あるもの探しの旅

« この味、摘果されてこそ | メイン | Breakfast at Mutsuminato ~陸奥湊で朝食を~ »

吉岡宿はパラディーゾでござる!

映画「殿、利息でござる!」後日譚

 

Paradiso:パラディーゾ【イタリア語】楽園、天国、景勝の地

 今をさかのぼること250年前。時は江戸中期の1766年(明和3)から1773年(安永2)。世界に目を転ずれば、平等主義・人民主権などを掲げる啓蒙思想が欧州各地で広まりをみせていた時代。

 1769年、ジェノヴァ共和国からフランスに統治権が移行直後のコルシカ島で、のちに絶対君主制を市民が打破したフランス革命(1789)後の欧州を軍事力で席巻したナポレオン・ボナパルトが誕生。英国の植民地下にあったアメリカでは、独立宣言(1776)への布石となったボストン茶会事件(1773)が発生した頃。

risou_de_gozaru.jpg

©2016「殿、利息でござる!」製作委員会 tono-gozaru.jp

 かたや極東ジパング。ところは仙台藩第7代藩主、伊達重村の治世下の陸奥国吉岡宿。財政難に陥った藩に対し、庶民が現在の価値にして3億円を貸し付け、幕末まで金利を地域で分配し続けたという実際にあった前代未聞の出来事を映画化した「殿、利息でござる!」を皆さまご覧になったでしょうか。

 5月7日に仙台先行公開されたこの作品。同14日の全国劇場公開以降、各地でロングランを続け、興行収入は7月末に13億を突破。10月5日(水)のブルーレイ・DVD発売に向けた予約も好調なのだそう。

 配役は、身を挺して宿場を救った穀田屋十三郎役が阿部サダヲ。前代未聞の奇策を発案した知恵者の茶師・菅原屋篤平治は瑛太が演じ、竹内結子が居酒屋の未亡人女将♥とき、両替商を兼ねる造り酒屋の実家・浅野屋と同じ造り酒屋の穀田屋へ養子に入った十三郎の父・先代の浅野屋甚内を山﨑努、母きよは草笛光子、家業を継いだ十三郎の弟・甚内は妻夫木聡。

harukaze-shimoyo-kangetsu.jpg

©2016「殿、利息でござる!」製作委員会 tono-gozaru.jp

 仙台藩主・伊達重村役として起用され、物語の大詰めでスクリーンに登場するや、客席から歓声やざわめきが起きるフィギアスケーター・羽生結弦さんの映画初出演ながら堂に入った演技も話題を呼びました。

 監督は中村義洋氏。仙台市在住の作家・伊坂幸太郎氏の小説「アヒルと鴨のコインロッカー」や「ゴールデンスランバー」、リンゴ農家の木村秋則さん役を阿部サダヲが演じた「奇跡のリンゴ」など東北ゆかりの作品を手掛けてきました。

mushi_no_giapponesi.jpg 吉岡宿は、仙台藩の財政援助がある直轄地ではなかったため、奥州街道の要衝として人馬を提供する伝馬役(てんまやく)の重い負担に苦しんでいました。そのため課役に耐えきれず、夜逃げや住人の離散が後を絶たない存亡の危機にあったのです。

 窮状を打開するため、とことん生活を切り詰め、さらには私財まで投げ打ち、足掛け8年をかけて用意した一千両(約3億円)を仙台藩に貸し付け、その利息100両を毎年分配することで吉岡宿を救った穀田屋十三郎(1720-1777)ら9人の篤志家らに光を当てた評伝「無私の日本人」(文春文庫)が映画の原作。著者は歴史家の磯田道史氏です。

【Photo】庶民に儒学の心を説いた中根東里、幕末の女流歌人・大田垣蓮月とともに〝いまどうしても記しておきたい〟という思いに駆られた磯田氏によって、平成の世に蘇った穀田屋十三郎。「無私の日本人」文庫版の装丁に描かれるのは、七ツ森の山並み。山のようにブレない先人の気概と生き方に心が動かされる一冊

settte-monti.jpg【Photo】奥羽山脈の一角となる標高1,500mの船形山(上画像右奥)は、「御所山」とこの山を呼ぶ山形と宮城との県境となる分水嶺。宮城側、南川ダム周辺には名前に岩を意味する「倉」の字が入った笹倉山など標高500~300m前後の小高い7つの連山があり、総称の「七ツ森」の名で親しまれている。写真提供:宮城県観光課

kuhonji-sekihi.jpg 仙台城下から北へ25kmほど。宮城県黒川郡大和町吉岡は、東北自動車道大和ICからほど近く、多くの車両が行き交うR4が旧宿場を迂回するように通っています。

 酒田湊まで続いていた出羽仙台街道と松島街道とが奥州街道と交差する吉岡宿は、江戸時代後期の1821年(文政4)と1879年(明治12)に発生した二度の大火に見舞われます。そのため、9名の篤志家が守った宿場町の面影をかろうじて留めるのは、上町・仲町周辺の旧奥州街道沿いのごく一部。

