短歌(6/28掲載)

【佐藤 成晃 選】

===

土噛みて大根育つごほうびにどんと土寄せエールひと鍬  (石巻市桃生・佐藤俊幸)

【評】結句の「エールひと鍬」は土へのご褒美だろうが、嫌味がない。農家の具体的な行為の中に作者の喜びが滲んで来ます。佳作。


===

ブルーインパルス飛行機訓練天空に巨大な星のエールを描く  (石巻市不動町・新沼勝夫)

【評】スケールの大きさに圧倒される。

===

誰が為の宇宙なのか問うように寄せては返す自然の禍福  (東松島市赤井・佐々木スヅ子)

【評】大掴みなところが良い。人間中心の生活を直してくれる自然の力の前に頭を垂れる。

===

最上川その川縁に蕎麦の花おしんのように辛抱に実を  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

【評】川べりに咲く質素な蕎麦におしんをそのまま重ねていいか、迷ってしまう。

===

晴れわたる車窓流れるみちのく路花咲く果樹に奥羽の残雪  (石巻市わかば・千葉広弥)

【評】みちのくの遅い春を詠いたい気持ちは読めるが、道具立てが多いのではないか。

===

大羽を広げて海原信夫翁(アホウドリ)孤島傾斜に雛鳥抱く  (石巻市水押・阿部磨)

【評】孤島のアホウドリの生態を書こうとしているが此処に並べた道具立てが多くてわずらわしくはないだろうか。

===

十万円帯に足すなく襷に丁度  (石巻市桃生町寺崎・西条和江)

【評】下の句の七七がありませんでした。俚諺「帯に短したすきに長し」などが裏にあるのだろうか。俚諺にひきずられて作品がふるい印象を持たされてしまわないことです。

===

干天の空を仰いで慈雨を乞うもう遅いよと花咲く大根  (東松島市赤井・佐々木スヅ子)

【評】農作物に対する思い入れは農家の一般的な傾向かも知れないがこの作の「慈雨」の「慈」はどうか。無くて済むならない方がいい。思い入れがあまりに強いと選者が弾き飛ばされてしまうのです。

===

カッコーもほととぎすも来て早夏に憂さを忘れて季節味わう  (東松島市矢本・川崎淑子)

【評】「早夏」の読み方が分からない。必要ならば「ルビ」を。

===

スマホなど無くて成り立つわが暮らし蒼穹仰ぎ姿勢を支ふ  (石巻市開北・星のり子)

【評】ないことが当たり前という妙な強がりを隠してほしい。

===

上品山(じょうぼん)の空と野原の接点を風力の翼かすみて回る  (石巻市開北・星のり子)

【評】風力発電のプロペラのさまをもっとリアルに工夫をしてください。

===

どくだみの花涼やかに描かれて初夏の風まといし絵手紙届く  (石巻市丸井戸・高橋栄子)

【評】「涼やかに」の内容がもっと具体的に書いてほしい。

===

雑草が吾が物顔でのび放題必死にぬいて畑つくりに三日かかれり  (石巻市高木・鶴岡敏子)

【評】定型に収める努力を。雑草にも名前があるので覚えてほしい。次作に期待します。

===

レントゲンの陰影写真説明のペンでなぞられ患う吾は  (女川町・阿部重夫)

【評】病んでいる時ほど温かい診断の説明がほしいものだ。作者の立場は理解できるが、次回は温かい説明の場面を詠んでほしいものです。

川柳(6/28掲載)

【水戸一志 選/評】

 生き物は人の思い通りにいかないという、よくあるケース。◎キュウリのつるがつかまりやすいように支柱を立ててやった。それなのに、翌朝見るとあらぬ方向をさまよっている。数日ほったらかすと、いつのまにか巻き付いていた。「まるで俺そっくり」。

===

◎ 支柱無視キュウリのつるが宙を舞う  (石巻市蛇田・鈴木醉蝶)

  刺激的自粛の空のUFO騒ぎ  (石巻市真野・麻糸)

  梅雨晴れ間園児の声がよく通る  (東松島市矢本・後藤新喜)

  あじさいも熱中症でぐったりと  (石巻市泉町・佐藤うらら)

  十万円自分の足を食わされて  (石巻市桃生町・三峰)

  32校消えた白球手の中へ  (石巻市あゆみ野・日野信吾)

  せまいニッポンあの世の席も気にかかる  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

  ホームラン歓声なくちゃさみしいね  (石巻市蛇田・菅野勇)

俳句(6/21掲載)

