川柳(6/13掲載)

【水戸一志 選】

===

慎みという人間のかくし味   東松島市矢本/菅原れい子

【評】慎み、つまり度を越さない控えめな態度は、人間関係において美徳とされている。「かくし味」の表現が絶妙。この味の意味が分かるのは、世界中で日本人だけかもしれない。外国人同士では、常に食うか食われるかを口論しているみたいだ。

===

空に輪をオリンピックの日は近し   石巻市のぞみ野/阿部佐代子

コロナ禍をすいすい泳ぐツバメたち   石巻市桃生町/高橋冠

ワクチンはいつもの医師に任せたい   石巻市伊原津/福原伸行

買い物で最後に怖いセルフレジ   石巻市新館/高橋豊

老い支度ペンとはがきがあれば良し   石巻市桃生町/佐藤俊幸

草取りや千里の道とおおげさに   石巻市垂水町/かとれあ

炎天下ミミズ道路で大往生   東松島市矢本/奥田和衛