第67回河北書道展の作品を下記の通り募集します。

 ●作品募集要項はこちらからFile
 ●出品申込書は こちらからFile
 ※ 出品票は「河北書道展」係までご請求ください。

第83回河北美術展につきましては、新型コロナウイルスの感染リスクに配慮し、中止いたします。
4月7日(火)、8日(水)に予定しておりました作品搬入も実施いたしません。

先送り、業者搬入などで作品を既に発送された皆さまには、弊社より作品をお戻しいたします。
また出品料も全額お戻しします。
作品と出品料の到着を確認後に、事務局より皆様に直接ご連絡を差し上げますので、今しばらくお待ちください。

前売り券の払い戻し方法は河北新報ホームページで後日お知らせします。

なお本展は休展とし、来年、第83回展を開催します。
今年応募できなかった作品、また新たに制作を始められる作品が集まり、今回の空白を吹き飛ばすような芸術の力溢れる展覧会となるよう、鋭意準備をすすめて参ります。
皆様の次回展へのご応募を心よりお待ち申し上げます。

<お問い合わせ>河北新報社文化事業部(担当)塚原 電話022-211-1358(平日午前10時~午後5時)

作品募集要項.pdf
出品申込書.pdf
出品票(4枚綴り).pdf

俳句(4/12掲載) - 三陸河北新報社

【石母田星人 選】

===

ランタンの聖火灯りて風光る  (東松島市矢本・雫石昭一)

【評】あらゆる困難を乗り越えてやってきた聖火。その火を目にしてからは、くすんで見えていた野原や樹木など周囲の景が輝きを増したように感じられた。辺りを磨きあげたのは春の風だ。いよいよ春本番。

===

一心に願かけし子よ雲雀鳴く  (石巻市相野谷・山崎正子)

【評】この子は、何を祈って、何に立ち向かったのだろう。内容は定かではないが、自らの努力だけではどうにもならないことのようにも思える。下五の季語「雲雀鳴く」の表現で良い結果が出たことが分かる。青空へぐんぐんと上昇する雲雀。その鳴き声はまさに命の賛歌。軽快な雲雀を見つめる子の表情は明るい。中七最後の切字「よ」が効果的に作用した。この語の働きで句全体が強い愛情に包まれている。

===

花冷えや体温計の音かすか  (東松島市野蒜ケ丘・山崎清美)

【評】桜が咲いて寒さの時期も過ぎたというのに、また寒さが戻ってきた。そんな朝の光景だ。かすかな電子音を鳴らすことで花冷えの印象が鮮明になった。

===

休校児童と大人の会話百千鳥  (仙台市青葉区・狩野好子)

【評】春の季語「百千鳥」は、さまざまな鳥がひとところに群れさえずるさまを言う。その鳴き声の下、閉じ込められていた児童たちの声が聞こえてきた。

===

復興へ土持ち上げてチューリップ  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

涅槃西風トーチの先を過ぎて行き  (石巻市丸井戸・水上孝子)

地震九年祈りの海に虹の橋  (東松島市あおい・大江和子)

春の夜の金の折鶴飛ぶ構へ  (石巻市小船越・芳賀正利)

産土の凪の海みて墓参かな  (石巻市蛇田・石の森市朗)

坪庭を荒し恋猫傷舐める  (東松島市矢本・紺野透光)

小窓より覗く看護師春燈  (東松島市新東名・板垣美樹)

古本の朱線あざやか春灯  (石巻市開北・星ゆき)

春光を裏返しゆく耕運機  (東松島市矢本・菅原れい子)

枝くはへ鴉は低く春疾風  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

へつつひの煙の匂ふ里の春  (石巻市吉野町・伊藤春夫)

芸人の手縫ひの仕草沖は春  (石巻市中里・川下光子)

桜湯をグラスに満たし友待てり  (石巻市南中里・中山文)

梅咲いて施設の妻へ告げられず  (石巻市恵み野・木村譲)

ほろほろと鳴く山鳩や山笑ふ  (石巻市門脇・佐々木一夫)

さきがけて散り始めたる杏かな  (石巻市元倉・小山英智)

