俳句(5/2掲載)

【石母田星人 選】

===

携帯の文字ぼんやりと目借時   東松島市矢本/雫石昭一

【評】「目借時(めかりどき)」は、蛙(かわず)の目借時を縮めた言い方。晩春は蛙が人の目を借りてゆくから眠くなる、という古い俗説に基づく俳諧味ある季語だ。さまざまに解釈されているが、蛙の声の単調な旋律は眠気を催す、と捉えるのが自然だろう。電車内で詠んだこの句。音と揺れの単調な繰り返しを蛙の声になぞらえている。

===

雪濁り押して押し出す大河かな   多賀城市八幡/佐藤久嘉

【評】雪が解けて川に流れ込む水を雪しろという。「雪濁り」はその雪しろによって川や海が濁ること。雪しろで水かさを増した大河は、土を巻き込みながら勢いを増し、中七の表現のように「押して押し出す」姿を見せる。やがて、河口から吐き出された雪しろは塊となって海面を染める。印象鮮やかな一句。

===

祈りあり青一色の鯉幟   東松島市矢本/紺野透光

【評】今年も空には多くの鯉のぼりが泳いでいる。青一色のこの鯉のぼりは、子どもさんの冥福を祈って飾られている。上五の「祈りあり」が胸に迫る。

===

日だまりを呼んで咲きたる花菫   石巻市丸井戸/水上孝子

【評】スミレは野や道端など多くの場所に生える。共通しているのは日当たりの良さ。日光が少なければ「日だまりを呼んで」きてでも咲く。力強い花だ。

===

春田打牛も涙を流すとか   石巻市蛇田/高橋牛歩

菜の花のひといろ帯びる電車かな   東松島市新東名/板垣美樹

杣道を歩めば若葉匂ひ立ち   石巻市三ツ股/浮津文好

転勤の孫の旅立ち燕くる   石巻市南中里/中山文

民宿の新しき香や花の雲   東松島市野蒜ケ丘/山崎清美

満開の桜のあわい空真青   仙台市青葉区/狩野好子

黄帽子の群れ飛び跳ねる花の道   石巻市門脇/佐々木一夫

赤子泣くこゑよくとほる四月かな   石巻市小船越/芳賀正利

求愛か決闘なるか鶏合せ   石巻市吉野町/伊藤春夫

矢も楯もたまらぬ気配揚げひばり   石巻市桃生町/西條弘子

大風の奥よりかすか初蛙   石巻市広渕/鹿野勝幸

明治へと床の軋みや春寒し   石巻市中里/川下光子

先見えぬ話に落着花は葉に   石巻市開北/星ゆき

北上川に鴨の別れのありにけり   石巻市蛇田/石の森市朗

蒲公英の小さきそよぎや貨車は過ぐ   石巻市駅前北通り/工藤久之

旅とても今はかなわずしらすどん   石巻市渡波町/小林照子

川柳(5/2掲載)

【水戸一志 選】

===

次の花咲かせるために花を摘む   多賀城市八幡/佐藤久嘉

【評】花好きに悪人はいないと、よく言われる。しかし、好きなだけでは花は育たない。まだ咲いている花をブッツリ切り落とす冷酷な一面も必要なのだという。次の花とは何か。来年の花か、或いは政敵か。歎異抄の「悪人」が浮かぶ面白さ。これも川柳。

===

漁船団化粧直して初かつお   石巻市水押/阿部磨

赤提灯行きたい行けぬ夢語り   石巻市大橋/佐藤慶一

さりげなくシトラスリボン広げよう   東松島市矢本/遠藤恵子

誕生日体は先に高齢者   東松島市赤井/くどうさきこ

市の未来託し候補の名をデカく   石巻市蛇田/菅野勇

サイバー攻撃あの手この手の赤い舌   石巻市不動町/新沼勝夫

いつの間に隣で咲いたこぼれ種   東松島市矢本/畑山講也

 ふとしたご縁で米国出身の若いカップルに日本語を教えています。「私は日本語教育の専門家ではありませんが、それでもよかったら」と始めた次第。名付けて" Happy One's Casual & Enjoy-able Japanese Lessons "。二人とも平仮名が読めるし、あるていど日本語が話せます。したがって、テキストは使わず、日々の生活で気づいた日本語に関する様々な疑問を出してもらい、それをもとにレッスンを発展させてゆくという授業形式です。

