あるもの探しの旅

« 余は如何にしてバッカス信徒となりし乎 | メイン | 光と闇。二つの肖像 〈後編〉 »

光と闇。二つの肖像 〈前編〉

日伊国交樹立150周年記念 「カラヴァッジョ展」


michelangelo-merisi-caravaggio.jpg メソポタミア・エジプトを起源にギリシャ・ローマで開花した西洋美術は、盛期ルネッサンスで頂点を極め、16世紀中葉に〝マンネリ(ズム)〟の語源となったマニエリスムの時代を迎えます。

 ルーベンス、フェルメール、レンブラント、ベラスケスらに多大な影響を与え、新潮流バロックへの扉を開いたのが、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610)。

【 Photo】今回のカラヴァッジョ展に出品されたカラヴァッジョの没後間もない1617頃に描かれた作者不詳「ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの肖像(部分)」( ローマ:サン・ルカ国立アカデミー蔵)

 1527年5月、新教徒派スペイン王カール5世の軍勢とドイツ人傭兵が、破壊と略奪の限りを尽くした「Sacco di Roma ローマ劫掠(ごうりゃく)」で、ひどく荒廃した都の復興を果たすべく、ローマでは1585年に教皇に就任したシクストゥス5世以降、17世紀にかけて街並みの再整備が進みます。

centomila-Lire1_Caravaggio.jpg

【 Photo 】2002年のユーロ導入により消滅したイタリア・リア紙幣のうち、ラファエロ・サンティが描かれた最高額の500,000リラに次いで2番目に高額な100,000リラ紙幣の表図柄(上)は、オッタヴィオ・レオーニが描いたカラヴァッジョの肖像とカラヴァッジョが親友マリオ・ミンニーティをモデルに描いた「La Diseuse de bonne aventureBuona Ventura 女占い師」(1596~97 パリ:ルーヴル美術館蔵)。裏面(下)はイタリア初にして最高峰の静物画とされる「果物籠」(1599~1601頃 ミラノ:アンブロジアーナ絵画館蔵 / 下画像)

centomila-Lire2_Caravaggio.jpg

 共和制・帝政ローマの圧倒的な遺跡群とバロック様式の建築や彫刻、世界に現存するオベリスク30基のうちエジプトから運ばれた13基までもが重層的に混在する劇場都市ローマの景観は、造形の天才ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(1598-1680)やフランチェスコ・ボッロミーニ(1599-1667)らの功績によるところが大。

Canestra_di_frutta_Caravaggio.jpg

Canestra di frutta 果物籠(1599~1601?)ミラノ:アンブロジアーナ絵画館蔵】カトリックの正当性を示す図書館設立に動いていたフェデリコ・ボッローメオ枢機卿が、併設の絵画館に収蔵するべく発注した。籠が手前にせり出して見えるだまし絵効果を含め、みずみずしいブドウ・マルメロ・リンゴ・イチジクなどの果物が写実的に描かれている。リンゴの虫食い跡や枯れた葉などに、生命の儚さを象徴的に表現した画家の意図を汲むことができる

 帝政期に推定人口120万に達するも、16世紀末には10万人が暮らすテヴェレ川沿いを除けば、樹木が生い茂る廃墟となったローマ。その再生とバロック芸術の黎明期における記念碑の一つとなったのが、ローマ在住のフランス人のため1589年に建てられた「Chiesa di San Luigi dei Francesi サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会」。

 サン・ピエトロ大聖堂の設計やナヴォーナ広場の南北にある2つの噴水などを手掛けたジャコモ・デッラ・ポルタ(1532-1602)の設計による聖堂ですが、最大の見どころは、左側廊で最も奥まった「Cappella Contarelli コンタレッリ礼拝堂」の壁面を飾るカラヴァッジョの出世作「聖マタイ三部作」(1600~1602)。

vocazione_San_Matteo.jpg

Vocazione di san Matteo 聖マタイの召命(1599~1600)】画家のまぎれもない信仰の深さを示す出世作は「マタイ福音書第9章9節」の場面。救世主の背後から差す一筋の光。「私に従いなさい」と言うキリストが指差す先、左端が後に福音書記者・十二使徒の聖マタイとなるローマ帝国の徴税吏レヴィ

 鮮烈な明暗のコントラストが緊迫した臨場感を生む「聖マタイの召命」と「聖マタイの殉教」が公開されるや、コンタレッリ礼拝堂に群がる黒山の人だかりが引きも切らなかったといいます。〝ローマは1日にしてならず〟ですが、カラヴァッジョはローマで画家としての名声をわずか1日にして確立したのです。