【石母田星人 選】

===

夏の霧まばらな松をしばし抱き  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

【評】宮城県の沿岸に点在する海岸林は、数百年の歴史を持つ。数多くの樹木で形成されているが、その中心にあるのは松の木々。津波に倒される直前まで、強風や飛砂・飛塩から陸地を守る役目を担ってきた。松は人間が植え、管理をしないと育たない。松は人とともに生きる植物なのだ。現在、生き残った松たちは根腐れにも負けず立ち続けている。この句、その松を縫うように夏霧が抜ける。やさしくいたわるように。

===

声挙げてラジオ体操庭若葉  (石巻市小船越・三浦ときわ)

【評】はびこる感染症は外出や楽しいおしゃべりを奪い去った。ならばと庭先に出て大きな掛け声で体を動かす。身を反らすと草木の若葉が笑いかけてきた。すがすがしい空気を胸いっぱいに吸い込んだ作者。

===

七月の扉をひらき水浴びる  (石巻市小船越・芳賀正利)

【評】扉とは浴室の扉だ。ならば一月とか三月でもよさそう。だが七月は動かない。暑さから戻って水を浴びる待望の扉だ。七月の季感に寄り掛かった一句。

===

黒南風(くろはえ)や宅配員の襟滲む  (東松島市矢本・雫石昭一)

【評】黒南風は梅雨の長雨が続く時期に吹く湿った南風のこと。ちなみに梅雨明けの明るい空に吹く風は白南風。にじむ汗からどんよりとした空間が広がる。

===

心太背骨の歪み父譲り  (東松島市新東名・板垣美樹)

蝸牛つまづく媼振り返る  (石巻市蛇田・石の森市朗)

絮毛ふく児といていつも日曜日  (石巻市開北・星ゆき)

たんぽぽの綿毛は遠い旅に出る  (東松島市矢本・菅原れい子)

文字摺草筆のひねりに身を委ね  (石巻市丸井戸・水上孝子)

汗だくのピアスのハート光りけり  (東松島市矢本・紺野透光)

黒潮に搦め捕られて五月雨  (石巻市門脇・佐々木一夫)

卯波立つ軍艦島の地獄段  (石巻市中里・川下光子)

鳥海山や両手に受くる夏の星  (石巻市南中里・中山文)

寺よりの木魚聞きつつ草むしり  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

舫ひ杭覆ふ夏草渡し跡  (石巻市桃生町・西條弘子)

大輪の紅薔薇香る風の音  (仙台市青葉区・狩野好子)

煙追ふ昼の半月夏空に  (石巻市北上町・佐藤嘉信)

父の日や子の絵の中の母の顔  (石巻市吉野町・伊藤春夫)

植田水夕日しづかに吸ひ込んで  (東松島市あおい・大江和子)

田植終え日本列島緑なる  (石巻市桃生町・高橋冠)

川柳(6/21掲載)

【水戸一志 選/評】

 定期的に訪れる配置薬の「くすりやさん」は、いつもニコニコ愛想良い。遠路やって来るのだから、少しはお金を払わないと気の毒だ。◎そのあたりの心情が中七「程よく減って」から浮かぶ。商売人は未使用の薬を取り替え、またニコニコと去って行く。

===

◎ 置き薬程よく減って無事でいる  (東松島市矢本・菅原れい子)

  わさお死す町のアイドル天国へ  (石巻市桃生町・高橋希雄)

  返納し脚の衰え思い知る  (石巻市南中里・大山育子)

  我が年金老妻(つま)が八割中抜きを  (石巻市蛇田・菅野勇)

  非正規のてるてる坊主雇い止め  (東松島市赤井・片岡シュウジー)

  高野連球児の夢をお膳立て  (石巻市不動町・新沼勝夫)

  春に蒔きマスクの双葉やっと出た  (東松島市大曲・添田潤)

  目に青葉デデイポッポとご挨拶  (東松島市矢本・宮川康夫)

" I can't breathe! "(中)

 去る6月9日 、ジョージ・フロイド( George Floyd )氏の葬儀が故郷のテキサス州ヒューストン( Houston )の教会で行われました。そのもようをCNNテレビで見ましたが、姪のブルック・ウィリアムズさんが「法は常にアフリカ系アメリカ人にとって機能しないように制定されてきました。この腐敗した法制度は変えるべきです」と、涙ながらに訴えたのが印象的でした。

 事件から2週間余りの間、白人警官による黒人への虐待というこの事件をきっかけとした抗議デモはアメリカ全土に広がり、ワシントン・ポスト紙電子版は、首都ワシントンで6月6日に1万人以上が参加したと報じています。