 先日、「私の故郷」という題で3分間スピーチを課しました。二人とも自慢話をまじえながら話してくれたのですが、その後で、「ほとんどの日本人が知っている歌があるよ」と文部省唱歌「故郷(ふるさと)」のCDを流しました。 

〽兎(うさぎ)追いしかの山
 小鮒(こぶな)釣りしかの川
 夢は今もめぐりて
 忘れがたき故郷(ふるさと)

 二人は熱心に聴いたあと、当然ながら「歌詞の意味を教えてください」とのリクエスト。「うさぎが美味しいって、どんなことですか?」との疑問に応えるためにも、その場で英語に訳すことになりました。

 100年余り前の1914年に発表されたこの歌は文語調で、例えば「かの山」などはどう訳せばいいのやら迷いつつ、とりあえず次のような英語に置き換えたのです。ご笑覧ください。

 Often chased rabbits on those hills,
 Fished little carp in those streams ...
 Only yesterday it seems ... they still live in my dreams ...
 How can I forget my sweet home?

 「英語読みの日本語知らずになるなかれ」を座右の銘にしている私です。これからも唱歌や童謡の英訳などを通じて日本語の機微を学んでいきたいと思っています。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

短歌(4/25掲載)

【斉藤 梢 選】

===

此処だけは空気を直に吸ふところ下仁田葱の三百本植う   石巻市恵み野/木村譲

【評】上の句に実感がある。ウイルス感染を防ぐためのマスクの着用が常となっている日々。正直、息苦しい。空気を吸うことは、四季を味わうことでもある。畑での作業の時だけは、「直に」空気を吸うことができると詠みながら、コロナ禍以前の呼吸を思う作者か。初句の「此処だけは」にある切実な現状に頷く。「三百本植う」の行為から想像できる時間と空間。日常の平穏は空気を吸うというごく当たり前のことにあることに、誰でもが気付くこの春。

===

たばこやめ三十五年経ついまも美味しと喫(す)えるわれを夢見る   石巻市駅前通り/庄司邦生

【評】眠っている間に、作者だけ見ることができる夢。脳内では過去のことが再生され、夢として認識される。「三十五年」の年月が経つ今も「美味し」と思ってたばこを吸う夢を見る作者。味覚のある夢であるという解釈は「われを夢見る」ではなく「われの夢見る」とする場合か。原作の「われを」であれば、眠りの「夢」に限らずの願望の「夢見る」かもしれない。

===

萌黄色増してざはつく里山や声潜ませてうぐひすの鳴く   石巻市門脇/佐々木一夫

【評】里山の春の気配を詠む。植物の命の勢いを表現している「ざはつく」がいい。春に萌え出る草の芽を表わす萌黄色、そして「うぐひす」という具体が季節を伝えている。「潜ませて」という捉え方が独特。

===

水の字と関わり哀し閖上の河口に春の蜆舟五つ   多賀城市八幡/佐藤久嘉

【評】閖上を訪れた作者が見た光景の「蜆舟五つ」。東日本大震災の津波被災地であるゆえの「哀し」であろう。河口に佇む春の日の感慨が初句と二句におさめられていて、「閖上」の今を残す。 

===

永き日に祈る姿の水仙の蕾ほぐれゆ語りだすよに   石巻市開北/星ゆき

あのこともこのことも言葉にださず庭の石かげに咲く福寿草   石巻市蛇田/千葉冨士枝

田植日の天気気になる稲の苗チャンネル変えて晴マーク追う   石巻市桃生町/佐藤俊幸

菜の花を飛び交う蜂の忙しげに花掻き分ける羽の煌めき   石巻市蛇田/梅村正司

川土堤にいま盛りあがり咲きているさくらの花はついに動かず   石巻市桃生町/三浦多喜夫

桜咲き老いの厚着も解けたのに余多のニュースに胸も開けず   石巻市駅前北通り/津田調作

故郷の停車場で食むうどん蕎麦味も器も今も変わらず   女川町/阿部重夫

ほつほつの芽吹きを見れば三月尽力のごときものの湧きくる   石巻市向陽町/後藤信子

短歌の欄私の名前見つけては父が喜ぶ孝行なるかな   石巻市水押/佐藤洋子

黄砂には鉄分あると言われても比較出来ない百害と一利   東松島市赤井/佐々木スヅ子

コロナ禍に織り成すマスク二(ふた)春を越えて来たるもみちのり険し   石巻市わかば/千葉広弥

春寒や夫の小言の増えゆきて心の埃増えてゆく日々   東松島市野蒜ケ丘/山崎清美

朝まだき霞に煙る山々は稜線黒く空に浮かびて   石巻市三ツ股/浮津文好

甲子園最後の一点もぎとりて一瞬の笑み弾ける校歌   石巻市南中里/中山くに子

川柳(4/25掲載)

