あるもの探しの旅

« 潮騒ダー | メイン | 箸で食するソフトクリーム »

革フェチ散財記

Io sono il feticismo di cuoio Ⅱ 私、革フェチなんです。第2章
Pelle conciata al vegetale な型押しを衝動買い


 「フィレンツェ銘菓(?)黒砂糖まんじゅう」もどきなPeroniのコインケースを取り上げて以来の革フェチな話題を一席。質感の高いクロコ型押し仕上げのメンズバッグが今回のお題です。

 "機能性のためにデザイン性を犠牲にせず、男の遊び心を満たす"をコンセプトとするブランドが「Kiefer neuキーファーノイ」。製造元は1948年(昭和23)に名古屋で創業、ランドセルも手掛ける国内メーカー「株式会社松本」ですが、ベスト・クオリティを標榜する同社のプライベートブランドであるKiefer neu の素材感と仕上がりは、高い品質とデザイン性で定評あるMADE IN ITALYに引けを取りません。

windowdisplay testoni.jpg【Photo】イタリアの街をそぞろ歩きしていると、所有欲を刺激する品々が絵画のようにディスプレーされたショーウインドー前から立ち去りがたいことが時としてある。その強気な値付けを見て溜息と共に立ち去るのが常なのだが・・・。たとえば革フェチの庶民には目の毒な「a.testoni ア・テストーニ」。創業は皮革産業が盛んなボローニャ。ローマとミラノの直営店ほか、今やファストファッションが浸食する東京銀座に直営店を構える。時流に流されないデザイン性と高い品質の靴やバッグなど皮革製品を展開する大人のイタリアンブランド

bottega_veneta.jpg つい先日入手した同ブランドAMOREシリーズのボディバッグは、a.testoniのような高級品ではありませんが、それと相通じる妖艶な大人の雰囲気を漂わせます。

 高級感漂うクロコ調の表面処理を施したカーフレザーの深い藍の色調、BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)に代表されるイントレチャートを取り入れたデザイン。短冊状の皮革をメッシュ状に編み込むイントレチャートは、ボッテガ・ヴェネタ創業の地であるイタリア北部ヴィチェンツァのあるヴェネト地方で発展した技法です。

【Photo】柔らかな風合いの最高級レザーを編みこむ高度なイントレチャート技術を用いたBOTTEGA VENETAのキーリング

 自然な光沢を放つクロコ調の型押しカーフバッグには、革フェチには見覚えのある手形マークのタグが付いていました。それはPelle conciata al vegetale in Toscana(=トスカーナ植物なめし皮)というトスカーナ地方伝統の樹木由来の植物タンニンを用いたなめし技術によって鞣(なめ)された皮製品であることを示す偽造防止のホログラムと通し番号が入った品質保障タグなのでした。

certificato_PCAVT_1.jpg このタグが付いたKiefer neu のAMOREシリーズは「Consorzio Vera Pelle Italiana Conciata al Vegetale (=イタリア植物鞣し本革組合)」加盟タンナー(=鞣し工房)である「Conceria Nuova Grenoble Srl コンチェリア・ヌオヴァ・グレノブレ」が加工する食用として出荷された生後6カ月以内の子牛のしなやかな牛革を使用しています。この保証書が付いた製品の鞣し作業には、栗や南米原産の樹木ケブラッチョの樹皮から採取される植物性有機化合成分を用い、30以上の工程をかけて柔軟性や耐久性を得る完成までの日数は40日を要します。

 kiefer_neu1.jpg kiefer_neu2.jpg

 安価な皮革製品には硫酸クロムを使って短期間で仕上げるクロムなめし皮が使われますが、植物なめし皮のように使い込むにつれ艶が増し、飴色に変化するなど、独特の風合いを持つには至りません。近年では環境への配慮から天然由来成分を用いる植物なめしの良さが再評価されています。

kiefer.neu_amore3.jpg Consorzio Vera Pelle Italiana Conciata al Vegetale は、この技術を受け継ぐトスカーナのタンナーの呼びかけで1994年に発足し、現在23の工房が組合に加盟。セミナーや新作発表会などの活動を通じ、伝統技術の伝承と技術発展に寄与しています。

 海外の高級ブランドの多くが生産拠点を中国などアジア諸国に移しています。素材を吟選、社是のベスト・クオリティを追求しつつ中国でも品質管理を徹底させたことは、AMOREシリーズの高い質感からうかがえます。

 実はイントレチャート好きな庄イタ。ラムナッパ革ならではの柔らかな手触りが心地良いBOTTEGA VENETAの長財布を最近は使っています(下写真)。そこからKiefer neuを入手するために飛んで行ったのは福沢諭吉先生と野口英世博士が各2枚。

purse-bottega-benetta.jpg

 AMOREシリーズのカラーバリエーションであるブラック・チョコ・レッド・ネイビーの4色から選んだのは、深いグランブルーのネイビー。末永く愛用することで粋なクロコ姿となった子牛も天国で喜んでくれることでしょう。

AMORE/ボディバッグ 参考上代 22,050円(税込)W17×H33×D9
Kiefer neu URL : http://kiefer-neu.jp/

baner_decobanner.gif

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.