【Photo】九品寺の山門前に立つ宝暦7年(1757)建立の道標。南無地蔵菩薩と刻まれた左右には「右せんだいみち 左まつしまみち」という道案内が判読できる

 区割り以外に往時と変わらないのは、船形山を背に特徴的な山容を連ねる七ツ森の姿と、伊達家ゆかりの古刹、臨済宗「天皇寺」や、穀田屋を屋号とする高平家や菅原屋篤平治の菩提寺、浄土宗「九品寺」の山号「蓮台山」を掲げる山門前の苔むした石碑など(下画像)

kuhonji-sanmon.jpg

 九品寺の境内には、子宝に恵まれなかった菅原屋篤平治・なつ夫妻が眠る墓碑の脇に地元の有志が寄付を集め、2003年(平成15)に建立した「国恩記顕彰碑」(下画像)があります。

kokuonki-kenshohi.jpg

 穀田屋十三郎は〝私がしたことを人前で語ってはならない。我が家が善行を施したことなど、ゆめゆめ思うな。何事も驕らず、高ぶらず、地道に暮らせ〟と家族に言い残し、念願が叶った4年後の1777年(安永6)、58歳でこの世を去りました。

 奥ゆかしい東北人ならではのエエ話やなァ(T-T。

 高平家には高さ20cmほどの裃と髷姿の十三郎の座像(下画像提供:穀田屋)を収めた「お堂っこ様」が伝わっており、新たな年を迎えるごと、家族そろって拝礼するのを習わしとしています。

odo-cco-sama.jpg

 磯田道史氏が「無私の日本人」を執筆する際、下敷きとなったのが、全6巻からなる「吉驛國恩記(よしおかこくおんき・国恩記)」。

 九品寺にほど近い曹洞宗「龍泉院」の住職・栄洲瑞芝(えいしゅうずいし)が、辛苦を乗り越えた9人の善行を後世に伝え、心ある者が精神を受け継ぐことを願って編纂した歴史書です。

 国恩記は、穀田屋十三郎ら9名が存命中だった1773年(安永2)から1781年(天明元年)まで8年がかりの聞き取りに基づいて記されました。9人の精神が末永く伝わるよう、漆箱や袱紗(ふくさ)で幾重にも包み、防虫対策の上、土用の時季に風通しをするなど、事細かに保管の仕方まで指示してあります。

shikishi-isoda.jpg【Photo】「無私の日本人」執筆取材のため、旧吉岡宿で穀田屋十三郎の子孫が営む酒販店「穀田屋」を訪れた磯田道史氏が、店頭で書き記した色紙。そこに選んだのは、穀田屋十三郎が最晩年に言い残した含蓄あるこの言葉。9名の功績を聞くに及んだ藩から下賜された報奨金、1名につき2両2分(浅野屋は3両3分)も、9人はすべて宿場のために分配した

 古文書から歴史を冷静に分析し、埋もれた史実を明らかにすることを常とする歴史学者磯田道史氏をして、公益のため尽力した穀田屋や浅野屋らの生きざまを記した国恩記に目を通していて、感涙を禁じえなかったといいます。

honjin-i.jpg 映画「殿、利息でござる!」宮城県先行公開に合わせ、尊い共助の心で旧吉岡宿上町にあった本陣跡に「吉岡宿本陣案内所(上画像・Phone:080-8236-2008 ・営:9:30~16:00 火曜定休/年末年始休 ※8月末まで無休)が開設されました。

 5月7日の開設以来、7月末時点でおよそ8,000名が訪れたという本陣案内所。常駐するスタッフの説明を聞きながら、展示される関係資料の理解を深められるほか、マップ(下画像)を片手に街並みを散策してはいかがでしょう。

mappa-yoshioca.jpg

 吉岡宿の街並みのロケ地が、庄イタにとっては庭に等しい月山の麓スタジオセディック庄内オープンセットであることを忽ちに見抜いた映画には、茶畑のシーンが幾度か登場します。

 伊達藩が茶の栽培を奨励したこともあり、宅地化が進んだ現在では思いもつきませんが、富谷町明石・成田から、小野・宮床・吉田など大和町にかけての地域は、伊達藩における茶の一大産地でした。

sign-sugawaraya.jpg

 優れた茶師であった菅原屋篤平治。茶を献上した京都九条家から〝春風の香ほりもここに千代かけて花の浪こす末の松山〟という和歌とともに授かった「春風」「薫香」「千世」など、5つの茶銘を螺鈿(らでん)で額装し、仙台藩ご用達の菅原屋の店頭を飾っていた看板(上画像)が、当時の宿場の雰囲気を今に伝えます。

kokudaya-201606.jpg

 映画の最後で紹介されている通り、250年の歳月が流れた現在、吉岡宿を救った9名の篤志家の子孫で唯一、旧宿場に現存するのが穀田屋(上画像)

 十三郎の時代は造り酒屋でしたが、現在は子孫の高平和典さんが酒販店を営んでおいでです。造り酒屋を起源とする穀田屋の店内には、磯田道史氏が訪れた際の〝一粒の花の種は ...〟の一節を記した色紙や映画ゆかりの品が展示されています。