【水戸一志 選】

===

ワクチンに解散権が握られる   東松島市赤井/片岡シュウジー

【評】衆議院議員の任期満了が近づく中で、菅政権の身動きが取れない。変異ウイルスの拡大阻止もオリンピックも、カギを握るのはワクチン。まさに首根っこを押さえられ、解散時期は予測できない。また、「総合的・俯瞰的に判断」と言うかもしれぬ。

===

外出を控え耕すミニ畑   石巻市水押/阿部磨

開けられぬ金庫の中の玉手箱   石巻市桃生町/佐藤俊幸

雑草も花をつければお年頃   東松島市赤井/村上和枝

遠くまで泳いでみたい緋鯉たち   石巻市垂水町/かとれあ

東北に始末押し付けハイ終わり   石巻市新館/高橋豊

お手本がそこにあるのに再稼働   石巻市蛇田/佐藤久子

前向きへ爪は短く切っておく   石巻市あゆみ野/日野信吾

 野も山も鮮やかな緑で覆われ、季節は早くも初夏へと移りつつあります。ここで春を彩(いろど)った花を振り返ってみましょう。

 まずは「梅」。よく plum と英訳されますが、どうやら誤りのようです。plum は「西洋スモモ」の木または実を指します。Japanese plum としても、正式には「梅」の表記にはなりません。「アンズ」を意味する apricot(アプリコット)が近いのですが、Japanese apricot とする必要があります。また、ずばり ume と表すことも可能です。ume は英語として認められつつありますから(ウェブスター新国際辞典・第3版など)。

 次に「桜」。これは通常、cherry blos-soms / flowers と英訳されています。ただし、cherry は「さくらんぼ」も意味するので、日本の桜をあまり知らない欧米人は cherry blossom tree と聞くと「さくらんぼの木」(桜桃)と勘違いする可能性が。ただし ume と同様、sakuraも英語の語彙に加えられつつあります(前述の辞典等参照)。

 最後に、野に咲く花の代表とも言える「たんぽぽ」についてです。英語では dandelion(ダンデライァン)と言いますが、これは dent de lion というフランス語起源の言葉です。dent は「歯」、de は「~の」、そして lion は英語と同じく「ライオン」で、「ライオンの歯」という意味になります。葉や花のギザギザがライオンの歯に似ているということで、このような表記になったようですが、「たんぽぽ」というほのぼのとした日本語の語感からはほど遠く、ちょっと驚いてしまいますね。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

俳句(4/18掲載)

【石母田星人 選】

===

囀(さへづり)の集まる一樹忌日来る   石巻市桃生町/西條弘子

【評】春は鳥たちの繁殖期。求愛の声が集まるこの樹には明るさがこぼれている。鳴き交す声の向こうに海が光る。あの日亡くなった人が愛した海だ。そんなことを思ったらにぎやかな声の中に寂しさが見えた。

===

児ら走る六帖八帖桃の花   石巻市開北/星ゆき

【評】間仕切りが取り払われた室内はいつもと違う雰囲気。雛人形が飾られている雛段には調度や道具、ひし餅、桃の花などが並ぶ。女の子の祭りの日。男の子は特にやることがなく退屈。おとなしく座っていることにも限界があり、雛の前を走り回ることになる。それを眺めるのは来春まで暗闇で過ごす雛人形たち。子どもの元気な姿を目に焼き付けて木箱に入る。中七以下は走る姿を追い掛けているようにリズミカルだ。