川柳(4/12掲載) - 三陸河北新報社

【水戸一志 選/評】

◎安倍首相が突然、昔の布マスクをつけて現れた。意表を突いたパフォーマンスの意味はすぐに判明。マスクが足りず国民が困っているから、代用に布マスクを配給するという。「欲しがりません勝つまでは」。そんな標語が、かつてこの国にあった。トホホ。

===

◎ 布マスク見るの何年ぶりだろう  (仙台市青葉区・吉田真一)

  荒波に向かって孫の初出勤  (東松島市大塩・小野よし)

  けんさんのお笑いコント天国で  (石巻市不動町・新沼勝夫)

  もう一度聞きたい言葉だいじょうぶだあ  (東松島市大曲・添田潤)

  つばめより早くウイルス飛んで来る  (石巻市桃生町・高橋希雄)

  カタカナ語増えて街から人が消え  (石巻市蛇田・菅野勇)

  コロナには銃器使えぬ大統領  (東松島市赤井・片岡シュウジー)

  後輩のエール映像背に巣立ち  (石巻市蛇田・鈴木醉蝶)

 先月22日、河野太郎防衛相が自身のツイッターで、新型コロナウイルス対応で横文字の専門用語が多用されていると批判。「クラスター」(集団感染)、「オーバーシュート」(感染爆発)、「ロックダウン」(都市封鎖)と列挙し、「なんでカタカナ?」とつぶやきました。

 英語が堪能で、政界屈指の138万人以上のフォロワーを誇る氏のこの意見に、24万超の「いいね」が寄せられ、話題となりました。「日本語で言えることをわざわざカタカナで言う必要があるのか」と思う人も多いようです。

 そこでこれを機に、本コラムでは「カタカナ語」について皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 私はこれまでカタカナ語についての著書を出版する幸せに預かりました。「カタカナ語 目からウロコ」(河北新報出版センター、2010年)および「カタカナ語 なるほど、そうか!」(同、2016年)の2冊です。既にお読みくださったかも知れませんね。

 「目からウロコ」の中で、カタカナ語の持つ六つの効果を述べました。その一つが「オブラート効果」です。

 例えば「クレーム」。この言葉はもうすっかりおなじみになりましたが、「苦情」「異議」などの日本語に置き換えると、かなり険しい響きになります。(もっとも、元々の英語 claim は「主張」「権利」を表す言葉で、「苦情」という意味はほとんどないことも記しました。)

 また、「テロ」をそのまま「恐怖」としたのでは、身の毛がよだつ感じになります。ただし、この効果は「真実をオブラートで体裁よく隠す」という「負」の性格を帯びていることも事実です。

 次回は他の「効果」も紹介しながら、カタカナ語について私なりに考えることを述べてみたいと思います。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

短歌(4/5掲載) - 三陸河北新報社

【佐藤 成晃 選】

===

ギリシャより空輸されたる聖火をばスモークで迎えるブルーインパルス  (東松島市矢本・奥田和衛)

【評】ギリシャからの聖火を積んだ飛行機が、松島基地の滑走路へ降下してくる映像には感激した。いよいよだ、の感激だった。その雄姿を歓迎する5色のスモーク。強風でなかったら、5色の五輪を描いたのかもしれない。ただ、コロナウイルスで東京五輪は延期になってしまった。けれどもこれを幸いとして前向きの対応をしていくのが国民の努めかもしれない。まずは感動をありがとう、と叫びたい。

===

海の香を男の心にしみ込ませ漁師一筋五十年余り  (石巻市水押・阿部磨)

【評】50年余りの漁師生活に、ある満足感を抱いての作歌であろう。「男の心にしみ込ませ」の言葉遣いから、初めのうちは「大変な仕事」だと感じて、その仕事にむりやり体を慣れさせた雰囲気にも読める。最初のころの仕事への違和感を克服しての50年余りの漁師生活。その満足感みたいなものに読者は癒されるのではないだろうか。思い出としての漁師生活であっても、作品として詠みついでいってほしいものだ。

===

日記帳埋めゆく先に広がるは我だけにある記憶の倉庫  (石巻市南中里・中山くに子)

【評】毎日、日記をつけることを習慣としているのだろうか。一年用日記帳、三年用日記帳など日記帳にもさまざまな物が商品として店頭に並ぶ昨今である。この日記帳が満杯になったあとの楽しみが格別だ。「記憶の倉庫」と例えているが、まさにその通り。「記憶の花園」でもあるのだ。振り返ることの楽しさを独り占めにしている作者が見えるようだ。

