あるもの探しの旅

« 明日に向けて思うこと | メイン | This is real Fukushima  »

Percarlo per Carlo.

身代わりになったVino

cave_electrolux.jpg【photo】高さ1,735mmの大型ワインセラー上部に取り付けていた転倒防止ポールとあいまって、セラーの扉が開くのを阻止し、大切なセラーアイテムを守ってくれた樹脂製のベルト型開放防止器具。Good job !!!

 3月11日に発生した東日本大震災では、自宅2階に設置しているワインセラーが、扉のロックをしていたにもかかわらず、詰め込んだワインの重さで3台とも全て鍵が押し開けられてしまいました。206本収納できる大型セラーは、念のため取り付けておいたベルト型の開放防止器具が功を奏して無事でしたが、扉が開いた2台の中型セラーは、寝かせていたワインの一部が外に飛び出てしまいました。

broken_percarlo.jpg

 折り重なるように床に散乱したワインの中で、唯一割れてしまったのが、娘のバースデーヴィンテージである'98vin の「ペルカルロ Percarlo / サン・ジュスト・ア・レンテンナーノSan Giusto a Rentennano」。これまでも幾度か触れてきた私が好きなトスカーナ産赤ワインの一つです〈Link to back number〉。

 生まれ年のワインを、いつか人生の節目に開けてもらおうとした当の本人は、中学校で被災しましたが無事でした。その日、私は出張先の弘前市にいました。地震発生時刻は、仙台へと向かう高速バスが震源から遠く離れた青森県碇ヶ関付近を走行中で、乗員乗客は誰一人として地震発生に気付くことすらなかったのです。

 イタリア語では「H」を発音しないため、本名では「iroto」となるため、Carlo(カルロ) と呼んでもらうことにしている私は、割れてしまった'98ヴィンテージのPercarloが、文字通り"per Carlo"(=カルロのために)身代わりになってくれたのだと思っています。

baner_decobanner.gif

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.