2020年度「石巻かほく」俳句 最優秀賞・優秀賞

 2020年度の「石巻かほく」俳句の最優秀賞が東松島市新東名の板垣美樹さん(55)、優秀賞が石巻市丸井戸の水上孝子さん(75)と石巻市小船越の芳賀正利さん(86)に決まった。選者の石母田星人氏が選考した。

<選者・石母田氏から>

 最優秀賞の板垣美樹さんはこの俳壇で最も若い常連の投句者。本年度は持ち味の伸びやかで快活な作品に加えて、ものの本質を掘り下げた力作が光っていた。
 特に<木犀や災禍の空へ星放つ>は普遍性のある震災の句。香りと書かないで香りを表し、それを祈りにつなげたのは見事。<春星や指跡残る火焔土器><向日葵の中に聞こゆる甲子園><道化師の小さきハモニカ地虫出づ>にもひかれた。

 優秀賞の水上孝子さんの作品はどれも印象鮮やかな写生句で安定感がある。本年度は<大西日備前の窯に煉り込まれ><ローカル線十寸穂の芒撫でに来る>など対象を独自の視点で捉えた作品が目についた。

 同じく優秀賞の芳賀正利さんは<紙風船一打一打に変形す><後の月琥珀の中の黒き蟻>などしっかりとした写生に基づく世界を見せてくれた。豊かな詩性にさらに磨きがかかった。


◇受賞者の声・最優秀賞/板垣美樹さん
tmp20210325000018.jpg 初めての受賞で連絡を頂いた時は驚きました。大変光栄です。選評していただいた石母田先生、ありがとうございました。
 石巻かほくの俳句の投稿募集記事を読んだのがきっかけで3年前に始めました。
 自然の風景や暮らしの中で得たインスピレーションを基に続く言葉を考えます。想像することで心を解放してくれる俳句は自分にとって癒やしや励ましになっています。ぬくもりを感じられるような作品を作れるように励みたいです。


※短歌は来年発表
 「石巻かほく」短歌の20年度の最優秀賞については、年度途中で選者が交代したことに伴い、短歌欄が再開した昨年12月以降に寄せられた作品を対象に21年度の最優秀賞などを選び、22年3月に結果を発表します。選考は石巻かほく短歌選者の斉藤梢氏が務めます。