===

仮設出て高台に咲く黄水仙   多賀城市八幡/佐藤久嘉

【評】黄水仙の球根とともに高台に引っ越した。地植えか鉢植えか花を咲かせた。一般的にははかなげな印象の黄水仙だが、この句の花には力強さが見える。

===

霾(つちふる)やどこまで続くコロナ波   東松島市矢本/雫石昭一

【評】上五は黄砂が降ること。今春は規模が大きく東北地方でも観測された。コロナの次の波も心配だ。中七「どこまで続く」は上五と下五にかかっている。

===

若布刈る少年あすは東京へ   石巻市蛇田/石の森市朗

若布売十三浜と名乗りけり   石巻市蛇田/高橋牛歩

天籟も潮騒もなし鹿尾菜干す   石巻市相野谷/山崎正子

白魚の重たき水を泳ぎけり   石巻市丸井戸/水上孝子

五十集屋の天秤計り春潮   石巻市中里/鈴木登喜子

北窓を開けてサロンの始まりぬ   石巻市流留/大槻洋子

犬吠えて遠足の列大乱れ   東松島市矢本/紺野透光

春光やパスタへチーズ降り注ぎ   東松島市新東名/板垣美樹

春の日のあの日の声や海の音   石巻市駅前北通り/小野正雄

雲水の長き合掌春の海   石巻市元倉/小山英智

片栗の花に這ひ寄るカメラかな   石巻市広渕/鹿野勝幸

黒土に花種蒔くやティータイム   仙台市青葉区/狩野好子

春燈の光のリズム家々に   東松島市あおい/大江和子

つんのめる様に歩いて花疲れ   石巻市吉野町/伊藤春夫

幸せのレシピはどこにふきのとう   東松島市野蒜ケ丘/山崎清美

白々と栗駒の嶺春浅し   石巻市桃生町/高橋冠

川柳(4/18掲載)

【水戸一志 選】

===

立ち位置を悟る利口な犬が増え   石巻市蛇田/梅村正司

【評】官公庁の幹部からエリートとしての気概が消えた。政治が国家百年の計を誤らぬよう、体を張って訴える官僚魂は、安倍一強の前まで健在だった。尻尾を振る犬に例えるのは酷かもしれない。しかし、犬は嘘をつかないから、それ以下にも見える。

===

コロナ禍やマスクの中でしわがふえ   石巻市のぞみ野/阿部佐代子

家呑みも時短ですよと妻の声   石巻市開北/安住和利

璃花子さん不屈の涙美しい   石巻市不動町/新沼勝夫

老春はコロナなんかに負けられぬ   石巻市伊原津/福原伸行

人事異動コロナもついて来るのかな   石巻市桃生町/高橋冠

恋はムリ せめて受けたや片想い   石巻市築山/飯田駄骨

枯れた味手先震える筆のあと   石巻市元倉/小山英智

コラム:テラス

 今月1日、「マルホンまきあーとテラス」がオープンしました。震災から10年目の春、「市民会館」が装いも新たに蘇(よみがえ)ったのです。山の緑を背景に幾重にも連なる白き峰々...「白亜の殿堂」と呼ぶにふさわしい佇(たたず)まいに、しばし見惚(みとれ)れてしまいます。

 さて、名称の末尾の「テラス」についてちょっと考察してみました。英語の terrace に由来するこの言葉は今では日本語にすっかり定着していますが、その意味するところは何なのでしょうか。同じようなカタカナ語に「バルコニー」や「ベランダ」もありますが、それぞれの違いも分かりにくいですね。

 そこで、手元の英和辞典をめくると terrace は第一義に「台地」「段丘」を意味するとあります。さらには語源として「土を積んだところ」。どうやら「土」と関係がありそうな言葉です。

 建築上はどうかと調べてみると「建物外部で地面より一段高くなったスペースのこと」、そして「一戸建て住宅、または庭のあるマンションの1階に造られる」とあります。これに対して、バルコニー〔 balcony 〕、ベランダ〔 veranda(h)〕はマンションの2階以上に設けられる専用スペースとのこと。

 terrace 語源がラテン語の「土」「地」だとすれば、いくつかの語が浮かんできます。territory(テリトリー=領土)、terracotta(テラコッタ=素焼きの土器)。また、お馴染みの映画「E.T.」(1982年、米国)は Extra-Terrestrial「地球外生命体」の略です。

 ちなみに、バルコニーといえば、シェークスピアの「ロミオとジュリエット」の中で、ジュリエットが" O, Romeo, Romeo!"と呟(つぶや)く場面が有名ですね。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)