あるもの探しの旅

« だだちゃ豆食べ比べ会 | メイン | 酒田女鶴と本女鶴 »

Con Te Partirò

Time to say Goodbye

 

 盲目のイタリア人歌手アンドレア・ボッチェリの代表曲のひとつである「Con Te Partirò コン・テ・パルティロ」は、1995年のサンレモ音楽祭で発表されました。ベルギーとフランスではチャート1位を獲得したものの、イタリア本国ではさほど注目されなかったこの曲。英訳・和訳すると「I leave with you=私はあなたと旅立つ」という意味です。

sig.alfista20070102.jpg 原曲の歌詞の一部を「Time To Say Goodbye タイム・トゥ・セイ・グッドバイ」と言い換え、英国のソプラノ歌手サラ・ブライトマンとのデュエット曲として1997年にリリースされるや、軒並みビッグセールスを記録した欧州各国にとどまらず、日本でも広く知られるようになりました。日本で一般に認識されているようにグッドバイではなく、本来は新たな旅立ちを歌ったCon Te Partirò の調べに乗せ、食WEB研究所サイト閉鎖後の庄内系イタリア人の今後についてお知らせします。


【Photo】食WEB研究所 河北食ネタ版グルメランナーでシニョール・アルフィスタとして世に出た当時の庄イタ(写真上) 爆走系レポーター、シニョール・アルフィスタが訪問したピエモンテ州カネッリのエチエッタ(=ワインのラベル)デザイン工房では、女性デザイナーが手にするアルファロメオブランドのボトルデザインも手掛けていた(下写真)

sig.alfista20070101.jpg 2006年10月末にイタリア・トリノで開催されたスローフード協会主催の「Terra Madre テッラ・マードレ」にジャーナリスト枠で参加の機会を得て、河北新報紙上でその模様の紹介記事が掲載されました。庄イタは勤務先では営業職のため、新聞本紙に記事を執筆することはありません。東北から多くの生産者や料理人が参加したこの国際的な催しの意義を鑑みて、出張扱いの社用ではなく、あくまで個人の資格で参加した私がまとめた原稿に編集局のデスクが手を加えて写真入りで掲載となりました。これは社としては極めて異例な扱いだったようです。

 雨天時に頻発する故障に悩まされながら当時乗っていたAlfa Breraにちなんで、シニョール・アルフィスタのペンネームで食WEB研究所 河北食ネタ版「グルメランナー」でデビューしたのが翌2007年1月のこと Link to backnumber。テッラ・マードレと、同時開催された「Salone del Gusto サローネ・デル・グスト」、晩秋のピエモンテ州とリグーリア州食い倒れレポートが、フードライターとしての第一歩となりました。簡潔な表現が求められる新聞とは異なり、「Viaggio al Mondo ~あるもん探しの旅」で意の向くまま駄文を書き連ねる所在不明の庄内系イタリア人が世に出たのが同年6月1日。早いものでそれから5年あまりの月日が流れ、これまで多くの皆さんにご愛読頂きました。

sig.alfista20070103.jpg 「こんな私ですがよろしくお願いします」という自己紹介に始まったViaggio al Mondo ~あるもん探しの旅は、生命をつなぐ食べ物の背景を知る道程の記録です。前世のDNAが共鳴する美味の宝庫イタリアと、さまざまなご縁を頂いた食の都・庄内地方を中心に、金銭的な価値では推し量ることのできない希少な種を守る人や、その土地ならではの風土を体現する手をかけた美味の数々を、その作り手、担い手へのオマージュとして取り上げてきました。

【Photo】グルメランナー第二弾「サローネ・デル・グスト」。これらレポートは、のちに再編集されて Viaggio al Mondo に収録された

 サイト管理者の告知にあるように、あるもん探しの旅の拠点となった食WEB研究所は本日をもってその役割を終えます。これまで幅広い多くの皆さんに支えられてきたことはフードライター冥利に尽きますし、何にも代えがたい幸福でした。改めて感謝の気持ちをお伝えします。

 三陸沿岸では、再開した養殖海苔の種付けや、帰行のため南下してきた秋鮭漁が始まりました。実りの時季を迎えた東北を巡るViaggio al Mondo ~あるもん探しの旅は、まだ道半ばにあります。実名登録されている「かほくブログ」Link to Website で、庄内系イタリア人は生き永らえることになります。ブックマーク登録がお済みでない方は、これを機にどうぞご登録を。Con Te Partirò ♪ を口ずさみながら、これからも流浪の旅を続ける庄イタを温かく見守って下さいますよう、どうぞよろしくお願いします。
baner_decobanner.gif
 

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.