 デフォルメを多用するマニエリスムとは無縁の正確なデッサン技量。陽光溢れるイタリアならではの明るい青を背景に多用したラファエロの画風に代表される盛期ルネッサンスとの決別を告げるかのようなカラヴァッジョの独創的な光と闇のドラマチックな表現は、衝撃的でさえありました。

Caravaggio_Martyr_St_Matteo.jpg

Martirio di san Matteo 聖マタイの殉教(1599~1600)】 聖人伝記集「黄金伝説」によれば、聖マタイは布教に訪れたエチオピアで洗礼ミサの最中、再婚に反対されたことに激怒したエチオピア王が差し向けた刺客(剣を手にした中央の半裸姿の男?)の手にかかり殉教した。天使がマタイに差し伸べる棕櫚の葉は殉教の象徴。中央奥に画家自身の顔が描かれている

 教皇クレメンス8世が布告した聖年にあたった1600年に免罪符を求めて集った巡礼者やローマ市民は、天才の出現に熱狂したことでしょう。カラヴァッジョはミレニアムにふさわしい新時代の幕開けを飾る寵児となったのです。

 礼拝堂の正面、中央祭壇画として描かれた「聖マタイと天使」は、対抗宗教改革を推し進めるカトリックの聖職者にとっては、旧来の宗教画の定石を覆すものでした。発注主コンタレッリ枢機卿の遺志を継いだ甥・フランチェスコから描き直しを命じられた2年後、全く異なる構図(下写真)の2作目で3部作は完成をみます。

Inspiration_St_Matteo.jpg

San Matteo e l'angelo 聖マタイと天使(1602)】天使から霊感を授けられ、福音書を記述する聖マタイ。カラヴァッジョは聖人を描くモデルとして農夫のごとき風貌の人物や娼婦を起用したことから、保守的な人々から攻撃されることがあった

 一躍時の人となった彗星のごとき画壇デビューの背景には、最初のパトロンとなったフランチェスコ・マリア・デル・モンテ枢機卿との出会いや、巡りあわせの幸運がありました。その波乱万丈の半生を紐解くと....。

 ミラノの貴族カラヴァッジョ侯フランチェスコ・スフォルツァに仕える執事であった父フェルモが、ミラノだけで17,000人が犠牲になった深刻なペスト禍により1577年に死亡したことで、生活が保障されていたメリージ家は経済的に困窮してゆきます。

 メリージ家の長子であった12歳半の少年ミケーレ(=ミケランジェロ)が、生まれ育ったカラヴァッジョの街からは40kmほど離れたミラノで工房を構えていた画家シモーネ・ペテルツァーノ(1535-1599)のもとで4年間の徒弟契約を結んだのが1584年。

frier-caravaggio-2016.jpg

【 Photo 】6月12日(日)まで東京上野国立西洋美術館で開催中のカラヴァッジョ展のフライヤーより。「トカゲに噛まれる少年(部分)」(右:1594 頃 ロンドン:ナショナル・ギャラリー蔵) 「ナルキッソス(部分)」(左:1598 頃 ローマ:バルベリーニ宮国立古典美術館蔵)

 契約満了後に帰郷した翌年、1590年11月に母ルチーアが没し、弟と妹の3人でわずかな財産を分け合います。生来の激しい気性が災いし、(一説に殺人のかどで)1年間投獄されたのち、郷里を離れて単身ローマに向かったのが1592年。

 やがて無一文となり、貧民街で野垂れ死に寸前のところをバチカンの要職にあったパンドルフォ・プッチ宅に住まうことを許されます。見返りは夕食のサラダ一品だけ。厨房の下働きをしながら、宗教画の模写や最初期の作品「トカゲに噛まれる少年」(上画像)を残しています。

 皮肉を込めてミケーレが「Monsignor Insalata サラダ殿下」と呼んだ雇い主のもとを去った後、徒弟となった画商やクレメンス8世から寵愛され、カヴァリエーレ・ダルピーノの名を授与された画家ジュゼッペ・チェーザリ(1568-1640)の助手となります。

Buona Ventura.jpg

Buona Ventura 女占い師(1594~95 ローマ:カピトリーノ絵画館蔵)】 フランチェスコ・マリア・デル・モンテ枢機卿が、ミケランジェロ・メリージの画才を見出した作品。身なりの良い世間知らずの若者から指輪を抜き取ろうとするロマの女性。細部が異なる1596~97作のほぼ同じ構図の絵をパリ・ルーヴル美術館が所蔵している