===

六十五年妻と迎えし弥生月春陽射す日も雪降る時も  (石巻市駅前北通り・津田調作)

ひとつ事片付け済みてひと日暮れ二つとはできぬ老いの日常  (石巻市羽黒町・松村千枝子)

九年を住みしマンションまほろばと余命いくばく寿命に任す  (石巻市中央・千葉とみ子)

ねむの木のみやぎまり子の訃報聴く新型コロナうずまく春に  (石巻市恵み野・木村譲)

上ばきにわらぞうり履き学び舎の廊下駆けにき学童われら  (石巻市駅前北通り・庄司邦生)

静寂の中で戦う力士たち行司の声がこだましている  (石巻市水押・佐藤洋子)

あたたかな春の日差しに餅草を摘みて搗(つ)きたり彼岸の入り日  (石巻市桃生・三浦多喜夫)

春浅き湯の里秋保で酌(く)み交わし老躯(ろうく)を癒す一時の至福  (石巻市わかば・千葉広弥)

北上の流れと並び懐かしや和渕の里の友の面影  (仙台市泉区・米倉さくよ)

井戸水も木炭七輪も使いたるあの日を思う九年過ぎぬ  (石巻市蛇田・千葉冨士枝)

主のいない家に咲いてる梅の花どこか寂しくやさしさ香る  (石巻市不動町・新沼勝夫)

八十路(やそじ)という文字に捕らわれ自らを<老い>にはせぬと頬に紅さす  (東松島市赤井・佐々木スヅ子)

ヨシ刈りも人手不足かボランティアの喜々と働く老いも若きも  (仙台市青葉区・岩渕節子)

下北に短命の父訪ぬれば彼岸の墓も陸奥(むつ)湾も春  (石巻市渡波町・小林照子)

笑み浮かべ「また会えるかね」と友が言う握る力は以前よりよわし  (石巻市須江・須藤壽子)

人間のおごり諫(いさ)めるかのごとくこれでもかとぞコロナが攻める  (石巻市向陽町・中沢みつゑ)

身から出た錆とは言えどかなしけれ孫にも子にも逢えぬわが身は  (石巻市三ツ股・浮津文好)

川柳(4/5掲載) - 三陸河北新報社

【水戸一志 選/評】

◎旧北上川が仙台湾に注ぐ河口を見下ろす日和山。高さはないが、頂上からの眺めの壮大さは石巻市民の自慢である。伊達政宗が仙台築城の際、候補地の一つに挙げたとも伝わる。パンデミックで引きこもりを余儀なくされているとき、こうした句は救いである。

===

◎ 日和山立てば天下が欲しくなり  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

  行く用事次々消されお宅する  (石巻市桃生町・佐藤俊幸)

  無観客気持ち入るかプロ選手  (石巻市水押・佐藤洋子)

  休みです最初うれしやもう飽きた  (石巻市開北・安住和利)

  朝日浴び免疫アップ深呼吸  (東松島市矢本・遠藤恵子)

  AIもウイルスの一手読めなそう  (東松島市矢本・川崎淑子)

  世の中に銭ほど嫌なものはない  (東松島市矢本・斎藤勝彦)

  三〇キロハードル高い避難先  (石巻市あゆみ野・日野信吾)

※4月13日更新
第23回仙台青葉能公演中止および払戻しに関するお知らせ

5月16日(土)仙台市青葉区の電力ホールで開催予定だった「第23回仙台青葉能」は、新型コロナウイルス感染拡大が続いていることから、ご来場予定の皆さまの予防と感染拡大防止を考え、公演を中止させていただくことを決定しました。
本公演を楽しみにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げますとともに、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
つきましては、チケット代金の払戻しを行います。購入先によって払戻し方法が異なりますので、下記をご確認のうえ、お手数ですが払戻し期間内にご自身で手続きをお願いいたします。

<払戻期間>4月15日(水)~5月15日(金)まで 
※「チケットぴあ」のみ4月15日(水)~7月31日(金)まで
※払い戻し期限を過ぎますと払い戻し手続きはできなくなります。予めご了承ください。
※半券が切り離されたチケットは払い戻しできませんので、ご注意ください。


