« 2021年3月 | メイン | 2021年9月 »

2021年7月14日

清掃ボランティア 活動スタート

 2021年度の清掃ボランティア活動が始まりました。第1回は技術局と108事務局で実施。年度末まで各職場持ち回りで行う予定です。

 五橋公園周辺でごみ拾い

6月 活動中(軽) IMG_20210616_141128.jpg

 6月中旬の平日午後、河北新報社本社周辺から五橋公園へと続く歩道と公園内の清掃活動を行いました。かほく「108」クラブのオレンジ色のビブスを着用し、新型コロナウイルスの接触感染防止のため、両手は軍手またはゴム手袋で防備。ゴミ袋とトング(火ばさみ)を持ち、歩道や公園の植え込みの根元などで、タバコの吸い殻やペットボトル、飲料缶、菓子類の小袋、不織布マスクなどを拾いました。

 ふだん中腰での作業は少ないという人が多く、数回かがんでは腰に手を当て伸ばす動作の繰り返し。それでも、歩道で目が合うと優しく会釈してくれる通行人の方もいて、「無言のエール」を頂きました。

 

かほく「108」ファンド贈呈式

かほく「108」クラブは5月31日、仙台市青葉区五橋の河北新報社別館ホールで2021年度のかほく「108」ファンド贈呈式を行いました。

 贈呈式 記念写真(軽軽).jpg

「育む」活動の励みに

  贈呈式では、あらためて5団体の活動をダイジェストで紹介。一力雅彦かほく「108」クラブ会長は「行政などの手が届きにくい領域への継続的、組織的な活動に、心から敬意を表します。コロナ禍で苦労も多く、子どもたちの生活に心配事が尽きないと思います。ささやかですが、助成を励みにしてください」とあいさつし、各団体の代表に目録を手渡しました。引き続き行われた懇談では、各団体から抱負などとともに謝意が述べられました。

 本年度は「育む」のテーマと共に、新型コロナ対策を講じることを条件に募集しました。当初22団体から応募があり、選考を重ねた結果、基準に沿った活動を計画している県内の5団体に助成金合計85万円を贈りました。

〈2021年度 助成団体〉

けせんぬま森のおさんぽ会(気仙沼市)/外国人の子ども・サポートの会(仙台市)/一般社団法人sc.field(仙台市)/ティーチみやぎ(仙台市)/子育てのご近所さん「ただいまおかえり」(丸森町) 

 

2021年度助成団体を決定しました

  5月19日、河北新報社別館ホールで、かほく「108」ファンドの2次審査会(プレゼンテーション)を実施しました。昨年度は新型コロナウィルス感染拡大防止で休止したため、2年ぶりの審査会です。1次審査(書類選考)を通過した7団体が出席し(うち1団体はリモート参加)、申請した活動の意義や見込まれる成果を熱くアピールしました。108クラブ運営委員を兼ねる選考委員が慎重に審査し、5団体(助成総額85万円)を選定しました。

 かほく「108」ファンド2021年度 助成団体

けせんぬま森のおさんぽ会(気仙沼市)「豊かな自然を活かした"子どもの育ち"をみんなで見守る環境づくり」

外国人の子ども・サポートの会(仙台市)「日本語を母語としない児童生徒のための学習サポート」

一般社団法人sc.field(仙台市)「おやこフェス2021」

ティーチみやぎ(仙台市)「自閉症スペクトラムの子どもの親と支援者のための個別無料相談」

子育てのご近所さん「ただいまおかえり」(丸森町)「育てやま『農と暮らしを体験する会』」

二次審査風景(軽)D6A_5566.jpg