 日伊国交樹立150周年記念事業として6月12日まで開催中のカラヴァッジョ展に出品されている「女占い師」(カピトリーノ絵画館蔵)(上画像)、「果物籠を持つ少年」(下画像 :1593~94 ローマ:ボルゲーゼ美術館蔵)ほか、「I bali いかさま師」(1594~95 テキサス州フォートワース:キンベル美術館蔵)などを証左とする才能を開花させてゆきます。

 1596年に天賦の才を見抜く審美眼を備えたフランチェスコ・マリア・デル・モンテ枢機卿(下画像)に見い出され、(現在は改築されてイタリア国会上院となった)枢機卿の邸宅パラッツォ・マーダマで寝食の憂いなく創作に専念できる環境が整います。

Francesco_Maria_del_Monte-002.jpg

【 Photo】オッタヴィオ・レオーニ「フランチェスコ・マリア・デル・モンテの肖像(部分)」(1616 フロリダ州サラソタ: リングリング美術館蔵) 

 当初、マーダマ邸に隣接するサン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会コンタレッリ礼拝堂の壁面フレスコ画装飾を任されたのは、かつてミケランジェロ・メリージが師事した法王庁の御用画家ダルピーノでした。ところがダルピーノは聖年を控えて多忙を極めたため、仕事が遅延。依頼主によって契約は白紙に戻されます。

 恐らくはデル・モンテ枢機卿の取り計らいで、ミケランジェロ・メリージは依頼主の聖職者を納得させるに十分なデッサンを提出する機会を得て、当代きっての売れっ子画家と同額の報酬を得る好条件のもと、初の大仕事を成し遂げたのです。

Fanciullo_canestro_frutta.jpg

Fanciullo con canestro di frutta 果物籠を持つ少年(1593~1594 頃 ボルゲーゼ美術館)】肩をさらけ出しアンニュイな表情でこちらを見つめる少年が抱える籠に盛られた果物の描写は、後に描かれる前述の「果物籠」に通じる画家の手腕の確かさを物語る

 ミケランジェロ・メリージは、生まれる7年間に亡くなった著名な芸術家と同じ名を拝しながら、皮肉なことに郷里ロンバルディア方言では〝ならず者〟を意味する〝Michelaccio ミケラッチョ〟さながらに激しい気性の持ち主でした。

 2週間ほど創作に没頭した後には(都市の治安が悪かった当時、護身用として一般的だったにせよ)小柄な体躯には不釣り合いな刀身が90cmもある剣を携え、風紀の芳しくない地区に2カ月間も入りびたっては、暴行・武器不法所持・名誉棄損などの警察沙汰を引き起こすのでした。

Concattedrale-San-Giovanni.jpg

Decollazione di san Giovanni Battista 洗礼者ヨハネの斬首(1607~08)】強大なイスラムに対抗するカトリックの軍事拠点マルタ島の要塞都市ヴァレッタに本拠を置く聖ヨハネ騎士団の守護聖人、聖ヨハネを称えるサン・ジョヴァンニ大聖堂の祈祷所に描かれた最大(361mm×520mm)にして、唯一画家の著名が入った至高の作。この功績により、念願だった聖ヨハネ騎士としての叙列が果たされた1カ月後、上位の騎士との諍いを引き起こして騎士の称号は剥奪され地下牢に投獄されるが、騎士団長の手引きで脱獄。シチリアへ逃げ延びた

costanza_sforza_colonna.jpg

 謎多き画家を知る資料が裁判記録。1604年4月、デ・モーロ旅館でバター炒めと油炒めで注文した好物のアーティチョーク料理を運んできた給仕の態度に立腹し、皿を投げ付けた上、剣を抜いて脅したかどで訴えられ、罰金を支払って放免されています。

 4対4の乱闘で殺人を犯し、死刑宣告が出されたローマから逃亡したのが1606年5月。デル・モンテ枢機卿の庇護のもとにあった1600年から、カラヴァッジョが官憲に連行されたり告訴された回数は、公的な記録に残っているだけで13回。

 問題が発生するごと火消しに尽力したデル・モンテ枢機卿や、新たなパトロンとなったボルゲーゼ枢機卿ほか、父フェルモがミラノで仕えたカラヴァッジョ侯フランチェスコ・スフォルツァ夫人コスタンツァ(右上)もまた、問題児ミケランジェロ・メリージを庇護する役回りを務めました。

