俳句(10/17掲載)

【石母田星人 選】

===

望月や十指開きて深呼吸   石巻市流留/大槻洋子

【評】今年の十五夜。薄い雲が少しかかった地域もあったが、宮城県内ではおおむね晴れ間が広がった。8年ぶりに満月と中秋の名月の日が重なり、真ん丸の月を眺めることができた。芒や萩を生けて月見団子や収穫物などを供えた作者も、あの大きな望月の出現に心洗われるような気がしたのだろう。中七から下五の「十指開きて深呼吸」は、そのすがすがしい気持ちが無意識にとらせた行為と読めた。体の隅々まで月光が染み込んでいくようだ。

===

敬老日ふたりで覗く大鏡   東松島市矢本/雫石昭一

【評】子どもさんからだろうか。敬老の日に届いた贈り物。早速、それを身に着けた夫婦。代わる代わる鏡の前に立ち、最後は一緒に並んで納得の笑顔だ。

===

老人の耳遠くなり秋のこゑ   石巻市駅前北通り/小野正雄

【評】秋のこゑは秋を感じさせる音。実際の音ではなく心にひびいてくる音もこう呼ばれる。秋のこゑは耳が遠くなるほど聞こえやすくなるのかもしれない。

===

秘やかな路地の歩まひすがれ虫   石巻市丸井戸/水上孝子

【評】盛んに鳴いていた虫。気温が下がる頃には、かすかな声に変わる。秋の終わりを感じさせてくれる声だ。中七「歩まひ」は古語で、「歩く様子」の意。

===

満月の松島湾に舟を出す   東松島市矢本/紺野透光

秋風に背中押されて船出かな   石巻市門脇/佐々木一夫

国生みの神は風なり稲穂波   石巻市相野谷/山崎正子

刈り終へし稲田に空の下りてくる   石巻市桃生町/西條弘子

ペダル踏む稲穂の臭うあたりまで   石巻市中里/鈴木登喜子

山頂の巨大風車を月照らす   石巻市小船越/芳賀正利

ライオンの牡の遠吠え星月夜   多賀城市八幡/佐藤久嘉

涼新た十指に還る抜く力   石巻市開北/星ゆき

竜胆や硫黄の岩に低く添う   仙台市青葉区/狩野好子

お馴染に茸汁ある峠茶屋   石巻市吉野町/伊藤春夫

座卓にも椅子の二つや文化の日   石巻市中里/川下光子

蓮の実の飛んで過ぎゆく月日かな   石巻市蛇田/石の森市朗

藤袴家裏ひと隅ひとり占め   石巻市広渕/鹿野勝幸

天めざす面白山の花野かな   石巻市蛇田/高橋牛歩

目に見ゆるすべてを染めし秋夕焼   東松島市矢本/菅原れい子

羊雲フロントガラス埋め尽す   石巻市桃生町/高橋冠

川柳(10/17掲載)

【水戸一志 選】

===

1951写真の中に生気あり   石巻市あゆみ野/日野信吾

【評】本紙連載の「よみがえる1951」は、予想を超えた企画ではないか。時代は日本の終戦後。駐留中の米軍医が残した石巻地方の風景や暮らしの写真には、まさにふる里の生気が息づいている。郷土史家辺見清二氏の丁寧な考証記事もありがたい。

===

孫たちよ可愛いままでいておくれ   石巻市伊原津/福原伸行

衰えた右脳に焦るペンの先   東松島市矢本/菅原れい子

新大臣記憶と記録お大事に   石巻市蛇田/大山美耶紀

メンバーにピカッとひかる顔もなし   東松島市赤井/佐々木スヅ子

自分史に書けぬところが多くある   石巻市蛇田/鈴木醉蝶

買い過ぎず食品ロスをなくします   東松島市矢本/遠藤恵子

好奇心地球を救うノーベル賞   石巻市不動町/新沼勝夫

短歌(10/10掲載)

