び立つかのような鳳凰の姿を捉えた名作を残しています。

 2014年(平成26)、東日本大震災復興祈念特別展として仙台市博物館で開催された「奈良・国宝 室生寺の仏たち」では、室生寺で拝観するよりも遥かに間近な距離で、奈良では叶わない12体揃った十二神将像や十一面観音菩薩像とお会いすることができ、感激に浸ったものです。

Byodoin_unchukuyo_nord12.jpgByodoin_unchukuyo_nord5.jpg

 ヒノキ一木彫りによる坐像・立像は、いずれも柔和な表情を浮かべ、美しい調べと共に天上から舞い踊りつつ降臨する姿を立体的に表現しています。本尊を囲んで漆地に華やかな彩色がなされてた当初の姿は、さぞや感動的だったことでしょう。
 
 黄金に輝く阿弥陀如来と雲中供養菩薩とに誘(いざな)われ、夢か現(うつつ)か判然とせぬまま、極楽浄土の入口に立っていたのかもしれません。

byodoin2018.4.8.jpg

line-hoou_dou.jpg 
 夜間拝観が終了する21時直前まで夢のような時を平等院で過ごした庄イタ。JR宇治駅に向かいながら、2019年のロサンゼルスを舞台とするSF映画の金字塔「ブレードランナー」のクライマックスシーンで語られるセリフを思い起こしていました。

 外見は人間と変わらずとも、知力は創造主である天才科学者タイレルに匹敵し、身体能力が極めて高い代わりに4年の寿命しか与えられていない人造人間レプリカント。その最新型ネクサス6型のロイ・バッティは、宇宙植民地で働く仲間3人と反乱を起こし、ロスに潜伏します。その目的は、残された寿命がどれほどか、延命は不可能なのかを知るため。

 ロイはハリソン・フォード演じるレプリカントを抹殺する任務を帯びた捜査官(通称:ブレードランナー)デッカードと死闘を繰り広げます。超人的な体力を備えたロイは仲間を殺した仇敵を死の淵まで追い詰めますが、自らの死が迫っていることを悟り、高層ビルの屋上から転落寸前で命を救ったデッカードを前にして語り始めます。

  I've seen things you people wouldn't believe.
  Attack ships on fire off the shoulder of Orion.
  I watched C-beams glitter in the dark near the Tannhäuser Gate.
 (and incridible mt.Yoshino full of cherry blossom, also Byodoin Temple illuminated.)

   【⇒ fabricated
  All those moments will be lost in time, ... like tears in rain.
  Time to die.

 【和訳】
  お前たち人間が信じられないような光景を俺は見てきた
  オリオンの肩(⇒「ベテルギウス星」の詩的な比喩?)を離れたところで炎に包まれた宇宙戦艦
  タンホイザーゲート近くの闇で輝きを放った閃光
  (目を疑うほどに桜が溢れんばかりの吉野山、そしてライトアップされた平等院も)
     【⇒ 書き換え 改ざん済】
  そうした瞬間瞬間も、やがて時の流れの中に消えてゆく ... 雨の中で流す涙のように
  最期の時がきたようだ

 限られた時間枠で生きる人間とて同じ宿命。人間の身勝手で造られたレプリカントの苦悩につい感情移入させてしまうロイを好演したルトガー・ハウアーは、台本にはなかった All those moments 以下のフレーズをアドリブで追加。撮影に臨んだといいます。

 吉野での感動が冷めやらぬまま平等院を訪れた庄イタも原作にはなかった〝and incridible mt.Yoshino full of cherry blossom, also Byodoin Temple illuminated..〟という一節をルトガー・ハウアーに語らせる白日夢に浸っていました。

 短い一生を終えたロイの手から空へ飛び立った白いハトは、酸性雨が降り続けるロサンゼルス上空からロイのもとへと来迎する阿弥陀如来や菩薩たちと必ずやすれ違ったことでしょう。 

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 06:00 | カテゴリー : ・Fuori Tohoku 圏外遠征

2018/05/06

太閤殿下、全山満開でござる!