Cena-Emmaus.jpg

Cena in Emmaus エマオの晩餐(1606)】逃走資金を得るために描かれた作品。エルサレム近郊のエマオの宿で、夕食となるパンに祝福を与えた人物が、復活したキリストであると両側の使途が悟った瞬間、姿を消したというルカ福音書の記述による。1601年に同じ場面を描き、現在はロンドン・ナショナル・ギャラリーが所蔵する前作(下画像)から一転、背景のトーンを抑えた静謐な作風への転換点となった

Cena_Emmaus1601.jpg

 命を狙われるお尋ね者となり、決闘で負傷したミケランジェロ・メリージは、旧知の関係にあった侯爵夫人の実家であるコロンナ家が所有するローマ近郊の山中に建つ邸館に身を寄せます。

 4カ月に及んだ潜伏中に描かれ、今回の展示会に出品されているのが、「エマオの晩餐」(1606 ミラノ・ブレラ美術館蔵)と、2年前に真筆と認定されて以降、初公開された「法悦のマグダラのマリア」(1606 ローマ・個人蔵)。

madarena_maria.jpg

Maria Maddalena in estasi 法悦のマグダラのマリア(1606)】〝発見次第、殺害せよ〟という死刑宣告を受け、追手からの逃避行の間、画家が携えていた3枚の中のひとつ。娼婦だった過去を悔いるマグダラのマリアに自身を投影したのか、背景を覆いつくす闇はどこまでも深い。死の淵で神の秘蹟に触れ恍惚とする瞬間を大理石で表現したベルニーニ作「福者ルドヴィカ・アルベルトーニ」ほどのR18な印象は希薄

 当時はスペイン領でコロンナ家の庇護が期待できたナポリからマルタ島、シチリアまで4年以上に及んだ追手からの逃避行の末、恩赦を求めてローマを目指すも熱病に冒され、トスカーナ州南部ポルト・エルコレで38年の生涯を終えます。支援者による恩赦請求が教皇パウルス5世によって認められたのは、その直後。

CaravaggioUrsula.jpg

Martirio di S.Orsola 聖ウルスラの殉教(1610 ナポリ Palazzo Zevallos Stiglianoパラッツォ・ゼヴァロス・スティリアーノ美術館 蔵)】ジェノヴァを支配していたアゴステーノ・ドーリア侯が、子息マルカントニオ侯の愛娘で修道女となったオルソラのために注文し、1610年6月18日に受領した記録が残る。異教徒フン族の王アッティラの求婚を拒んだため、聖ウルスラが胸を射られた瞬間が左から射す光に浮かび上がる。命を狙う追手を逃れ、2度目のナポリ滞在中に描かれた最晩年の作。聖女の肩越しに惨劇の場面を目撃する人物として、画家は最後となる自画像を描き込んだ

 没後400年を控えた2010年、ポルト・エルコレのサン・セバスティアーノ礼拝堂の共同墓地で発見された遺骨が、炭素年代測定やDNA鑑定によって、85%の確率でカラヴァッジョのものだろうと推定されています。

dvd-caravaggio.jpg

【Photo】ヴィットリオ・ストラーロ監督作品「カラヴァッジョ~天才画家の光と影~(完全版)」 カラヴァッジョの生涯を描いた劇場映画のDVD版

 現存する真筆としては60点あまりが確認されているカラヴァッジョの作品から11点と、影響を受けたカラヴァジェスキと呼ばれる画家たちの作品で構成される「カラヴァッジョ展」の会期は、残すところわずか。

 画家として活躍した15年に満たない期間、華やかな名声とともに生前から毀誉褒貶にさらされたカラヴァッジョ。画家の生涯こそが、残された圧倒的な画業以上に劇的だったように思えてなりません。

 ピエモンテ州アルバ出身の美術史家ロベルト・ロンギ(1890-1970)による〝カラヴァッジョなくしてはバロック芸術は存在しなかった〟とする再評価が、1920年代になって定着するまで、カラヴァッジョは長らく忘れられた存在でした。

 西洋美術史に偉大な足跡を残し、20世紀になって輝きを取り戻した男の栄光と悲惨を、この機会に目撃してはいかがでしょう。続編では庄イタのイコン「バッカス」を読み解きます。

to be continued...

*****************************************************************

日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展
・会期: 6月12日(日)まで
・開場時間:9:30~17:30 *入館は閉館の30分前まで
6/1(水)~4(土),6/7(火)~11(土)は9:30~20:00に延長
・会場: 東京上野 国立西洋美術館 東京都台東区上野公園7-7
・観覧料金: 大人1,600円 大学生1,200円 高校生800円 (団体各200円引)
・URL: http://caravaggio.jp

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.