 人々が掲げるプラカードでひときわ目立つのは、BLACK、LIVES、MATTER(ブラック、ライヴズ、マター)の3語。「黒人の命だって大切なのだ」と訳せます。

 matter は名詞なら「問題、事項」。 What's the matter with you?(あなたについて問題は?→どうしたんですか?)という会話表現でご記憶の方もおられるでしょう。これが動詞に用いられると「問題となる、重要だ」といった意味になります。

 振り返れば、奴隷解放宣言から100年目にあたる1963年の8月28日、首都ワシントンで、黒人を中心にした二十数万人の大群衆が黒人差別の即時撤廃を要求して行った「ワシントン大行進」( The Great March on Washington )。マーティン・L・キング牧師の演説「私には夢がある」" I have a dream."は不朽の名演説として知られています。そして、翌64年に公民権法成立。さらには2009年、アメリカ初の黒人大統領としてオバマ大統領が就任。人種問題は解消に向けて大きく前進してきたかと思っていました。

 しかし、昨今の事件に見られるように、アメリカにおける人種間の対立の根は深いようです。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

川柳(6/14掲載)

【水戸一志 選/評】

◎地面を突き破ってグイと伸びるタケノコの勢いと、長引くコロナの自粛ムードを対比させた。難しい言葉は何一つなく、表現も単純。それでいて、何もせずゴロゴロしている自分への反省もにじむ。旬のタケノコに対する旬の視点が句を光らせている。

===

◎ 筍(たけのこ)はコロナを突いて伸びてくる  (石巻市桃生町・高橋冠)

  船出せず経済止まる港町  (石巻市水押・阿部磨)

  忖度のあご出しマスクちらほらと  (仙台市青葉区・吉田真一)

  軒下のツバメの糞に夏来たる  (仙台市青葉区・鈴木邦雄)

  父の日の父をまあるく描きました  (石巻市開北・よしのやまももゑ)

  引き抜いた草の根っこにターマヤー  (東松島市赤井・片岡シュウジー)

  三密がゆるみ折り込みドンと増え  (石巻市鹿又・遠藤錬治)

  駆除をするてんとう虫に恨みなし  (東松島市赤井・斎藤喜久子)

" I can't breathe! "(上)

 5月25日、米国ミネソタ州ミネアポリス近郊でアフリカ系アメリカ人(以下、黒人と表記)男性ジョージ・フロイド氏が、" I can't breathe! "(呼吸ができない!)と懇願していたにもかかわらず、白人警官によって8分46秒も頸部を膝で強く押さえつけられ死亡した。

 「アメリカという国は『人種のるつぼ』」と中高の授業で教わりました。「るつぼ」は英語で melting pot(メルティング・ポット)。つまり、米国は白人や黒人、ラテン系、東洋人など多種多様な人種や文化が溶け合い、交じり合って成立している社会だというわけです。

 しかし近年、それぞれの文化が共存してはいるものの交じり合うことはないという意味から「サラダボウル」( salad bowl )などという表現が用いられるようになりました。現代では、アメリカ社会は「人種のサラダボウル」と称されることが多いのです。

 ところが、現実のアメリカはどうでしょう? 「共存」とはほど遠く、一つの野菜が他を押しのけるような事件が続発。

 2014年8月9日にミズーリ州ファーガソンにおいて18歳の黒人青年マイケル・ブラウンが白人警察官によって射殺され、全米を震撼させました。ご記憶の方もいるかと思います。

 加えて、今年2月ジョージア州で黒人アフマド・アーベリーさんがジョギング中に元警察官に射殺された事件、そしてこのたびの事件と、白人それも警察官による黒人へのあからさまな迫害が次々と。

 " I can't breathe! " 9分近くも頸部を踏みつけられながら息も絶え絶えに発せられたこの言葉が、事件の悲惨さを表しています。

 breathe(ブリーズ)は「息をする」。名詞は breath(ブレス)で、音楽や水泳などで馴染んでいる方もおられるでしょう。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

俳句(6/7掲載)

【石母田星人 選】

===

畦に咲く花を目当に田掻牛  (石巻市蛇田・高橋牛歩)

【評】田植えの準備。今は機械で行うが昔は牛馬が主役だった。馬鍬を牛にひかせての代かきの作業だ。この句には、現在と牛のいた過去の二重の時が流れている。二つをつないでいるのは「畦に咲く花」。この花が現在と過去のトンネルの役目を担っている。同じ作者の投稿句には<牛哀れ尿を垂れたれ代を掻く>もある。こちらは回想に浸った句だが、かけがえのない思い出なのだろう。残しておきたい風景だ。

===

己が身の重さに耐えて白牡丹  (石巻市桃生町・佐々木以功子)