 有機農法で栽培した宮城県産の酒造好適米「蔵の華」を用い、船形山系伏流水を仕込み水とし、加美町の山和(やまわ)酒造店に醸造を委託しているオリジナル特別純米酒「七ツ森の四季」(720mℓ・1,296円)を買い求めました。

quattoro-stagioni-settemonti.jpg

 藩主重村から直々に酒銘を授かった3つの酒「春風」「霜夜」「寒月」は、宿場を救う浄財一千両の1/3(約1億円)を負担したことで破産寸前となった浅野屋が売り出しました。藩主ゆかりの酒は、巷の評判を呼び、浅野屋は持ち直したといいます。

 甚内は、その後も私財を投じて橋を架け、道普請でも宿場に貢献。天明大飢饉(1782-1788)に際しては食料支援を行うなど救済に尽力。75歳まで9名の中では最も長生きをし、1802年(享和2)9月に亡くなった甚内の最期の願いは〝戒名は(位が高い)居士ではなく、先に逝った皆と同じ信士に〟というもの。

 かくして九品寺にある9名の法名碑には、誰よりも多額の寄進を寺に対して行った檀家総代の甚内に僧侶が用意した戒名「善誉院慈慶信士」ではなく「善誉慈慶信士」と刻まれています。いやはや...(T-T。

harukaze-tono.jpg

 上町の本陣正面にあった浅野屋は、明治12年の大火後に廃業。跡地には現在「瀬戸医院」が建っています。浅野屋の廃業で途絶えた殿様ゆかりの酒が、映画公開を機に蘇りました。

 1952年(昭和27)、宮城県塩竃市で創業した「酒のやまや」傘下の大和蔵酒造が製造する大吟醸「殿の春風」(720mℓ・2,160円)は、町内の酒販店「馬場商店」「浅多商店」、酒のやまや各店またはJR仙台駅1階およびS-PAL地階の酒類販売店で。

 純米吟醸「殿の霜夜」(720mℓ・1,940円)、純米「殿の寒月」(720mℓ・1,620円)は、宮城県栗原市金成の「萩野酒造」が商品化。左党ならずとも羽生君ファンには見逃せないのでは? 

riso-cokkie02.jpgriso-cokkie01.jpg

 店を訪れた日曜日限定で穀田屋で扱っているのが、はす向かいの洋菓子店「梅香亭」が商品化したココア風味のクッキー「殿、利息ッキーでござる」(110円)。

 月~土は梅香亭でお買い求めのほど。何故なら、バナナ風味のパウンドケーキ「大和んバナナ」や「七ツ森盛りクッキー」など、おかしなお菓子と出合えますので(^0^;

shokuji-de-gozaru.jpg

 大和んバナナと双璧をなすネーミングセンスを利息ッキーでも発揮した梅香亭や、吉岡宿本陣案内所正面の「とんかつ やぐら」がブームに乗り遅れてはならじと編み出した「殿、食事でござる 千円定食」(上画像)には思わず苦笑。

 苦心の末に庶民が用立てた千両を元手に支配者から金利を頂くことで存続した旧吉岡宿の衆の知恵者ぶり健在を見届け、吉岡宿から旧出羽仙台街道・R457を2里(8km)ほど北上、目指すは加美郡色麻町の自然食レストラン「RICEFIELDライスフィールド)」。

RICEFIELD2016.jpg【Photo】ライスフィールドという名の通り、店の前は田んぼ(上画像)。キュートなワンコが愛嬌を振りまく店内には心地よいBGMとゆったりした時間が流れる(下画像)

wanco-ricefield.jpg

RICEFIELD ライスフィールド・住:宮城県加美郡色麻町大下新町13−3 ・Phone:0229-65-3430 ・営:11:30~21:00 水曜・第二火曜日定休 <2011.8拙稿「ばんつぁん市 I'll be back.」参照>

ricefield-shop.jpg【Photo】無施肥・無農薬自然栽培によるササニシキ玄米ご飯と餡かけふっくら豆腐ハンバーグの定番セット(下画像:税込880円)ほか、カラダが喜ぶ大地の恵みを食することができる

hamburg-ricefield.jpg 今の季節の狙い目は「トマトとナスの冷製パスタ(下画像:ミニサラダ付き930円)。真夏の太陽を浴び、素材の力がみなぎる真っ赤に熟した露地トマトと茄子がゴロゴロとふんだんに入り、大葉の香りがアクセントとなる夏季限定の逸品です。庄イタが10年以上愛してやまないこのメニュー。

pomodoro-meranzane-ricefield.jpg

 冷製に適した細目のロングパスタを使うようになった昨シーズンから、絶妙なアルデンテに食感がバージョンアップ。相性が良いひんやり夏野菜と和洋折衷の味付けが織りなす一体感もまた従来以上に向上しています。夏を元気に乗り切るパワーを充填できる一皿。美味しいですよ~。ぜひぜひ(^^。

baner_decobanner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

Luglio 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

archive.gif

Copyright © KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO.