あるもの探しの旅

« ちょっと、訂正。 | メイン | Io sono il feticismo di cuoio 私、革フェチなんです。 »

革フェチまんじゅう

しっとり吸い付くトロトロの食感
 黒砂糖まんじゅう@玉澤総本店

kurozato_manjyu1.jpg

 杜の菓匠 玉澤総本店の人気商品と言えば「黒砂糖まんじゅう」ですね。1996年(平成8)の発売以来、ジワジワと人気が高まり、新参ながら今では押しも押されぬ仙台銘菓としての地位を確立しています。原料に使用する葛が生みだす照りを放つふっくら・もちもちの皮、シルキーな口どけとすっきりしたほどよい甘さのこし餡の絶妙な組み合わせは、仙台出身の元宝塚トップスターで女優の杜けあきさんやフィギュア女王・荒川静香さんのみならず、辛党・甘党の両派に属する私を含め、多くのリピーターを生んでいます。

【photo】玉澤総本店の「黒砂糖まんじゅう」レギュラーサイズ(写真左)とミニサイズ(写真右)

 黒砂糖まんじゅうは、商品名の由来となった沖縄・波照間島産の黒砂糖を皮に、餡には赤いダイヤこと北海道十勝産小豆を用いたお饅頭です。最高の原料を追い求めた結果、日本の南北の果てまで行き着いたということでしょう。緯度にして18度、直線距離で2,800kmも離れた産地の主原料を使っていることになります。

kurozato_manjyu3.jpg オーソドックスかつシンプルなお饅頭だけに、際立つ素材の良さを活かす匠の技が光ります。店頭に並ぶ商品は、すべて当日朝に作られたものです。最高の状態で味わってもらうため、賞味期限は製造から48時間のみ。

 青葉区上杉にある本店・工場では、販売個数が増える週末や帰省シーズンなどは早朝4:30に、通常は5:00から製造を開始し、店頭の在庫状況を確認しながら、多い日で製造現場は3 回転するそうです。

【photo】玉澤総本店 土屋 富士夫 取締役統括部長
 
 玉澤総本店 取締役統括部長 土屋 富士夫さんの説明によると、和菓子の命とも言うべき餡には、二種類のグラニュー糖を使用しているといいます。企業秘密ゆえ、詳細は控えますが、スッキリした餡の甘さを出すためには、純度が高い氷砂糖が向いているのだそう。その日の天候や季節によって、水分量を調節し、シットリしたもち肌のような食感がぶれないよう細やかな工夫を加えています。

黒砂糖まんじゅう.jpg【photo】黒砂糖の香ばしい皮と、絡みつくようにシルキーなこし餡、もち肌のふっくらとした食感。「もう1個いってみよー」という甘い誘惑から逃れることは難しい

 サンゴ礁からなる土壌で栽培される波照間産のサトウキビは、手刈りが中心。機械刈りでは混入が避けられない土の混入が抑えられます。不純物が少ない波照間島の黒砂糖は、品質の高さで定評があります。

 そうした天然素材を用いるゆえのエピソードとして、常連のお客様から、いつもより塩気が強く感じると指摘を受けたことがあるそうです。別に原料の配合を誤ったわけではなく、原因を調べたところ、その日に使用した黒砂糖の原料となったサトウキビが収穫される直前、強力な台風が沖縄付近を通過していたことが判明します。

 八重山諸島の石垣島から高速艇でおよそ一時間、距離にして南へ56km南下する波照間島は、水平線上に南十字星が輝く周囲15kmにも及ばない比較的平坦な小島です。人が暮らす島としては日本最南端の島全体に広がるサトウキビ畑は海岸線近くまで及ぶため、台風による高波と猛烈な風で海水をかぶったサトウキビの茎が使われたことが分かりました。精製工程を経てもなお、その日の黒砂糖には味に微妙な変化が生じたのです。

kurozato_manjyu04.jpg【photo】表面の照りが食欲をそそる黒砂糖まんじゅう。 妖艶な輝きを放つ写真奥のお饅頭は??

 黒砂糖まんじゅうは、1個からバラ売りするレギュラーサイズ(税込84円)とミニサイズ(6個入り税込300円~)の二種類。お茶受けはもちろん、お遣い物でも喜ばれます。こし餡のシットリ感を心ゆくまで味わいたいならばレギュラーサイズ、皮の吸い付くようなふわふわ感と黒砂糖の風味を楽しみたい方はミニサイズをどうぞ。どちらも後を引く美味しさゆえ、"やめられない、とまらない"となってしまいがち。とはいえ甘さ控えめなので、カロリーなど気にせず、心のおもむくままに頂きましょう。

 仙台銘菓のライジングスター・黒砂糖まんじゅうを詳しく掘り下げるのがセオリーでしょうが、脱線しがちな「Viaggio al Mondo ~あるもん探しの旅」では大きく話題がそれてゆきます(笑)。名の知られた仙台の和菓子を今回珍しく取り上げた意図と、タイトルが何故に「革フェチまんじゅう」なのか、そのナゾは次回つまびらかになります。

************************************************************************
杜の菓匠 玉澤総本店

住:仙台市青葉区上杉3-9-57
phone:022-223-2804
URL:www.tamazawa.co.jp
営:8:00~19:00(日・祝は~18:00)
◆直営店:JR仙台駅店、ララガーデン長町店、
ティーラウンジを併設する一番町店、エスパル店、クリスロード店の3店では、メニューにはないものの、飲み物とともに黒砂糖まんじゅうを味わえます

baner_decobanner.gif

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.