■藤崎プレイガイド ■仙台三越プレイガイド

下記住所へ郵便局の特定記録郵便にてチケット返送をお願いします。
(チケットが確認できない場合は返金出来ませんので、返送方法は必ず特定記録郵便でお願い致します)

<払戻し方法>
払戻し期間内必着で下記住所まで、チケットとともに必要事項を明記したメモを封筒に入れて、
お近くの郵便局から「特定記録郵便」でお送りください。

・返送先
〒980-8660 仙台市青葉区五橋1丁目2-28 河北新報社 事業部「青葉能」係宛

・同封メモ
郵便番号、住所、氏名、(日中ご連絡がつく)お電話番号
銀行名、支店名、預金種目(普通or 当座)、口座番号、口座名義(フリガナ)
(郵便口座の場合は記号番号もご記入ください)
※チケット代金と特定記録郵便代(244円)を合わせた金額を6月末までにご返金致します。
※ご返金完了のご連絡は行いませんので予めご了承ください。
※今後の社会情勢等によりご返金の時期が遅くなる可能性もございます。

■チケットぴあ(セブンイレブン、ファミリーマート、ぴあ店舗)

セブンイレブン、ファミリーマートでご購入されたお客様は、
発券した店頭窓口にて、払戻しの手続きを行ってください。
(ご購入店舗名はチケット左下に記載されています)

ぴあ店舗(ぴあステーション、ぴあスポット)でご購入、
または、配送受取で購入された方はぴあへ郵送になります。
詳しくはURL にてご確認ください。
<お問合せ>お問い合わせの際は、チケットぴあヘルプページの「よくある質問」よりお願いいたします

◆お問い合わせについて
以下お問い合わせ窓口が休止いたします。
・チケットぴあインフォメーション<0570-02-9111>
・プレミアム会員センター<0570-00-9222>
・チケットぴあメールセンター<0570-02-9596>

■河北チケットセンター

◆宮城県内の河北新報販売店からお届けの方
ご購入者様には、近日中に河北チケットセンターから払い戻しのご案内ハガキを送付させていただきますので、ハガキをご確認ください。払い戻し受付期間内に、お届けした販売店へご購入者様がチケットをご持参いただき、払い戻し手続きを行ってください。チケット代金を現金でご返金させて頂きます。
※販売店により営業時間が異なりますので、ご注意ください。
※必ずお届けした販売店で払い戻しをお受けください。お届けした以外の販売店での払い戻しはできません。

◆宮城県外で宅急便コレクト(代金引換)をご利用の方
下記住所へ郵便局の特定記録郵便にてチケット返送をお願いします。チケットが確認できない場合は返金出来ませんので、必ず特定記録郵便をご利用ください。
[払い戻し方法]
払い戻し受付期間内必着で、下記住所まで、チケットとともに必要事項を明記したメモをご同封のうえ、お近くの郵便局から「特定記録郵便」でお送りください。

・返送先
〒980-8660 仙台市青葉区五橋1丁目2-28 河北新報社 事業部「青葉能」係宛


・同封メモ
郵便番号、住所、氏名、(日中ご連絡がつく)お電話番号
銀行名、支店名、預金種目(普通or 当座)、口座番号、口座名義(フリガナ)
(郵便口座の場合は記号番号もご記入ください)
※チケット代金と特定記録郵便代(244円)を合わせた金額を6月末までにご返金致します。
※ご返金完了のご連絡は行いませんので予めご了承ください。
※今後の社会情勢によりご返金の時期が遅くなる可能性もございます。
※なお、お届けした際の送料・代引き手数料についてはお戻しいたしません。
<お問い合わせ> 河北チケットセンター 022-211-1189(平日10:00~14:00)

■仙台市市民文化事業団

仙台市市民文化事業団(日立システムズホール仙台)、仙台銀行ホール イズミティ21でご購入されたお客様は、下記①~②のいずれかの方法にて払い戻しいたします。

①チケット郵送・銀行振込での払い戻し
払い戻し受付期間内に下記住所まで、チケットとともに必要事項を記入したメモを封筒に入れて、『特定記録郵便』にてお送りください。
チケット代金とご負担いただいた郵送料を合わせた金額を4月下旬から順次ご返金いたします。