2018 Ciliegi Giapponesi
a Patrimonio mondiale Monte Yoshino
2018さくら絶景探訪 第二章 : 世界遺産「吉野山」編

 あっぱれじゃ! 

 こんな感嘆の声を上げたであろう豊臣秀吉が目にした光景と同じ、いえ、恐らくはそれ以上に見事な絶景が庄イタの目の前に広がっています。

 天下を統一し、太閤として権勢の絶頂にあった豊臣秀吉が、1594年(文禄3)に諸国の大名・文人墨客ら総勢5,000名を引き連れ、奈良県吉野山で5日間にわたって催した花見の宴は、つとに有名。

yoshinohanamizu-byobu.jpg 【Photo】「豊公吉野花見図屏風」(部分・国重文・細見美術館蔵)織田信長の遺志を引き継ぐ形で戦乱の世に終止符を打った豊臣秀吉。我が世の春を謳歌する太閤が、吉野で催した花見の模様を江戸初期に描いた屏風絵。輿(こし)に乗った秀吉が、役行者が開基した「金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂」に向かわんとしている。当時の風俗が描かれており、絢爛な桃山時代の雰囲気を今に伝える


  年月を 心にかけし 吉野山 花の盛りを 今日見つるかな 

 吉野入りして3日間降り続いた雨が止み、興に乗って舞も披露した花見の宴を催した喜びを上記のように三十一文字(みそひともじ)に残しています。

kimpsenji@nakasenbon2018.jpg【Photo】上千本から続く細道を上千本口バス停近くまで下り、左手に折れる脇道を入ると「大塔宮仰徳碑」と刻まれた大きな石碑がある。武芸に秀でた大塔宮護良(おおとうのみやもりよし)親王(1308-1335)は後醍醐天皇の皇子。建武の新政(1333)で、征夷大将軍の地位を巡って父と対立。太平記によれば、同じ官職を欲していた足利尊氏によって鎌倉で幽閉され、若くして非業の最期を遂げた。討幕のため大塔宮が吉野で挙兵した地に立つと、山の稜線を越えて斜めから射す朝日が、シロヤマザクラを鮮やかに照らし出した(上画像)。その彼方に望むは、木造軸組建築として世界最大の東大寺大仏殿に次いで大きい寺院建築で、2004年にユネスコ世界文化遺産に登録された「金峯山寺蔵王堂(きんぷせんじざおうどう)」の大屋根(下画像)

〝大名より身分が低い者の姿で参加すべし〟との秀吉のお達しで、金剛杖を手にした山伏に変装したのが伊達政宗。茶屋の下人に扮する秀吉を前に、配下の者にホラ貝を吹かせて斎料を所望。洒落っ気がある秀吉を大層悦ばせた事が、政宗の小姓であった木村宇右衛門の記録によって伝えられています。

entrance-yoshimizu.jpg

 花見が行われる4年前、秀吉による天下統一の総仕上げとして小田原攻めに踏み切った際、先代から盟友関係にあった北条氏包囲戦への参戦要請に応じなかった政宗。五奉行筆頭の浅野長政による説得を受け、重い腰を上げて怒り心頭だったであろう秀吉の陣に参じます。

 弱冠22歳だった政宗は、到着早々、千利休による茶の手ほどきを願い出ます。命が危うい状況にあっても物怖じしない度量の大きさに齢(よわい)50を過ぎていた秀吉は感嘆します。家康のとりなしで叶った秀吉への謁見には切腹覚悟の白装束で臨む一世一代の大芝居を打った政宗。その役者ぶりを気に入った秀吉の許しを首の皮一枚で得た逸話はご存知の方が多いかと。

 太閤秀吉・関白秀次親子ほか、徳川家康・前田利家ら年長で官位も高い戦国武将が居並ぶ中、従五位下の侍従としては唯一、政宗は花見への同席を許されます。戦国の世に遅れて生まれてきた稀代の若武者が詠んだのは、文武両道の才覚を示して余りある格調高く、そして、天下人となった秀吉を持ち上げるサラリーマン処世術的な内容でした。

  君がため 吉野の山の槇の葉の 常磐(ときは)に花も色やそはまし

line-sacura.jpg


 吉野山の桜は、標高が低い順に海抜200mの下千本(しもせんぼん)から中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、標高700mの奥千本(おくせんぼん)まで順番に見頃を迎えます。それぞれ一目千本桜と呼ばれ、ほとんどがシロヤマザクラを主体とする全体では3万本ある桜が、今年は見渡す限り一斉に満開となっているのです(下画像)

 急に気温が上昇した4月初旬、吉野山の桜が全山一斉に満開となっているとTVニュースで知りました。関西に居を移した庄イタにとって千載一遇に違いないこんな望外の好機を逃す手はありません。 

yoshimizu2018.4.3.jpg【Photo】豊臣秀吉が吉野山滞在の本陣としたのが、中千本の吉水院。秀吉が吉野で催した花見から424年を経た今年は、世界文化遺産・吉水神社の境内から下千本から上千本まで同時に満開となった稀有なシロヤマザクラを見ることができた

 吉野の達人からは、クルマで行くのなら日の出前に標高600m付近からの展望が開ける花矢倉(はなやぐら)に着き、中千本・下千本へと、大方の流れとは逆に動くのが鉄則だと昨年聞いていました。

 意を決して当日は深夜2時半に西宮を出発。襲い掛かる睡魔を払いのけ、頭の中ではフニクリ・フニクラの替え歌「♪ 行こう 行こう 花の山へ」がリピート。阪神高速神戸線から南阪奈道路を経由し、吉野山への玄関口となる近鉄吉野神宮駅付近に到着したのが早朝4時半。

 明治天皇妃が桜をご覧になった地点に標柱が立つ「昭憲皇太后 御野立跡」ほか、クルマのすれ違いが困難な細道に土産物屋や飲食店が並ぶ下千本と中千本を通過しても、まだ外はまだ真っ暗。

kamisenbon2018.4.3.jpg【Photo】夜が明けやらぬ花矢倉からは、明かりに浮かび上がる金峯山寺蔵王堂の大屋根がランドマークとなる中千本から下千本方面まで、一幅の布を敷き詰めたように見えることから「布引の桜」と称されるシロヤマザクラが手に取るよう

 やがて商店や人家が途絶え、上千本へと登ってゆくと、ヘッドライトに照らされて漆黒の闇から浮かび上がってきたのは、道端にカメラの三脚を立ててスタンバイする人びと。その数の多さには驚きました。

 2004年(平成16)にユネスコ世界文化遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する吉野水分(みくまり)神社を暗がりの中を訪れましたが、楼門は固く閉ざされたまま。都を追われて吉野に潜伏していた源義経が、兄・頼朝が差し向けた追手から逃れた地とされる花矢倉付近で日の出を待つことしばし。

 5時前になって東の空が白み始めると、祈りの山・吉野は清浄な朝の気配に包まれます。やがて去り切らぬ夜陰に溶け込む濃緑の山並みに、微妙に色合いが異なる青白い光を放つかのようなシロヤマザクラが、至る所で眼下の山肌を覆っているのが目に飛び込んできました。

hanayagura2018.4.3.jpg【Photo】ドラマチックな演出効果をもたらす朝日が差し込み始めた6時30分。真っ暗いうちから花矢倉でスタンバイしたご褒美は、吉野ならではの唯一無二の眺めだった

 吉野のシンボルともいえるシロヤマザクラは、吉野にほど近い大和国葛城上郡(現・奈良県御所市)に生まれた修験道の開祖・役小角(えんのおづの=役行者)が衆生救済のため、千日回峰行の果てに会得した蔵王権現をヤマザクラに刻み、山上ヶ岳の山上本堂と共に献堂した金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂に由来します。

 山岳信仰の聖地でもある吉野山を埋めつくす桜は、蔵王権現への信仰の証として、平安期以降に全国の善男善女が寄進したもの。〝Roma non fu fatta in un giorno (ローマは一日にしてならず)〟というではありませんか。秀吉と家康の庇護を受けた摂津の豪商・末吉勘兵衛は、苗木1万本を寄進しています。先人は酔客で賑わう花見の名所を造ろうと意図したのではありません。

shokenkotaigo-nodachiato.jpg【Photo】明治天皇妃・昭憲皇太后は、1891年(明治24)吉野に行啓。後醍醐天皇陵墓に参詣した折の思いを「吉野山 陵(みささぎ)ちかくなりぬらん 散りくる花も うちしめりたる」という短歌に残している。桜をご覧になった場所には「昭憲皇太后 御野立跡」の石柱があり、七曲り周辺を指す下千本、金峯山寺周辺の中千本を間近にするビュースポットとなっている(上画像)

