あるもの探しの旅

« 白トリュフの魔力 | メイン | 伝説のグラッパ職人、ロマーノ・レヴィ »

女性酒応援団を応援しよう

旨し食の伴侶に旨し酒あり。

食中酒は食事の楽しさを倍増させてくれます。
イタリアやフランス、中国、そして日本。これら世界に冠たる食文化を持つ国で
ワインや紹興酒・日本酒などの食中酒文化が発達した背景には、
単に空腹を満たすだけではなく、「食事を楽みたい」という人間の英知の積極的な関与がありました。

このほど、宮城県内で日本酒造りに携わっている女性や愛好家らによる
「みやぎの酒女性応援団」が発足するというので、友人からの誘いで、
その応援団の応援に(?)駆けつけました。
とはいえ、開始時間にすっかり遅れてしまったので、そそくさと空いていた
席に潜り込み、隣席の方にあたふたと名刺を差し出すと・・・あれ?
なぁーんだ、食Web研究所の「3人ごはんBlog」の常連客でとしても活躍中
の福田沙織さんじゃありませんか?
ハハハ・・・フードライター同士、行動パターンがどこかで被ってくるんですね。

会の設立趣旨や「酒と食の地産地消」を推し進めるための活動を繰り広げる
という方針の説明は、とうに終わったみたい。
そのため、私にとっては、ただの異業種交流会となった次第。しかも女性だらけ
L(@^▽^@)

素材の味を活かす繊細な味付けがされる日本食には、やはり日本酒が
ピタピタと合います。宮城の郷土の味の再発見。まさに「あるもん探し」。
これからの活動に期待したいですね。

HAGINOKAI.jpg
【PHOTO】蔵の酒を手にする蔵元三人娘(⇒勝手に命名)。
写真右から、㈱佐浦 内海 尚子さん、はさまや酒造店 泉 薫子さん、まるや天賞㈱ 蕪城 文子さん

同会の発起人・浅野酒店店主、浅野康城さんや、会の座長に選ばれた
外崎浩子県議らと連れ立っての飲み直しは、行きつけのEnoteca il Circoloへ。

日本酒応援団の締めだというのに、最後はイタリアワインとなるのだった・・・

baner_decobanner.gif

コメント

初めて書き込みさせて頂きます。

この記事 私も拝見しました。
「女性酒応援団」…素敵な会ですね!
泉薫子さんも参加されているとは…!
記事を見ながら、うれしくなってしまいました。

こうやって日本酒をドンドン盛り上げて(=飲んで)行きたいものです!


初めて書き込みします。先日はありがとうございました!私も萩の会(仮)にお声がけいただき、本当に嬉しいです^^飲んで美味しい国酒日本酒、上のおっかぁさんのおっしゃるように、どんどん盛り上げていきたいです^^よろしくお願い致します☆

▼おっかぁ様
初コメントありがとうございます。
さすがは食Web研究所きっての日本酒通。日本酒ネタはハズしませんねぇ(笑。 まだまだ新参者ゆえ、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

さて「女性酒応援団」。楽しい面々が集っておりましたよ~。もともと小難しいワインスノッブが苦手で、食事と共に楽しむワインをこよなく愛する者ではありますが、日本食には日本酒と、固く信じる者でもあります。そして“良いものの価値は素直に認める”というニュートラルなポリシーでもあります。

ゆえにイノシシをソテーにして、大吟醸の四年古酒を燗につけフルボディの赤ワイン代わりに楽しむ、なんてこともやらかしてしまいます。日本酒も奥深いですね。

そのうち、本拠地の日本海側から東北の風土が生んだ近代米の祖「亀の尾」と、その生みの親・阿部亀治翁の感動の物語なぞをご紹介しますね。


▼sunmu様
書き込みありがとうございます。
モノづくりにかける思いをもっと伺えればよかったのですが、なにせ遅刻してしまい、時間が足りませんでした。・・・反省。

蔵のブログも楽しく拝見しました。酒造りに関る人たちの四季折々の営みが垣間見える素敵な内容ですね。

次回、チットモッシェのある某地へ遠征される折は、遠慮なく事前にお声掛け下さい。オイシイ情報をお知らせしますので。

お初の書き込みご了承下さい。先日は女性の会へのご参加有難うございました。これから事務局として一層奮起をし、近い将来にイベントを行いますので宜しくお願いします。(^0^)/
酒に料理を併せるかはたまた料理に酒を併せるか…毎日考えております。

亀の尾の件はHPまだあれば開かれていると思いますよ。
亀の尾で作るおかゆは「うまい」の一言。粘りも程よく良いのでパエリアにしても旨いです

またお邪魔します

▼せんだい村村長様
書き込みありがとうございます。
先日は何もわからずに発足の会に参加してしまい、失礼しました。

皆さんいい方たちばかりで、お仲間にすんなり入れて頂けだようで感謝しております。

>亀の尾のおかゆ    

ですか。自己紹介にある通り、前世イタリア人の基本はあくまでアルデンテなので、おかゆはちょっと・・・・。(笑
鯉川酒造の佐藤社長にお願いして、自家製無農薬米をお裾分けしてもらって、リゾットに挑戦してみましょう!

庄内系イタリア人さんの行くところには、うまい酒あり、うまい食材あり…と、相変わらず守備範囲の広さを拝見させていただきました。

はさまや酒店の泉さんには「びっきの会」でお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。
・・・と、お伝え下さい!

こんばんは。

いやぁ、かぶりましたね、見事に(笑)
お先に失礼してしまって申し訳なかったです。

3人ごはん、地酒、マイはし。。。
食べものの話ばかりでやせるヒマなくて困っちゃいます(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。

▼OH!たけっち様
いっらっしゃいませ~。mixi同様ご愛顧のほど。

遅刻した上、皆さんとのお話しに夢中になってしまい、料理をあまり食べられなかったのが残念でした(笑

お酒はしっかり頂きましたが…


▼フクダ様
慌てて会場に潜り込んで、ロクにお顔も拝見せず「とりあえずお隣の方にご挨拶せねば!」と、名刺を差出す。

お相手がつられて差し出した名刺に記載されたお名前を見て「あれ?」…実に見事なオチでしたねぇ。

また、どこぞでお会いしましょう。

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.