・返送先
〒981-0904
仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5
仙台市市民文化事業団 総務課
チケット払い戻し係
・郵送物
a. チケット(半券を紛失したものは無効です)
b. 下記の必要事項を記入したメモ
郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、お電話番号、銀行名(七十七銀行の口座をお持ちでしたら、ご指定いただけると幸いです)、支店名、口座種別(普通or当座)、口座番号、口座名義(ふりがな)
※メモに記入いただいた個人情報は、該当公演のチケット代金の払い戻しを目的とした業務にのみ使用いたします。
※ご返金完了のご連絡は行いませんので予めご了承ください。

②日立システムズホール仙台・仙台銀行ホール イズミティ21での払い戻し
1階事務室にチケットをお持ちください。チケットと引き換えに返金いたします。
払い戻し受付時間=9:30~19:30
※休館日は払い戻しができませんのでご注意ください。【日立システムズホール仙台は払い戻し期間中、館日なし。仙台銀行ホール イズミティ21は5月11日(月)】

チケット払い戻しに関するお問合せ
(公財)仙台市市民文化事業団総務課企画調整係
TEL:022-727-1875

■その他 

上記以外の団体からの購入は各販売元へお問い合わせください。

<お問合せ>河北新報社事業部 ☎022-211-1332(平日10:00~17:00)

==========================

寿福増長と天下泰平を祝う 
美しい舞を披露!


喜多流 能 「高砂」
佐々木 多門

和泉流 狂言 「栗焼」
人間国宝・野村 万作

喜多流 能 「枕慈童」
人間国宝・友枝 昭世


極上の音響を誇るクラシック専用ホールで 辻井伸行のピアノの美しい響きを堪能する!
プレミアム・リサイタル2020では、2020年に生誕250年の記念イヤーを迎えるベートーヴェンを取り上げます。
数多いベートーヴェンのピアノの名作の中でも名曲中の名曲といわれ、辻井伸行がヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールの1次予選で演奏し、審査員と聴衆を深い感動を与えたピアノ・ソナタ第29番《ハンマークラヴィーア》をメイン曲に、前半は初期と中期の傑作ソナタを演奏します。
音響の良いホールで披露することでこそ、作品の魅力を堪能することができる本格的なピアノ作品ばかりを、辻井伸行自身の選曲で堪能できます。

●予定演奏曲~オール・ベートーヴェン・プログラム~
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 《月光》
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 《ワルトシュタイン》
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番 変ロ長調 《ハンマークラヴィーア》

文明の利器 - 三陸河北新報社

 石巻市のコミュニティーFM「ラジオ石巻」が、子どもたちに向けて先生のメッセージを届ける放送を続けている...そんな話題が3月20日の朝日新聞県内版に掲載されました。

 3月16日に石巻中で行われた卒業式で3年生が歌った森山直太朗さんの「さくら」を、教職員が改めて音楽室で合唱。それを松浦佳奈アナウンサーが収録し、続いて「みんな、元気にしていますか」といった先生方による録音メッセージが加わり放送されたとのこと。

 何と心温まる企画でしょう。学校が臨時休校となる中「メディアとして何か役に立つことはないか」と松浦さんをはじめ、局のスタッフが考えた末のことに違いありません。「ラジ石」のファンの一人として大きな拍手を送りたいと思います。

 さて、このラジオ企画には 「文明の利器」( modern conveniences )が力を発揮。マイク、録音機、編集・放送に必要な機材など、放送局には高性能な機器が備わっていますが、今や一般の人々も持つ時代。ご存知「スマホ」( smartphone )には録音、さらにはカメラ機能も付いています。

 「録音する」は英語で record ですが、これはラテン語の「 re-(再び)」+「 cor(心)」で、「再び思い浮かべる」がもともとの意味。「ラジ石」の番組では、録音した全教職員による「待ってます」という生徒への呼び掛けで終わっています。

 最後に、以前から疑問に思っていることが一つ。

 たて笛として親しまれている「リコーダー」も英語で recorder とつづります。「録音」とどのような関係があるのか?

 古英語( Old English、5~11世紀)の record には「鳥がさえずる」という意味があり、これに由来するという説が有力ですが、確かなことは不明のようです。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)