あるもの探しの旅

« ばんつぁん市 I'll be back. | メイン | ココロもトロけるソフトクリーム »

Piatto 本日リニューアル!!

お久しぶりの高以さん
 & 熱演が光った修造さん

 本日9月3日(土)、内容を刷新した「Piatto ピアット9月号」をお届けしました。タブロイド判にサイズアップしweb Piattomobile Piattoを除く)、記事内容も一新したリニューアル号はいかがでしたか? 装いを新たにしたPiattoへの皆さんのご意見・ご感想をお寄せ頂けると今月から新たに稼働した編集スタッフ一同、張り合いが出るというもの。プレゼントへご応募頂く際に一言添えて下さいね。

tacaco-urabe1.jpg

 巻頭特集「泉ウェルネス生活」のメインビジュアルでご登場願ったのは、TBC東北放送テレビのスポーツ情報番組「EVER SPORTS」でキャスターとして活躍中の高以亜希子さん。高以さんにはPiattoの前身となった月刊誌「alpha」の表紙で1997年6月号と1998年1月号にそれぞれ表紙モデルを務めていただいています。

 「この仕事を始めたばかりの撮影で、とても緊張しました」と当時を振り返る高以さん。この後、'98カネボウ水着イメージモデルに抜擢され、東京を拠点にモデルや女優としてCM・ドラマなどにも活動の場を拡げます。現在は郷里の仙台に戻って2年前にモデルの仕事を再開されました。

tacaco-urabe2.jpg【Photo】今月リニューアルしたPiattoのルーツともいうべき河北新報社発行の月刊誌「alpha アルファ」。1997年6月号(上写真)と1998年1月号(左写真)の表紙では、仙台駅前でプリクラを撮っていたところをスカウトされ、モデルの仕事を始めた頃の高以さんを起用

 Piattoは、確かな目を持つ大人の女性に向けた仙台発の情報メディアとして生まれ変わりました。高以さんも14年前に初めてご登場いただいた時とは一味違う大人の表情を見せてくれたように思います。毎月第1土曜日に発行されるPiattoに今後もご登場頂くので、スポーツキャスターとしての高以さんのファンとなられた男性の皆さんも、どうぞご期待下さい。

piatto011.9_2.jpg【Photo】強い日差しのもとで行われた撮影のひとこま

 さて、快晴に恵まれた8月11日(木)、泉パークタウンテニスクラブ前で行われた撮影では、テニスクラブ内でも別カットをおさえてありました。その際、エキストラとしてご協力いただいたのが、テニススクールのレッスンコーチ、三浦 純一さん

 誌面では、高以さんの背景としてクラブハウス前に佇む姿がぼんやりと写っていますが、それだけではもったいない爽やかな印象のスポーツマンです。それぞれのレベルにあわせ、ときに優しく、ときに熱く指導にあたるという三浦さんは、撮影にも全力で臨まれました。

piatto011.9_1.jpg 高以さんがポーズを変えながらシャッターを何度も切ってゆくのですが、三浦さんは、最高気温が33.8℃に達した炎天下のコートに一人立ち続け、素振りをずっと続けられました。その熱演ぶりに、熱血漢として知られる元プロテニスプレーヤーに姿を重ねた撮影クルーの誰もが、いつしか三浦さんをこうお呼びしていたのでした。

 「修造さーん♥」

 1975年(昭和50)に放送が始まったフジテレビの関東ローカル番組「くいしん坊! 万才」の11代目レポーターとして活躍中の松岡 修造氏。郷土の味を求めて全国津々浦々を巡るこの長寿番組には、ワイン好き・イタリア好きという嗜好が同じ私が一方的にライバル視している辰巳 琢郎氏も8代目レポーターで過去に登場しています。

shuzou_banzai.jpg 昨年6月には、この番組の収録のため、松岡 修造氏が食の都・庄内を訪れました。遊佐町では船上で岩ガキをほおばりながら、背景の山(⇒鳥海山)を指差し、福島・会津の宝の山こと磐梯山と言ってみたり、喉ごしのよい夏の庄内の味「麦切り」を、切り裂きジャックでもあるまいに「喉切り」と口走ってしまうなど天然系のキャラを炸裂させています。その様子は⇒ コチラ

(※リンク画面の「このコンテンツを新しいウィンドウで開く」をクリックしてご覧下さい)

 12代目の座を狙っているくいしん坊がここにおりますが、くいしん坊! 万才製作スタッフの皆さん、どんなもんでしょう?? それが無理でもTBC東北放送さん、あるもん探しの旅~Viaggio al Mondo とのニッチでディープなタイアップ番組なんていかが???

 熱いハートでご連絡をお待ちしています(*^-^*)

baner_decobanner.gif

コメント

テニスもおやりですか?

素晴らしいスポーツマン松岡さんはおもしろい方ですね
気取りがなく東宝映画の御曹司とは思えません

▼ryuji_s1様

 コメントをお寄せ下さりありがとうございます。

 くいしん坊!万才 の味付けには、出演12年目を迎える修造氏の天然ボケも欠かせないのでしょう。

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.