【斉藤 梢 選】

===

寄せる海、過ぎ去る海に青き海吾が眼離れず九十の歳越す   石巻市駅前北通り/津田調作

【評】眼裏(まなうら)にあるまざまな海。海と共に生きてきた作者は海の歌を多く詠み、その時々の暮らしと情感を今に残してきた。穏やかな海や荒れた海、夏の海や冬の海など、その日その時の海の表情を見てきた「吾が眼」。作者には、「黒い海水(みず)」を詠んだ作品もあり、東日本大震災の「黒い」海も記憶の中にしっかりとある。「九十の歳越す」という実感のこもる表現は、三十一文字では詠みきれないほどの、海と歩んだ長い年月を伝える。この一首からは、波の音も聞こえてくる。

===

古民家の跡地の黒い土やさし瀬戸盃のふたつ埋もれて   石巻市大門町/三條順子

【評】黒土に埋もれている「瀬戸盃のふたつ」が見えるようだ。詠むということは、その光景と心情を残すことでもあろう。「瀬戸盃」を見つめながら、かつてここに人の暮らしがあったことを想像する。「ふたつ」であるからこそ、心に残ったのかもしれない。「黒い土やさし」という表現に、作者のまなざしを感じる。

===

ひ孫へとさし伸ぶる腕の細さかな老母の右手は宙に迷へり   石巻市開北/星ゆき

【評】こんなにも細かったのか母の腕は。老いた母への思いが「細さかな」という言葉にあふれる。なぜに「右手は宙に迷へり」なのだろうと、この歌の奥にあることを深く思う。「ひ孫」に触れようと伸ばした手はあたたかく、宙に迷う手は切なくもある。

===

一人畑の胡瓜やトマト今日も採る酢漬け砂糖漬け小瓶は並ぶ   石巻市羽黒町/松村千枝子

【評】「今日も」の「も」が表しているのは、毎日収穫して、食べきれない「胡瓜やトマト」。生活の知恵としての「酢漬け砂糖漬け」の小瓶が並んでいる台所は、きっと明るい。季節感ある生活の歌。

===

戻れない更地のままの生れし地に誰咲かせたかコスモス揺るる   石巻市中央/千葉とみ子

新聞の訃報の欄に六十余年会わずじまいの友の死を知る   石巻市駅前北通り/庄司邦生

手折りたる栗、萩、すすき、四合瓶に月出づるのを妻と待ちをり   東松島市矢本/高平但

さんま船大漁旗上げ初出航今年こそはと海の男は   石巻市不動町/新沼勝夫

蟋蟀が夜冷えしますと戸口より翅を震わせ入りくるなり   東松島市矢本/川崎淑子

南部鉄音かろやかに風鈴は座敷の奥まで涼届けくる   石巻市桃生町/高橋冠

鉄の音響く中瀬の造船所島は変わるも潮風優し   東松島市赤井/茄子川保弘

台風に負けずに咲いたひまわりを描きし絵手紙夕映えポストに   石巻市丸井戸/高橋栄子

黄金色たわわに実る穂の上を秋風流れイナゴ飛び交う   石巻市水押/佐藤洋子

ふるさとの親しき友の訃報あり北上川に秋の雨降る   石巻市あゆみ野/日野信吾

思い思いに活けし秋草の籠並ぶ野に迷い来し心地こそして   石巻市向陽町/後藤信子

今秋の稲刈終えて一息す農の退陣思案始める   石巻市桃生町/佐藤俊幸

待ち焦がれ十日も早く咲きし花親も待ってる彼岸花かな   石巻市門脇町/佐々木一夫

台風一過花も香りも一夜消え金木犀の背丈伸びゆく   石巻市水押/阿部磨

川柳(10/10掲載)

【水戸一志 選】

===

何足りない体力アップだイーグルス   石巻市大街道/岩出幹夫

【評】プロ野球も大詰め。阪神、ヤクルト、ロッテ、オリックスそしてわが楽天。久しぶりの優勝またはCS進出の可能性が残る中、チームのファンは気がもめる毎日だ。田中投手が投げて何故、初回の2失点を挽回できないのか。問題は体力とは、意表を突く正論。

===

お手伝いした石巻形見え   掛川市西大渕/野末哲郎

一年も休み投稿恥ずかしい   仙台市青葉区/吉田真一

奉行役今は昔のひとり鍋   石巻市新栄/堀内ひろ子

中秋に団子あげずに月めでる   石巻市中里/大谷キク

ハイヒール出番はいつも黒い服   東松島市矢本/菊地和子

ワクチンを打てばラクチン早く打て   石巻市桃生町/高橋冠

九十路来春信じ種を蒔く   東松島市小松/板橋弘

俳句(10/3掲載)

【石母田星人 選】

===

この老いに大波小波猫じやらし   多賀城市八幡/佐藤久嘉

【評】猫じゃらしのふさふさとした穂を見かけた。子どもの頃はこの秋草でよく遊んだものだ。あれから幾多の試練を乗り越えて時が過ぎた。だがこの穂先の感触はあの時のまま。自然は何も変わってはいない。

===

蕎麦の花星のつぶやき聞いてゐる   石巻市相野谷/山崎正子

【評】咲き誇る蕎麦の花には独特のにおいがある。蕎麦畑を遠くから見ると、真っ白い花のじゅうたんが広がっているようで感激するが、近づいてみると強いにおいに驚く。蕎麦の花は受粉のためにあらゆる虫をおびき寄せる。そのため少々強い主張が必要なのだ。掲句は、においを知らなければ「星々の語らいに耳を傾ける花」という読みになるのだろうが、「においにおびき寄せられる星々」こそ正解なのかもしれない。

===

仲秋や行き合ひの空穏やかに   東松島市矢本/雫石昭一

【評】例えば「残暑」と「秋暑し」。同じことだが残暑はまだ夏に軸足が残り、秋暑しの軸足は既に秋にある。夏と秋の雲が一緒にいるのも自然なことだ。

===

月鈴子時差登校の子らの列   仙台市青葉区/狩野好子

【評】コロナ禍の影響は児童生徒の学校生活にまで及んでいる。予期しない時間に擦れ違った登校の列。少々驚いた作者。道の辺には月鈴子(鈴虫)が鳴く。

===

船出せと急かせる今朝の鱗雲   石巻市駅前北通り/津田調作

母の掌の大地がにぎる夜食喰む   石巻市開北/星ゆき

出戻りの娘が揺らす柿すだれ   東松島市矢本/紺野透光

蟋蟀や水の地球は壊れゆく   石巻市蛇田/石の森市朗

満月や机上のこけし肩を寄せ   石巻市小船越/芳賀正利

満月や猫の影さす田代島   石巻市蛇田/高橋牛歩

拍子木の仕舞ひの音や秋没日   石巻市丸井戸/水上孝子

俵積むことなき倉や懸巣鳴く   石巻市小船越/三浦ときわ

雨戸引く音して釣瓶落しかな   石巻市中里/川下光子

秋茜鎌を研げよとカラス鳴く   石巻市吉野町/伊藤春夫

ひらひらと連れはゐぬのか秋の蝶   石巻市南中里/中山文

近づけばおちよくるやうに石叩   石巻市広渕/鹿野勝幸

竹の春流れきらめく木の葉舟   石巻市元倉/小山英智

診察の医師の一言小鳥来る   東松島市野蒜ケ丘/山崎清美

ちちろ虫遅延告知の無人駅   石巻市流留/大槻洋子

秋晴や鉄路のひびき軽やかに   東松島市あおい/大江和子

川柳(10/3掲載)

【水戸一志 選】

===

コロナ用打ち出の小づち疲れ切り   東松島市赤井/片岡シュウジー

【評】新型コロナ対策として、繰り返し「思い切って」投じられる国の資金は底なし。感染予防や休業補償などには反対できないまま、国民は限界を恐れている。子や孫に借金を残すのかと。何でも金で解決しようとする政治への不信もあろう。

===

此の節はサンマ食わねど高楊枝   石巻市水押/小山信吾

秋のハエ食事になると邪魔をする   石巻市桃生町/高橋希雄

豊作に不安顔するコンバイン   東松島市矢本/畑山講也

スマホ無し私の目だけ動いてる   石巻市あゆみ野/古藤野房子

女性初他より日本遅れてる   東松島市矢本/菊地和子

コスモスは負けたふりして風に勝ち   多賀城市八幡/佐藤久嘉

是好日新聞記事にコロナ減る   仙台市青葉区/鈴木邦雄

短歌(9/26掲載)

【斉藤 梢 選】

===

枕辺に虫かごを置き灯りけししばらく待てば鈴虫の声   石巻市駅前北通り/庄司邦生

【評】夏の暑さがすこし和らぐ頃に鳴き出す鈴虫。秋の季語である「鈴虫」の声を、灯りを消して待っている作者。虫の声に季節を感じるということは日本人特有のものであろう。夜行性の鈴虫の声は、夜の静かな闇の中に美しくひびく。この一首は、「しばらく待つ」という心持ちがゆかしい。目には見えない風の音を聞いて風を知ることができるのも日本人ならではの感性だと思う。虫かごを枕辺に置く行為そのものにも趣がある。作者の聞く鈴虫の声を想像するのも愉しい。

===

塩もみをされたるオクラ指先を恨みあるごとちくり刺しくる   東松島市矢本/川崎淑子

【評】実感を詠む一首。採れたてのオクラだろうか、夏の野菜の新鮮さとたくましさが伝わる。目では見えにくい細くて鋭いトゲに触った作者が感じた「ちくり」。塩もみした私に恨みでもあるのだろうかという感じ方が独特だ。厨歌でもあり、季節を表わす歌でもある。生活の中での小さな痛みとしての「ちくり」であるけれど、きっと記憶に残る一瞬だったに違いない。感覚を一首に掬い上げて詠んでいて印象深い。

===

雨あがり蓮の葉っぱに水の玉微風に揺れて左右に泳ぐ   石巻市桃生町/高橋冠

【評】蓮の葉の上の雫を詠む。「水の玉」と表現することで、その存在がしっかりとわかる。美しい光景を描写していて、結句の「左右に泳ぐ」によって歌に動きが加わる。「泳ぐ」という捉え方がいい。

===

道の端(は)を大きい翅の滑り行く見れば小蟻が必死の運び   石巻市南中里/中山くに子

【評】小さな蟻の頑張りを見ている作者。同じような場面を見たことがある人もいるだろう。言葉の選び方と、「見れば」と自身の行為を詠んでいるのがいい。

===

色褪せて傷み激しき古書のごと我の人生古希に近づく   東松島市矢本/高平但

盆棚の真青のバナナ合掌のひとりごとのやうぐでぐで熟す   石巻市開北/星ゆき

お多福の笑みを剥がせば夜叉の貌凪ぐ海それも時に牙剥く   多賀城市八幡/佐藤久嘉

筆箱も下敷もみなセルロイドだった昭和がいまは懐かし   石巻市あゆみ野/日野信吾

新聞のカラー写真で旅行するがまんに我慢のコロナの日々に   石巻市中里/大谷キク

ひといきに秋は来にけり庭すみの水引草の白の静けさ   石巻市桃生町/佐藤国代

山際の百合の香りに魅せられて手折り二輪を留守居の亡夫に   石巻市須江/須藤壽子

アイスからホットに替わるティータイム紅さし初めた錦木ながめつ   石巻市蛇田/菅野勇

草叢の中のひともと赤き花摘みきて母の遺影に供ふ   石巻市三ツ股/浮津文好

ろうそくの炎の長さ命とは天の定めと秋の夜にふと   石巻市渡波/小林照子

神秘なる摩周の湖面にくっきりと夏空映えし昔を偲ぶ   石巻市わかば/千葉広弥

また齢(よわい)重ねて気付く足や脳みな八十五 悩まずいこう   石巻市羽黒町/松村千枝子

新聞のパズルを解くは老い防止言葉忘れてたち止まりつつ   石巻市泉町/佐藤うらら

晴れた日の空見上げればうろこ雲長月に入り秋駆け足で   石巻市桃生町/西條和江

川柳(9/26掲載)

【水戸一志 選】

===

接種2回不死身になった勘違い   東松島市あおい/添田潤

【評】もう大丈夫が違うのだと言う。この勘違いを誰が笑えるだろうか。ワクチンを打ったからといって、感染の危険は残る。引き続き万全の対策を。言うことは分かるが、犬じゃない。進む度にエサを前にずらされて、「お預け」ではたまらない。

===

石破さんポツンと一軒家みたい   石巻市あゆみ野/日野信吾

毎日曜見ていますよに背を押され   石巻市蛇田/菅野勇

手術室出ると息子のまるサイン   石巻市桃生町/佐藤あき子

荷をほどく里の新聞芋包み   仙台市宮城野区/勝又千惠子

たっぷりと食べては決意ダイエット   石巻市蛇田/佐藤久子

ゴキブリが美男であれば保護される   石巻市蛇田/鈴木醉蝶

買い取り値俺百円のリサイクル   石巻市大門町/三條順子

俳句(9/19掲載)

【石母田星人 選】

===

昇級のメダルを掲ぐ秋桜   仙台市青葉区/狩野好子

【評】子どもの習い事にも昇級試験や審査がある。上達の証しとして手にしたのは昇級のメダル。満面の笑みでそれを掲げる子。ここまでの努力を知っている家族も大喜び。秋桜のように笑顔があふれている。

===

夏の月惑星すべて宙に浮く   石巻市小船越/芳賀正利

【評】月が昇るのを見ると、どうしてあんな巨大な衛星が浮くのだろうと考えてしまう。われわれの乗る太陽系第3惑星地球もずっと浮いている。その原理は理解できる。しかし改めて「惑星すべて宙に浮く」のように詠まれると、その突拍子もない内容に戸惑いを覚えてしまう。この句を包んでいるのは壮大なる宇宙感覚。海に昇る赤銅色の夏月が教えてくれたものだ。ちなみに今年の中秋の名月は21日。ぜひお月見を。

===

目覚むれば龕灯返しの今日の秋   石巻市丸井戸/水上孝子

【評】龕灯(がんどう)返しは、歌舞伎で用いる舞台用語で場面転換の際の大道具の仕掛けのこと。目覚めた朝に、夏から秋への季の移ろいを少々大げさに感得した作者。

===

老松の湖に突き出す爽気かな   石巻市中里/川下光子

【評】湖に突き出す老松。珍しい風景だが見慣れていた。爽やかな朝に眺めると、松の絶妙な傾き加減に改めて気付いた。秋の涼気が気付かせてくれた。

===

蝉しぐれじりじり空を広くせり   石巻市相野谷/山崎正子

紫蘇の実をしごきし妻の夜も匂ふ   東松島市矢本/紺野透光

うとうとと捲るページに虫の声   東松島市矢本/雫石昭一

震災忌胸ドンと突く揚げ花火   多賀城市八幡/佐藤久嘉

じやが芋や夜空焦がした戦闘機   石巻市門脇/佐々木一夫

傷痍しつまた戦地へと虫の闇   石巻市流留/大槻洋子

星月夜北上川は鎮まりぬ   石巻市吉野町/伊藤春夫

がまずみや昔仇討ありし村   石巻市蛇田/石の森市朗

落雁の音ひびき来る落暉かな   石巻市南中里/中山文

水底の空の青さや鬼やんま   東松島市矢本/菅原れい子

とうきびを供へ仏と長話   石巻市小船越/三浦ときわ

茄子田楽ふたり暮らしに馴れてをり   石巻市桃生町/西條弘子

鰯雲入港船を迎へをり   東松島市あおい/大江和子

三才は意志つまびらか青嵐   石巻市開北/星ゆき

長月に入りて一枚重ねけり   石巻市三ツ股/浮津文好

野草はや穂を出してをり秋の色   石巻市蛇田/高橋牛歩