 江戸前期の儒学者貝原益軒の「和州巡覧記」には、現在の近鉄吉野駅付近から中千本まで続く坂道「七曲り」の登り口で〝童ども桜の木の高さ二尺ばかりなるを多く売る。(中略)往来の人、これを買いて、植えさせて通る〟との記述があります。蔵王権現に奉じるため植え続けられたシロヤマザクラは、このようにして山の斜面を覆う群生「一目千本桜」となったのです。

 ルーツが同じソメイヨシノとは違い、シロヤマザクラは微妙に色合いが異なるように一本ごとに先人の思いが込められている事実を知ると、移ろう季節の中で、ほんのひと時だけ目にすることができる浄土のごとき光景も、また見る目が変わってきます。

line-sacura.jpg

 駐車場が満杯になる前に中千本の駐車場へと車を移動。早朝で係員が不在の場合、出庫時に代金を払うのが吉野のローカルルールです。

 元々、五郎平という人物が茶屋を営んでいた小高い丘は展望台になっています。そこから谷を挟んで10世紀初頭の延喜年間に創建された如意輪寺が桜の木々に囲まれていました(下画像)

noirinji-yoshino.jpg

 寺の裏手には、1339年(延元4)、52歳で吉野に没した後醍醐天皇が永遠の眠りにつく塔尾陵があります。歴代天皇の陵墓では唯一、北側を向いているのは、帰還が叶わなかった京都が吉野からは北側に位置するがゆえ。

 宝物殿では、鎌倉期に慶派の仏師源慶によって造られた蔵王権現像(国重文)を拝観できます。この仏は、インドや中国には存在せず、山岳信仰と結びついて日本のみで信仰されてきました。過去・現在・未来を象徴する慈悲に満ちた釈迦・観音・弥勒菩薩が、猛々しい仮の姿で顕現した蔵王権現を所蔵する寺院が吉野には他にもあり、谷越えの険しい地勢を目の当たりにして如意輪寺は体力温存のためスル―。

kinpusenji-zaodo.jpg

 そこで目指したのは、16世紀後半の天正年間に再建された修験道の根本道場・金峯山寺。蔵王堂(上画像)の本尊・金剛蔵王権現(国重文)は、通常は非公開の秘仏ですが、折しも修復中の国宝・仁王門勧進のための特別公開が、GW最終日の5月6日まで行われていました。

 大いなる慈悲を示す〝青黒(しょうこく)〟と呼ばれる深みのある蒼身で躍動する姿に魅了された金剛蔵王権現像を本尊とする世界遺産・金峯山寺蔵王堂には、かねてより公開時に訪れたいと思っていました。つづら折りの七曲りを散策してから、蔵王堂に参詣したのは公開が始まる朝8時30分ちょうど。

 果たせるかな、怒髪天を衝く憤怒の形相で仁王立ちする三体の金剛蔵王権現(撮影禁止のためリンク参照)は、迫力満点。〝こちらでご本尊と直接お話し頂けます〟と、障子で間仕切りされた「発露の間」から間近に見上げる高さ7mの秘仏を前に、日常の穢れを祓い落としたのでした。

myohoden2018.4.3.jpg

 足利尊氏が持明院統の光明天皇を擁立したことで京都を追われ、吉野で南朝を興した後醍醐天皇。後亀山天皇まで4代続いた大覚寺統の皇居跡に建つ「妙法殿」(上画像)の御所桜を愛でつつ、歩いて向かったのが、金峯山寺の塔頭(たっちゅう)のひとつ「脳天大神(のうてんおおかみ)」。