【評】大切に育てている白牡丹だろう。植え替えや枝切り、施肥や水やりなど手塩にかけた結果の大輪。ボリュームがあり少々頭を下げる。でも気品や風格は失わない。「耐え」に子に注ぐような愛情を感じる。

===

円く掃く自走掃除機夕薄暑  (石巻市相野谷・山崎正子)

【評】自走掃除機の完璧な仕事ぶりを眺めている。「四角な座敷を丸く掃く」は手抜きの意だが、ここは丁寧の意味。少し疲れた感じの季語の選択がうまい。

===

ブルーインパルス轟音近し菊根分  (石巻市中里・鈴木登喜子)

【評】季語「菊根分」とは、古株の間から萌え出た芽を1本ずつ親根から離して植え替えること。轟音と菊根分の取り合わせが意表を突いていて新鮮だ。

===

菜の花や空母停泊する港  (石巻市蛇田・石の森市朗)

翁から牡丹伐つて持たさるる  (石巻市小船越・芳賀正利)

藤の香に触れて毎朝氏神へ  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

ポロロンと三段跳びの莢豌豆  (石巻市丸井戸・水上孝子)

麦飯やするめは箸で押さえ焼く  (東松島市矢本・紺野透光)

みどり子の鼻の低さよ虹の橋  (東松島市新東名・板垣美樹)

著莪の花斜面に群れて時止める  (仙台市青葉区・狩野好子)

二つ三つ水田に雲や今朝の夏  (東松島市矢本・雫石昭一)

一掻きの伸びゆく艇や風光る  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

時の日や静かに回る花時計  (石巻市吉野町・伊藤春夫)

お河童の口一文字花茨  (石巻市中里・川下光子)

肩寄せることなき今年桜路  (石巻市開北・星ゆき)

春潮や星満天に漁舟  (石巻市門脇・佐々木一夫)

山桜裾をかすみに化粧させ  (東松島市矢本・菅原れい子)

夏めくや分散登校に弾む児ら  (石巻市南中里・中山文)

夕焼けの真っ只中を燕舞ふ  (石巻市桃生町・高橋冠)

川柳(6/7掲載)

【水戸一志 選/評】

 今回のマスク不足、自動車生産の中断に象徴される海外依存のもろさが、日常の食べ物に及ぶ事態を想像しなければならない。のど元に大国の指がかかっている。◎過激な表現には目をつむり、4割に満たない食料自給率の危うさを受け止める。

===

◎ 6割が死ぬ日本の自給率  (石巻市三ツ股・浮津文好)

  菖蒲湯でコロナ病魔を洗い出し  (石巻市桃生町・三峰)

  警報解除アマビエに感謝する  (石巻市蛇田・鈴木醉蝶)

  体温計ピピッと今朝も異常なし  (東松島市矢本・遠藤恵子)

  お若くてこの一言で老いを知る  (東松島市矢本・畑山講也)

  旬のホヤいばらの道を進むのか  (石巻市向陽町・佐藤功)

  大盤振る舞い国の借金気にかかる  (石巻市不動町・新沼勝夫)

  匿名の言葉に潜む刃(やいば)あり  (石巻市あゆみ野・日野信吾)

 「ソーシャル・ディスタンス」。そのまま和訳すると「社会的距離」となります。「ソーシャル」は「社会の」を意味する英語の social、「ディスタンス」distance は「距離」。

 ただ、英語圏の新聞やTVなどのメディアでは、もっぱら「ソーシャル・ディスタンシング」social distancing と表記されています。日本では、-ing が付くと長くなるので「ソーシャル・ディスタンス」という言葉が定着したのでしょう。

 調べてみると、「ソーシャル・ディスタンス」は社会学の用語で、「個人と個人、集団と集団の間にみられる、親近感や敵対感といった感情のレベルでの親近性の程度を表すための物差し」を意味するとのこと。「ソーシャル・ディスタンシング」の方は感染予防戦略を表す言葉で、感染拡大を防ぐため2メートルほど離れるように呼びかけられていますね。

 また、distance はさまざまに用いられています。たとえば、 Distance from the house で「家からの距離」、 a long-distance call は「長距離電話」などなど。

 さらに「3密」について。首相官邸や厚労省のHPにも記されています。英語では " Three Cs " と言います。Avoid the Three Cs!(3密を避けて)。カッコ内は私の和訳です。

 1.Closed Spaces(密閉空間)
 2.Crowded Places(密集場所)
 3.Close-contact Settings(近距離での密接場面)

 「密」という漢字1文字の妙味を痛感していますが、英語のCもそれに匹敵しますね。ともあれ、一日も早い完全な収束を願わずにはいられません。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)