あるもの探しの旅

« 酒田女鶴と本女鶴 | メイン | 暮らしをデザインする「あかり」 »

ナシにまつわるアバタもエクボなハナシ

着果不良とカメムシ禍で無収穫の生産者も。
なれど利府梨のおいしさは今年も変わりナシ

 蔵王連山の雄姿を間近かに仰ぎ見る円田地区を中心に栽培農家が多く、宮城では和洋の梨について総生産量のおよそ半数を占めるのが蔵王町。次いで2番目の和梨産地となるのが利府町です。町内屈指の優秀な梨生産者との呼び声の高い伊藤梨園さんのおかげで、昨年その美味しさに目覚めたのが、明治生まれの歴史ある和梨品種「長十郎」でしたLink to Backnumber

kousui_yakumo.jpg

【Photo】 昨年9月、利府町の伊藤梨園直売所で味見したのが、本命の「あきづき」と対抗馬にあたる「新星」。本命買いに傾いた形勢を逆転したのが最後に勧められた長十郎。最近は姿を見る機会がほとんどない古馬ゆえ、その時点では期待せずにいたダークホース長十郎を絶賛した拙ブログの読者から、新規の指名買いが続いたという。今年は春先の寒さと夏の酷暑のもとで平年の半分も実を結ばなかったという青梨系品種「八雲」(写真右側)と赤梨系品種「幸水」(写真左側)。本来はキツネ色に色付く幸水が、高温の影響で着色不良の傾向が見て取れる
 
 すっかり長十郎の味をしめた今シーズンも、秋の味覚を求めてイオン利府ショッピングセンター前にある直売所ではなく、利府町内のご自宅に伺い、選果場で直接購入すること3度。初回は9月9日に早生種を代表する品種「幸水」と二十世紀の改良種「八雲」を。二度目は暑さにめげず美味しさが際立ったという「あきづき」と利府梨の代名詞「長十郎」を10月8日に。間もなく収穫される晩生種「新高」が出る前に今シーズン最後になるであろうずっしりと大きく育った長十郎をこのほど購入しました。今年も味わうことが叶った秋の恵みに感謝。
chojyuro_2012.jpg

 例年より1週間から10日生育が遅れ、やっと収穫が始まったばかりだという9月上旬。ホームグラウンド庄内きっての梨産地である酒田市刈屋でも同様に耳にしたことですが、伊藤さんから伺ったのが、梨農家にとって、こんなに難しい年は近年なかったということ。ミツバチと手作業による受粉作業の後に続いた春先の寒さが響いて着果自体が少なかったことで、250軒ほどある利府町内の梨生産農家によっては、全くの無収穫に終わったケースもあるそうです。

【Photo】収穫直前のカメムシ禍により、アバタ顔のような凹みができた長十郎(手前の3個)

 連日の酷暑が続いた9月上旬に伺った際に買い求めた幸水は、少雨とまだ旬の走りということで、型が小さく味の乗りも昨年と比べて今ひとつでした。伊藤梨園さんでは、小さな傷がついたり、黒い斑点が出るなど姿形が良くないだけで出荷できない梨をいつもお土産にと下さいます。その時は、そうして頂いた初めて口にするスッキリとした酸味が持ち味の八雲から、青梨の美味しさを教わったように思います。

chojyuro2_2012.jpg【Photo】カメムシが果汁を吸った凹型の痕跡が写真左上と右下部分に残ったため、商品価値が損なわれた長十郎。伊藤梨園さんの長十郎は、皮を剥くと糖度の高さをうかがわせるねっとりとした感覚が果肉表面に残る

 丹念な土作りから品質管理に心を砕く伊藤梨園さんですら、平年の4割しか収量が見込めない今年。追い打ちをかけたのが、高温続きによる着色不良と梨農家の大敵カメムシの襲来でした。暑さで活動が活発化したカメムシは、梨の実に飛来しては果汁を吸い取ります。肥大初期に果汁を吸われると、その箇所が成長を止めてしまい、ジャガイモのように型がいびつになって廃棄せざるを得なくなります。

 収穫末期に入り、1個の重さが1kgに迫る場合もある長十郎。今年のように収穫期にカメムシ被害に遭った箇所が凹型に窪んだ哀れ"カメナシ"と化した長十郎は、商品価値が著しく損なわれるのです。1年をかけて大切に育てた梨が台ナシ(梨)にされるのですから、梨農家にとってはたまったものではありません。憎っくきカメムシは病害虫よけの袋掛けをしていても、果汁を吸ってしまうことがあるそうで余計にタチが悪いのだといいます。

  chojyuro3_2012.jpg chojyuro4_2012.jpg
【Photo】カメムシが果汁を吸った跡は、皮を剥くと水気が少ないスポンジ状に変質しているが(左写真)、その部分を包丁で取り除けば何ら問題ナシ(右写真)。そのまま食べても結構ですし、スプマンテやプロセッコなど辛口の発泡性ワインとの相性が良い長十郎。いただきま~す

 「ウチに置いてあっても仕方ないので」と、今回もハジキ梨をおまけして下さった伊藤さん。多少見た目が悪くても、その味に貴賎はありません。実力通りの美味しさで庄イタを魅了した昨年とはまた一味違う今年の利府梨。オジャマ虫に悪戯され、ルックスはお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の南原清隆のようなアバタ顔になっても、精一杯美味しくなろうと頑張ってくれた文句ナシのカメ梨君なのでした。

  
大きな地図で見る

************************************************************************
伊藤梨園直売所
住:宮城県宮城郡利府町八幡崎前
  ※イオン利府ショッピングセンター西側
    「河北・TBC利府ハウジングギャラリー」と「利府デンタルクリニック」の間
    直売所が閉まっている場合は、下記伊藤恒雄さん宅に問い合わせを
Phone:022-356-2233


baner_decobanner.gif

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.