 首から上の病に霊験あらたかだという謳い文句に惹かれ、谷底へと続く急斜面に設けられた階段を下りました(下画像)。谷底へ続くつづら折りの階段の先に人の姿はなく、急斜面を進めど進めど、なかなか脳天大神は見えてきません。

notentaijin.jpg

 どうやら途中で引き返す人が少なくないようで、2人だけ階段を登って来る人とすれ違いましたが、苦悶の表情を浮かべて息も絶え絶えになっています。それを見て「引き返そうよ」と同行者は不安顔。

 それなりの説得力がある提案でしたが、2011年(平成23)9月に「出羽三山神社」の石段2,446段を3日間の山伏体験修行で2往復している庄イタ。《2011.12拙稿「修験道体験@出羽三山 暮れゆく月山御縁年の大晦日に思うこと」参照》 初志貫徹あるのみと歩みを進めます。揺るがぬ固い意志の理由はズバリ!ボケ封じ(笑)。

noten-taijin-hondo.jpg

 蔵王権現の化身・脳天大神を祀った本殿に参拝(上画像)。石段が455段もあるとは知らなかったため、帰路はヘロヘロになりながら蔵王堂へと帰着。♪行きは良い良い帰りは怖い。危うく行き倒れになるところでした。

 疲れたときは甘いモノ。一息つこうと立ち寄ったカフェ「陽(ひなた)ぼっこ」でオーダーしたのが桜風味のジェラート。この日のジェラート、お味はともかく、眺めに関しては日本一だったに違いありません(下画像)

gelato-yoshino2018.jpg

 夜が明けやらぬうちに上千本で軽い朝食を済ませ、ジェラートで胃袋が覚醒したのか、午前11時にはお腹が空いてきました。中千本と下千本には土産物や吉野名物「柿の葉寿司」の店などが集中します。午後の吉野山探訪のために腹ごしらえ。

〝塩蔵した鯖が酢飯と馴染む夕方以降、できれば翌日召し上がって〟と勧められた「ひょうたろう」のみならず、郷土の味の食べ比べをしようと吉水神社鳥居脇の「醍予(だいよ)」で、柿の葉寿司を持ち帰りで購入。良質な葛の産地として名高い吉野での昼食は、黒門近くの「花屋」で食した吉野葛がけうどん(下画像)

hyotaro_yoshino-001.jpg yoshino-kuzu-udon.jpg
 
 エナジーチャージを済ませ、訪れたのが世界文化遺産「吉水神社」。鎌倉幕府滅亡後、建武の新政が破綻した後醍醐天皇は、足利尊氏が擁立した光明天皇に追われる形で吉野で南朝を興します。4代57年続いた南朝の皇居とされたのが、役小角が創建した吉水院でした。

 時代を遡れば、源義経が静御前と隠遁生活を送った当時の痕跡として、頼朝の追手を蹴散らすため、弁慶が親指で岩に押し込んだと言い伝えられる「力釘」が明治以降に吉水神社と改称された境内に残されています。そんなニッチな見物はさておき、上千本から下千本にかけてを一望する境内から一目千本のクライマックスともいうべき眺めを愛でることができました。

hitome-sennen.jpg【Photo】標柱の「名勝 吉水神社 別名 一目十年」とは、この素晴らしい風景を見ると十歳若返るという意味

 この世のものとは思えない美しい光景は、しかと目に焼きつけました。いかなる美辞麗句を書き連ねても筆舌に尽くしがたいその見事さを実感するには、吉野へ足を運ぶのが一番。そんな思いを強く抱いた庄イタ。

 早朝に上がってきた吉野神宮方面への車道は歩行者天国化されているため、駐車場を出たクルマは中千本と下千本を周回する観光車道へ。

takizakura2018.jpg

 上千本橋に差し掛かると、山肌を流れ下る奔流のごとき見事な「滝桜」に見送られて吉野を後にしました(上画像)
 
baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

投稿者 vam : 22:25 | カテゴリー : ・Fuori Tohoku 圏外遠征


「庄内系イタリア人」こと
木村 浩人

外見と所持するパスポートの国籍は日本人。なれど脳細胞はイタリア人。≫詳細

Dicembre 2018
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.